<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

みんなのテレワークをのぞいてみよう!~SMMC高知メンバーセルフレポート~

SMMC高知メンバーのテレワーク

みなさんこんにちは!

ソーシャルメディアマネジメントセンター高知(以下、SMMC高知)の髙橋 真那美です。

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本のみならず世界全体で大変な状況になっていますが、いま自分たちができることを考え、みんなで協力してこの状況を乗り切っていきたいですね。

そんななか、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、コムニコでも3月2日から原則テレワークとなりました。

ちなみに、コムニコでは本格的なテレワーク導入にあたり全メンバーに一律13万円の支援金が支給され、おかげで快適な仕事環境を手に入れることができました!

支援金について詳しくはこちら

テレワークをしたことがある方もない方も、実際に家でどのような働き方をしているのか、気になるのではないでしょうか!?

今回は、SMMC高知のメンバーに協力してもらい、みんなのテレワークをのぞいてみたいと思います!セルフレポートに協力してくれたのは、以下の4名です。

SNSオペレーター:島 梓

SNSアナリスト:杉本 直哉

コンテンツクリエイター:三谷 真平

アドディレクター:大塚 菜緒

 

では、さっそく見てみましょう!!

 

Case1. SNSオペレーター 島 梓

アジャイルクイーンとしても活躍中の島

島の作業スペース(これが私の作業スペースです!)

◇バックグラウンド

実家住まい。いつもは、自転車や路面電車で通勤しています。

◇1日の流れ

〇出勤前

家で作業するときも身なりは整えます。(その方が気持ちを切り替えられる!)

〇午前

・広告の数値チェック:無事に配信されているか、改善点はないかを考えて提案します。

〇休憩

気分転換に1回外に出て空気を吸います!(犬の散歩とか近所の猫と話してみるとか…)

〇午後

・広告のレポートを作成:

数字や計算ばっかりなので、リラックスした休憩後の方が作業がはかどります!

・アクティブサポート:

ハッシュタグやキーワードで検索して、ポジティブな投稿をピックアップ!(社会の動きが見られて楽しいです。)

★午後はいい風が吹いているので窓を開けて換気します(笑)

〇退勤後

通勤時間がなく、家にいるためすぐにご飯が食べられるので、空腹に耐えることがありません!(笑)

好きなテレビもリアルタイムで観られるので急いで帰ることもない!

ですが、家にいると動かないのですごくむくみます。

気分転換に犬と散歩中(業務の合間、気分転換に犬と散歩をします)

◇テレワーク支援金で購入したもの・購入予定のもの

モニター

(支援金を使って家にMYモニターを設置しようと思っています。モニターはこれから買います!)

◇テレワークをしてみた感想

テレワークが始まる前は家で仕事となると「集中できなさそう」「身体が痛くなりそう」などネガティブに考えることが多かったですが、デスクや椅子、モニターを置いてオフィスと同じ環境にすることによって、家にいてもオフィスで作業をするのと同じ感覚で仕事ができました!

時間帯によってはニュースを観ながら作業することができるので、最新情報をキャッチしながら仕事ができるのが良いなと思っています!

 

Case2. SNSアナリスト 杉本 直哉

子どもを見ながら作業中の杉本(自宅で息子を世話しながら、作業をしています)

◇バックグラウンド

妻と子どもの3人暮らし。いつもは原付で通勤しています。

◇1日の流れ

〇出勤前

新型コロナウイルスの影響があり、子どもが自宅で過ごす機会が多くなりました。
朝は息子のご飯を作り一緒に食べるようにしています♬

〇午前

当日のスケジュールを再確認して、納品日が近い案件のレポート作成をしていきます。また、同じチーム内の新人教育を任されており、テレワークだからこそ声かけやコミュニケーションをすごく大事にしています。

〇休憩

妻から掃除や洗濯を任される機会が多くなりました(笑)
もちろん!!息子と一緒にご飯も食べています。=ω=b

〇午後

ほとんど午前と同じ業務になりますが、会議やミ―ティング以外はレポート作成業務、新人教育、レポート改善などをおこなっています。

〇退勤後

息子の遊び相手になりつつ家族と団らん。
パソコンも自宅用に変えて、自分のプライベートに切り替えます。

◇テレワーク支援金で購入したもの・購入予定のもの

机、椅子

これまでは床に座って業務をしていましたが、今回思い切って机と椅子を買いました(笑)
今までは腰を痛めたり、作業環境が悪く業務効率が落ちたりしていましたが、今ではオフィス勤務と変わらないようになりました♬むしろ効率が上がったかも!?!?

◇テレワークをしてみた感想

今まで経験したことがなく不安もありましたが、いざやってみると思った以上に不自由な点は出てきませんでした。

誰とでも気軽に話せる関係性を築けていたことや、備品を準備したことが一番大きかったかもしれません(笑)
しかし、体を動かす時間が減ったため、運動不足だなぁーっと日々感じています。(ノ)>ω<(ヾ)プニプニ!!

杉本の作業スペース(自宅作業用に購入した机と椅子、これで作業が快適にできるようになりました!)

 

Case3. コンテンツクリエイター 三谷 真平

作業に集中する三谷(こんな感じで作業をしています)

◇バックグラウンド

ひとりと4匹暮らし(ハムスター2匹、ベタ(淡水魚)2匹)

いつもは、往復1時間の路面電車か、日によっては自転車で通勤しています。

◇1日の流れ

〇出勤前 

スマートスピーカーでニュースを流します。(テレビと違って流したいチャンネルを選べるので、必要な情報を選んで「ながら聴き」ができる)ニュースを聴きながらSNSなどを見て、体を徐々に仕事モードに!

