<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

未経験からキャリアチェンジ!課題抽出から要件定義、0⇒1での開発を通じて、社会貢献を目指す女性エンジニアにインタビュー

 

未経験からキャリアチェンジ!課題抽出から要件定義、0⇒1での開発を通じて、社会貢献を目指す女性エンジニアにインタビュー

はじめまして。
ビジネスデベロップメント局プランニングチームリーダーの河賀(@kaga_moukaku)です。

以前からコムニコへ中途入社したメンバーの話を社内外に向けて発信してみたいという気持ちがあったので、今回の中途入社者インタビュー企画をスタートすることになりました。

第1弾はプロダクトデザインチーム(エンジニアチーム)の井上咲菜。前職は経営企画職として収益管理などを行っていた彼女が、エンジニア未経験からのキャリアチェンジを決めたきっかけやコムニコへの入社理由、今の働き方や今後のキャリアについてざっくばらんに話してくれました。

未経験からエンジニアへのキャリアチェンジ

河賀今回、一番聞いてみたかったことから聞きます!なぜ未経験からエンジニアへ転職しようと思ったんですか?

井上おお、いきなりですね(笑)

まず私の性格の話になってしまいますが、昔から好奇心が旺盛で何でも新しいことにチャレンジするのが好きなタイプでした。そのため、学生時代は無意識のうちに課題となるようなものを見つけ、それを解決するためにはどうしたら良いかを自然と考えることが多かった気がします。そんな私が、社会人のスタートを切ったのは大手総合印刷会社で、当時、業務の大半を占めていた印刷工場2拠点の収益管理業務。その収益を日々見ていく中で、私の課題探求心に火がつき、自分なりにどうすればもっと収益改善できるか頭をひねり続けました。

その過程で、課題の抜本的な解決となると、現状の環境では革新的な解決が見込めず、最終的に必要なのがシステム化などのITスキルであると気づきました。日々工場などの現場でヒアリングを重ね、社内のシステム担当に要件などをまとめて渡しての毎日…。やりたいこと・開発したいツールのイメージはあって、自分には現場でのヒアリング材料をまとめることしかできない。そんな歯がゆくモヤモヤする思いが続く中で、

「自分で足をつかって課題をヒアリングした上で、自分が作り手となって0⇒1で作り上げるほうがいい」という思いが次第に強くなりました。

正直、20代後半で未経験からのスタートなので大きな挑戦になるとは思いましたが、それ以上に根本的な課題を解決できるようなツールの開発・提供を通じて困っている人の役に立てることへの喜びやワクワクが大きかったので転職を決意しました。

モチベーションのベクトルは、チームや会社、社会への貢献>自分の成長

河賀話を聞く中で井上さんは「自分の評価」「自身の成長」よりも「人の役に立ちたい」「抽出した課題の解決を通じて、会社や社会に貢献したい」という部分にモチベーションを感じるタイプなんですか?

井上そうかもしれないですね。前職でもExcelを活用したデータ管理・分析のスキルは身に付けていたので、他部署からの依頼も受けていましたが、その時も頭の中には「もっとシステマティックに、Excelでできないことまで自分でやってみんなの業務を効率化させたい」という想いがありました。

河賀なるほど。その想いが井上さんを未経験からエンジニアへの挑戦を後押しするモチベーションのひとつになっていたんですね。では実際、転職活動をおこなってみていかがでしたか?

井上一度エンジニアになると腹をくくってからは、エンジニアについてとことん調べまくりました。やるしかない環境を作るために前職を辞めて後ろ盾をなくしました。というのも、私は「好奇心が旺盛」以外にも「一回決めたら曲げない」という性格をもっているんです。前職から独学でプログラミングを学び始めましたが、正直ひとりで学ぶのも限界があると感じたので、オンラインスクールの受講を始め、本業に支障がでないよう早朝と夜の講座を全20回受講して、卒業しました。独学でプログラミング言語を学び続けて、途中で挫折してしまうのが怖かったですし、「お金を払って」「プロに教えてもらう」ことで集中して効率よく学ぶことができた気がします。

