<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

【高知オフィスチーム紹介】愛されるコンテンツを作成する - コンテンツクリエイター

コンテンツクリエイター紹介

みなさんこんにちは。高知オフィスのコンテンツクリエイター・竹村です。
この春から入社2年目になり、入社当時よりもさらに意気込んでいます!

今回のブログは、高知オフィスチーム紹介シリーズの4回目。
私が所属するプロダクションチームのコンテンツクリエイター(以下、CC)についてご紹介します。

その他の高知オフィスチーム紹介記事はブログの最後にまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください♪

コンテンツクリエイターとは

コンテンツクリエイターは、「情報の中身を作成する人」を意味します。

業務では、SNSに投稿するテキストや画像・動画などのコンテンツ作りを中心におこない、日々お客様のアカウントを安心・安全に運用できるように心がけています。(東京オフィスのコンテンツクリエイターについて、こちらからご覧ください→【STAFF INTERVIEW】アカウントを安全に盛り上げる-コンテンツクリエイター

コンテンツを作成する山本(春)(コンテンツを作成する山本(春))

 

■CCの主な業務内容
お客様のFacebookやInstagram、TwitterなどのSNSアカウントに投稿するテキスト・画像・動画などのコンテンツを作成します。アカウントによっては、お客様に投稿テーマからご提案し、コンテンツの作成を経て、投稿代行業務もおこないます。
また、アカウントを「炎上」させることなく運用することも大切です。「投稿する際の時勢」や「不適切な表現が含まれていないか」などをすみずみまで確認しています。

■CCの業務の主な流れ
コンテンツ会議、投稿テーマ表作成
毎月の投稿内容を担当メンバーと一緒に考えます。商品訴求や季節にそった投稿など、お客様の希望やニーズにあった投稿内容を話し合い、そこから出た案をもとに投稿テーマ表を作成します。

テキスト・画像・動画作成
お客様に投稿テーマをご確認いただいた後、テキスト・画像・動画の作成に取りかかります。作成が完了したコンテンツは、社内チェック終了後に再度お客様にご確認いただきます。

投稿代行
確認いただいたコンテンツを、指定された日時に正しく投稿します。投稿時も誤字脱字がないか、ハッシュタグや挿入リンクが正しく機能するかなど、細心の注意を払います。この作業では、自社ツールや外部ツールを使い投稿予約をおこなうほか、直接お客様のアカウントにログインし投稿をおこなう場合もあります。お客様のアカウントをお借りして操作をおこなうため、慎重な作業が求められます。

以上が、CCの主な業務内容です。

コンテンツクリエイターについてインタビュー

CCについて、コムニコメンバーにインタビューをおこないました。
まずは、実際にCCとして活躍している佐竹・片岡・山本(春)の3名にインタビュー!

左から、佐竹、片岡、山本(左から、佐竹、片岡、山本)

■CCの魅力はなんですか?
佐竹:コムニコには、さまざまな経歴やスキルを持ったクリエイターがいます。多種多様なコンテンツ作成をおこなう中で、「新しい学び」を得られるチャンスがとても多いです。最新の情報や流行に敏感になり、世の中の動向を楽しみながら仕事に取り組めることが、魅力のひとつだと思います。

片岡:自分が考えたコンテンツが世の中に発信されることや、何もない状態でも何かを生み出すことに魅力が詰まっています。

山本:自分が作った原稿の反応が目に見えることです!私は元々出版業界にいたので、読者の反応は発売から1カ月経ってやっとアンケートで見えてくるものでしたが、SNSの場合はリツイート数やいいね数、シェア数、保存数などで投稿後すぐに反応がわかります。成果が目に見えるのは魅力ですね。

■CCのやりがいはなんですか?
佐竹:CCはさまざまなスキルが身につきます。試行錯誤を重ね、時間をかけて作ったコンテンツがたくさんの方に届き、目に見えて結果に繋がったときはやりがいを感じられますね!

片岡:試行錯誤の末に生まれたコンテンツが世に出たときに、ユーザーから反応をもらえると、やってて良かったと思えます。

山本:SNSごとに使用できる仕組み×テキスト×画像の組み合わせを考えてお客様にご提案していますが、投稿に対して狙い通りの反応がユーザーから得られたときにやりがいを感じます。数字が出ることでお客様からの信頼にも繋がりますね。

■チームはどのような雰囲気ですか?
佐竹:年齢や性別に関わらず、とてもフラットな関係性を持ち、仕事に取り組んでいます。職種的にスケジュール管理や時間に対してとても厳しく、臨機応変な対応を得意とするメンバーが多いです。

片岡:雑談するときはしっかりと、業務をするときはしっかりと。ひとりひとりがしっかりとした考えを持っており、メリハリはあるけれど柔軟さもあるメンバーが揃っているので、ざっくり言いますと、とても楽しい雰囲気です(笑)

山本:プライベートでもコンテンツを発信しているメンバーが多く、尊敬し合える関係だと思います。根が真面目な人が多いので、雑談がいつのまにかブレストになっていることも(笑)つかず離れずの距離感で和気あいあいと仕事をしています。