〇午前

投稿案を考え、作成します。(適度に体を動かしながらのほうがアイデアが出やすいので、バランスボールを使うことも)

〇休憩

日光を浴びることと運動をかねて外を歩いたり、ベースを弾いたり。仕事と関連度が低いことをするように意識して、休憩時間を過ごしています。

〇午後

投稿方針のミーティングなど。

〇退勤後

間接照明にして視覚的にON/OFFの切り替えをおこない、プライベート用のパソコンにモニターをつなぎ自分の時間を過ごします。

★おまけ:リフレッシュ方法

個人的におすすめなのはフレグランスミスト。自分に合った香りで気持ちをリフレッシュさせています。香水だと長時間香りが残ってしまい、リフレッシュ効果が薄れますが、フレグランスミストだと、瞬間的なのでリフレッシュにはおすすめです。

mitani_2_edit(お気に入りのフレグランスミント、自分好みの香りでリフレッシュしています!)

◇テレワーク支援金で購入したもの・購入予定のもの

モニター、机、椅子、バランスボール

自宅に作業環境がなかったのでゼロから作りました。今後、新型コロナウイルスが落ち着いてからも、テレワークをする機会があるだろうと考え、お金がかかってもきちんとした環境を整えました。

気持ちの切り替えを意識し、リビングに机を置いたりするのではなく、自宅の一部屋を仕事部屋として模様替えしました。

バランスボールは、座り方ひとつで使う筋肉を変えることができるため、長時間同じ姿勢になることを防ぐことができます。あと、姿勢が良くなります!

◇テレワークをしてみた感想

テレワークをしてみて、出勤などの何気ない行為が自分にとっては勤務開始の合図だったことに気づきました。自宅での作業は身体的な刺激が少ないため、意識的にON/OFFの切り替えのルーティンを自分でつくる必要があると感じています。

一方で、通勤時間がカットできるので、自分の裁量で1日のスケジュールが組み立てやすくなりました。特に家事は隙間時間でできるので気分転換としても使えます!

テレワークをするうえで不安だったことは、「レクチャー」と「健康管理」でした。

入社1カ月でテレワークに切り替わったので、遠隔での業務レクチャーに対して不安が大きかったのですが、コミュニケーションツールが充実していたので、特に困ったことはありませんでした。健康面については、前提条件として不健康になるという思いがあったため、逆にリモート前よりも意識が上がっています。

テレワークは自己管理より、効率的よく自己管理ができるような、環境づくりを意識することが重要だと思います!

三谷自慢の作業スペース(こちらがゼロから作った作業スペース、おかげで集中して作業ができます)

 

Case4. アドディレクター 大塚 菜緒

作業中の大塚(私の作業スペースです)

◇バックグラウンド

実家住まい。普段は徒歩とJRで片道1時間かけて通勤しています。

◇1日の流れ

〇出勤前

通勤代わりに、身支度の前に軽い運動をします。

内容は軽い筋トレや、ストレッチなど。頭が冴えて、すっきりした気分で仕事に臨めます。

〇午前

入社間もないため、社内講座の受講が多いです。業務のお手伝いをすることも。自分や相手の画面を共有し、同じ資料を見ながら進めていきます。

対面より表情や反応が伝わりづらい分「ゆっくり丁寧に話す」「相手の会話に頷く、チャットで応答するなど、リアクションを示す」ことを心掛けています。

〇休憩

散歩・家事などをして過ごします。仕事部屋から離れて、しっかり頭を休めることを意識します。

〇午後

午前と同じく講座を受けます。午後はミーティングも多いです。

入社後すぐにテレワークとなったため、ミーティングはメンバーとの貴重な交流の場です。

コミュニケーションツールを使ってビデオ会議などをする際は、なるべくカメラをオンにします。顔を出すのは少し恥ずかしいですが、ほどよい緊張感を保つことができます。

〇退勤後

家族そろって夕食を食べています!一家団らんの時間が取れるのは自宅で作業をしているおかげです。

大塚が運動に使っているグッズ(運動に使っているグッズ、朝の運動は必ず筋トレをしています)

◇テレワーク支援金で購入したもの・購入予定のもの

モニター

(これから購入予定!今は26型テレビを代用していて、眼精疲労がつらいです…)

モニター代わりにテレビを使用中(今はテレビをモニター代わりにしていますが、支援金でモニターを購入します!)

◇テレワークをしてみた感想

「通信手段」「資料の共有」に不安を感じていましたが、問題ありませんでした!

コミュニケーションについては、自分の顔をカメラで表示させる、会話+チャットを使用することで、対面と同じ状態に近づくよう工夫しています。

ただ、テレワーク中は間食の量が増えます。おやつは見えないところに隠さないとです…(笑)

 

おわりに

みんなのテレワーク、いかがだったでしょうか?

それぞれ自分の作業がしやすいように環境を整えて、快適に作業をしているようです。

家にいることが多いので、運動不足が気になるところですが、こちらもそれぞれ家で運動をしたり気分転換に散歩に出たり、メリハリをつけてやっているみたいですね!

私も当初は「コミュニケーションが取りづらいのではないか」、「家だと集中できないのではないか」などの理由でテレワークに対して消極的だったのですが、今は思った以上に快適に仕事ができています。

通勤しなくてよくなった分、空いた時間を家事や勉強に充てることができるようになりましたし、業務効率も上がりました。休憩時間にするメンバーとのたわいもない話が減ったことが少し寂しいですが、時々オンライン飲み会などを開催して、コミュニケーションを取っています。

これをきっかけに働き方の選択肢が増えて、新しい世界が広がっていくといいなと思います!