なにより、サーバーサイドエンジニアとしてデータベースを活用し、ロジックを組んでいく方が自分には向いているということをスクールで気づけたのは大きく、転職する際の企業や業務内容を絞る上での判断軸としてすごく役に立ちました。

笑顔のセールス 河賀

(笑顔の河賀)

理想の環境がぴったりハマったコムニコ

河賀井上さん、「一度決めたらやり抜くために最善を尽くす」タイプなんですね。今回のインタビュー、転職活動の話以上に井上さんの性格とか聞けて楽しいです(笑)転職活動や企業選びの軸を教えてください。

井上未経験かつ20代後半でのキャリアチェンジということもあり、変に選り好みをするつもりはなかったですが、会社選びの軸は明確にありました。

これは今回の転職のきっかけに紐づきますが、「業務効率をサポートするためのツールが開発ができる会社」というのはひとつ大きな軸にはなっていました。その軸を転職エージェントにも話していたので、「SNS運用・管理におけるユーザーの業務効率を上げるツールを開発・提供している会社」という形でコムニコも紹介された会社の中のひとつでした。

あともう2つ、判断基準がありました。まずは、会社が使う技術とその将来性。
これからエンジニアのキャリアを積んでいく上で、「技術選定の重要性(社会的に価値のある技術か)」と「技術に愛着を持ってチャレンジできる」という点。

次に、エンジニアチームの雰囲気。未経験エンジニアで転職した人の話をTwitterで見ると、しんどくて1年で辞めることもあるケースも目にしました。新人からエンジニアとして頑張る覚悟もありましたし、積極的に学ぶ努力も惜しまないつもりではいましたが、やはりゼロスタートで分からないことがある中、放置される職場だと、成長に時間がかかるため、質問しやすい環境かどうかはかなり重要視していました。

まずは「一人前のエンジニアになるために技術力を高めたい」
その一心でしたね。

コムニコが一番楽しく臨めた面接だった

河賀いくつか内定をもらった上でコムニコへの入社を決めたと聞いてるけど、コムニコを選んだ理由を教えてください!

井上いくつか理由がありますが、その中でも特に印象に残っている点を話しますね。キーワードとしては、「転職活動中、唯一楽しいと感じた面接」「アフターフォロー」「at comnicoブログ」です。

「転職活動中、唯一楽しいと感じた面接」

これは一次面接の話で、面接官として担当頂いたのがプロダクトデザインチームの現在の上司にあたる秋山さんと白川さんで、他のどの会社にもないリラックスした面接でした。入社した今では分かりますが、2人の空気感がそうさせた部分もあると思います(笑)

少しかっちりした面接を受けてきたこともあり、コムニコでも堅めの質問形式でくると思ったのですが、箱を開けてみると面接した会社の中で唯一会話形式で面接が進みました。そのお陰で緊張せず会話を楽しみながら、私自身のことも話せましたし、2人もご自身のことを話してくださいました。この時初めて、転職活動で「この会社で、この人たちと働いてみたい」と思いました。

 

プロダクトデザインチームの井上と秋山

(左:井上 右:秋山)

「アフターフォロー」

アフターフォローについては、最終面接から2・3日後のオファー面談のことです。プロダクトデザインチームのマネージャーである椙浦さんから、業務内容や技術環境について丁寧な説明がありました。求人票や面接中でも業務内容や開発言語などについては聞いていましたが、不安な部分はありました。そんな中で「現状に満足せず新しいものを取り入れる姿勢」や現状の開発技術や言語に囚われない「開発に対する積極的な姿勢」は特に魅力的だった上に、自分の性格とも合っていたので、最終的にこれがコムニコでやっていきたいと思えた決め手になりました。

「at comnicoブログ」

これは、毎年新卒のみなさんが担当して執筆しているコムニコの社外向けブログ「at comnico」、ライトな文章で社内の雰囲気も伝わり、メンバーのインタビュー記事は私のような転職者からすると非常にありがたく、会社選定の重要な要素になりました。

社員に浸透しているコムニコード

河賀コムニコへ転職して感じることはなんですか?