■これからどのようなチームになっていくと思いますか?
佐竹:新卒・中途採用のメンバーが増えたので、できることの幅を広げ、「愛」のあるコンテンツ作りをおこないたいです。最近ではテレワークの活用が始まり、場所を問わず協力し合える環境ができています。

片岡:適材適所の言葉の通り、今後はそれぞれの得意なことを極め、「何でもできるし、プロフェッショナル以上に得意分野を活かすことができるチーム」になっていくのかなと思っています。

山本:より良いコンテンツ作成のために研鑽を重ねていけるチームです。得意分野が異なる人が集まっていて、相互にコンテンツをチェックした際にブラッシュアップできるからこそ、クオリティ&効率を上げていけると思っています。今後のCCチームにご期待ください😊

談笑する佐竹(左)と片岡(右)(談笑する佐竹(左)と片岡(右))

 

また、入社3カ月目のCCメンバー・三谷にもインタビューをおこないました。


コンテンツクリエイター・三谷(コンテンツクリエイター・三谷)

■入社してから、どのようなスキルや知識を学んでいますか?また今後学びたいことは何ですか?
三谷:主にテキスト作成や画像編集のスキルを学んでいますが、入社後いちばん学んでいることは意識面だと思います。CCはスピード感のある対応が必要とされる一方で、丁寧さも求められます。また、投稿内容はお客様の意図に沿っているかも重要です。常に効率的な段取りを組むこと、お客様の目線に立つことなどを意識しなければならないため、今後もしっかり精神面を強く意識していきたいです。

■業務で必要なスキルは、どのようにして学んでいますか?
三谷:CCチームのトレーナー(新入社員のスキル面のサポートをおこなう人)と一緒に、必要スキルを一覧化した「スキルマップシート」を使って面談し、必要なスキルを学んでいます。シートは「必要なスキル・知識がどれくらい足りていないか」や「今後何を身につければいいか」が可視化され進むべき道がはっきりわかるので、安心材料になりますね(笑)。面談時間が定期的に確保されている点も、しっかり向き合ってもらえるのでいいと思います。

 

さらに、高知オフィスの他チームメンバーや、よく連携してアカウント運用をおこなっている関西オフィスメンバーにも、CCの印象をきいてみました!

■CCメンバーにどのような印象を持っていますか?
SNSアナリスト 高野:クライアントワークからコンテンツ作成、分析までを一気通貫でおこなっているハイブリットチーム。コンテンツ作成に対する意識が高い。高知オフィス内の全チーム中、特に個性が強く、スキルも高い印象。なんとなく家族感が漂っている。

SNSオペレーター 浜田:言葉・日本語に詳しく、コンテンツをコーディネートするのが上手。トレンドに敏感な人が多いです。また、メールでお客様にご連絡する際は、レスポンスが早く文章も丁寧で、「これが投稿するコンテンツにも繋がっているのだ」と感心します。

アドディレクター 髙橋(真):投稿を生み出すために、常に色々な物事に対してアンテナを張っていますね。そのおかげか、細かいところにも気が付く。メンバーはいい意味で個性派ぞろい。バックグラウンドや趣味趣向も様々ですが、ひとつのチームとしてまとまっています。

関西オフィス 髙橋(志):個性豊か!そして、誰に連絡してもとってもウェルカムな姿勢で受け入れてくださり、ヒアリング能力が高い!スーパーチームな印象を持っています。日々のオーガニック運用を大切にしているコムニコにとって、本当に大切なチームです!いつもありがとうございます😊

 

そして、チームリーダー・西本からのメッセージもいただきました!

コンテンツクリエイターチームリーダー・西本(チームリーダー・西本)

西本:CCは、文章を書くこと・画像や動画の作成・編集が得意な方に活躍いただいています。「企業の公式アカウントの運用者・中の人として、コンテンツ内容を作り上げていく」というやりがいは、CCならではのものといえるのではないでしょうか。
「お客様が求めること」「SNSユーザーが求めること」「トレンドを意識すること」「正確な情報を発信すること」…。様々な要件を満たしながらコンテンツを作成するためには、多くの情報を日々インプットしていくことが大切です。
画像・動画の作成や、文章作成が得意!ということに加えて、調べものが好きな人にもCCの素質がありますよ!

 

業務の相談をする西本(左)と三谷(右)(業務の相談をする西本(左)と三谷(右))

おわりに

 

コンテンツ会議を行うCCメンバー(コンテンツ会議を行うCCメンバー)

いかがだったでしょうか?
本ブログにて、CCを含む高知オフィス4チームの紹介は終わりになります。
高知オフィスは、2020年5月時点で総勢22名。これまで紹介したアナリストチーム・ディレクションチーム・オペレーターチーム・プロダクションチームの4チームに加え、チーム全体を見守るセンター長も活躍しています。
気になるチームがありましたら、ぜひこちらからブログをご覧ください!↓

課題を発見し分析する - SNSアナリスト
SNS広告のプロフェッショナル - アドディレクター
SNS広告運用のエキスパート - SNSオペレーター

以上、コンテンツクリエイターの竹村がお届けいたしました。ご覧いただきありがとうございました!