井上コムニコは良い意味で想定外のことが多いのですが、入社後にも想定外のことがありました。チームの雰囲気が想像以上に良く、質問しやすい環境があることです。入社後、私の中ではこれでもかってくらいに毎日メンターの秋山へ質問しましたが、秋山さんの口から「全然質問してないじゃん。もっとすれば良いのに」って…。それを聞いて本当に恵まれた環境だなと思いました。また、チームの意思決定のスピードには驚きました。

前職が大手企業だったこともあり意思決定までが長かったのですが、コムニコだと例えばツールの機能実装についてユーザーの声を拾ったカスタマーサポートの声がそのまま意見となり、チームで共有すると、内容次第で早ければその週に機能のアップデートが行われました。

これはコムニコメンバー全体に言える話だと思いますが、SNSマーケティングや世間のトレンドに対するキャッチアップスピード、それを社内へ共有するまでのスピードがものすごく早いと感じていて、コムニコ―ドの「Be agile」「Be a teamplayer」を体現しているメンバーが多いなと日々感じています。

 

中途入社でインタビューに答えるプロダクトデザインチームの井上

(インタビューに答える井上)

「未経験スタートのエンジニア」を強みに変え、自分の価値を会社・社会に還元していきたい

河賀たしかに、僕も今となっては当たり前のように社内向けに情報共有とかしてるけど、入社当時は「先輩たち、どうやってこの情報量をインプットして・スピーディにアウトプットしてるだんだ…」と思ってたな(笑)最後になりますが、井上さんが働く上で意識していることと今後のキャリアをについて教えてください。

井上私が働く上で意識していることは、未経験エンジニアだからこその気づきを強みに変えてチームに還元していくことです。まだまだ技術面での課題が多いです。この半年間は何が分らないかが分からず言語化もできない時期があり、それが一番きつかったと思います。チームのメンバーには、質問等でかなりサポートコストをかけてしまっている実感があるので、常に高い向上心を維持し、メンバーから吸収した技術や自分で学んだことを着実に実務に生かすことで、恩返ししていけるよう意識しています。

また、そんな中で少しずつ余裕も生まれ、ツールを導入しているお客様や社内の課題を拾って技術で解決していきたいと思うようになってきています。これからの半年は、小さな一歩だけど社内の人にヒアリングして自分の力と技術でひとつでも課題を解決していきたい思います。
今後のキャリア…ちょっと大げさですね。(笑)ただ、エンジニアとして引き続き技術をがむしゃらに学び・身に付けていき、社会に還元していきたいと思っています。
そして、理想としては強み・個性を生かしつつ、ただ開発するだけではなく、みんなの声を拾う「頼れるエンジニア」になれたら良いなと思います。自分の成長もありますが、やっぱり私はまわりを良くしていきたい・人の助けになれることが大きなモチベーションなので、それは常に意識しながらエンジニアとして頑張っていきたいと思います。

河賀あ!!これが本当に最後!!未経験でエンジニアにチャレンジしようとしているこのインタビュー記事の読者の方に声をかけてあげてください!

井上やる気と覚悟と...根性、そして高い向上心があれば、エンジニアとして成長できる環境だと思うので、興味のある方はぜひエントリーしてみてください。

河賀この記事を読んで、コムニコのエンジニアに興味持ってもらえたらうれしいな~!
井上さん、インタビューのご協力、ありがとうございました!!

おわりに

自身の性格や前職での経験・気づきをモチベーションに、未経験からエンジニアへキャリアチェンジをした井上。

転職活動中の不安などはあったものの、やると決めたら突き進む性格と課題を見つけ自身の力で解決して社会貢献していきたいという想いをもとに業界・業種未経験スタートの状態から、エンジニアとして着実に成長して自身の業務範囲を広げています。エンジニアになって何をしたいかという「目的意識」と目的達成するための「学ぶ姿勢」「主体性」、そしてどんなエンジニアとして活躍したいかという「明確なエンジニア像」。これらがあれば、業界経験問わず成長していける環境がコムニコにあるのだと、今回のインタビューを通じて感じました。

現在(インタビュー当時)入社6カ月目の井上さんの今後の活躍が楽しみで仕方ありません。

中途入社者インタビュー企画Vol.1、最後までお読みいただきありがとうございました!