<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

『NEW・M.R.P.』×『one comnico, all leaders』

第86回M.R.P.を受賞した中野

こんにちは!人事担当の林です。

弊社は4月に新卒と中途社員、あわせて11名が入社し、更にアクセル全開でございます!これから来る夏の暑さも吹き飛ばしていきたい (^^)
さて、今まで数多くの社員を表彰してきた『M.R.P.』ですが、今回新たに、コムニコが大切にしているチームとしての哲学『one comnico, all leaders』が表彰テーマに加わりました。

『one comnico, all leaders』とは
我々はチームである。ひとりひとりが自立した大人として、仲間と支え合い、チームの成長にコミットする。自立と協調が高いレベルでバランスしたチームワークこそが、コムニコの成長を支える基盤である。

M.R.P.「Most Remarkable Person」とは
数字に現れない努力も認められるべき!という想いから、“今月最も頑張った!”と思うメンバーを、全社員からの投票により毎月表彰しています。毎月変わる表彰テーマは、当社が最も大切にしているコムニコードが基となっています。
M.R.P.専用の社内投票システムも独自に構築しています。投票する際は投票者からのメッセージも一緒に送られるため、社内のコミュニケーションツールとして社員から親しまれています。

〜目次〜
1. M.R.P.インタビュー:第1回受賞者 中島 敦美
2. M.R.P.インタビュー:第86回受賞者 中野太夢
3. 最後に

第1回受賞者 中島にインタビュー!

新しいテーマも加わったのでM.R.P.の歴史を振り返ってみよう!ということで、まずは記念すべき第1回目の受賞者、中島に話を聞いてきました!

M.R.P.について語る中島

ビジネスデベロップメント局 ゼネラルマネージャー 中島敦美 

『M.R.P.』って86回も続いてるんだよね。こんなに続くってすごいことだね!当時は名称も『M.R.P.』じゃなくて『M.O.C.』だったんだよね。

中島:なつかしい!M.O.C.は『Man of comnico』の略ですね。みんなで選挙をして、今月の頑張った人を選ぼうという形で始まりました。

:今回から『one comnico, all leaders』という表彰テーマが増えました。リーダーシップをはかる表彰テーマとして新たに盛り込んだんだけど、現在セールスとマーケティングチームのマネージャーをしているあっちゃんが “リーダーとしてこれだけは意識している” ことって何かあるの?

中島:リーダーとしてっていう考え方は正直あまり強く意識していないです。だけど、みんなが成長できる環境を作りたいなとは思っています。私自身、ガンガン引っ張っていくタイプではないので、教えられることは教えつつ、みんなで意見を出しながら強いチームを作れたらと考えています。

:うんうん、日々奮闘する中で、チームに目を向け、過保護になりすぎず、離れ過ぎず、個の成長のために...。いつもチームのために奮闘する姿を近くで見させてもらってます。

改めて当時の話を聞けて良かった。本当にありがとう(●´∞`●)♪

新テーマ『one comnico, all leaders』の受賞者は果たして・・

第86回『M.R.P.』は、コムニコの全社ミーティングで取締役 COOの長谷川より発表されました。新テーマの受賞者は誰なのか?

わくわく。 

そわそわ。 

どきどき。

記念すべき第86回『M.R.P.』は、コンサルティングチーム・リーダーの中野が選ばれました!

M.R.P.受賞後コメントを述べる中野投票者からのメッセージが読み上げられ、全体の前でコメントを述べる中野

この春からコンサルティングチームのリーダーに昇格し、みんなからは「タム」の愛称で親しまれています。

初テーマ『one comnico, all leaders』の受賞は狙っていたのでしょうか?
タムに話を聞いてきました!

インタビューに答える中野

林:まずは本当に今回の受賞おめでとう!改めて心境はどうですか?

中野:今回の受賞は正直言ってものすごく嬉しいです!1年前に比べ社員数も増えていますし、今後『M.R.P.』の指標が組織をつくっていく上ですごく重要になる年だと思ってます。その中で受賞できた事はとても嬉しいです。

:『one comnico, all leaders』について、意識して動いた事ってあるの?

中野:人一倍チーム全体の動きを気にするようになりました。また、以前からチャレンジしてたことなんですが、新卒も中途のメンバーも働きやすい環境をチーム内でどうやってつくれば良いのか、そこはより一層意識するようになりました。例えば、自分が大変そうな姿を見せないだとか、逆に大変そうなメンバーがいたら必ず声を掛けるなどです。

M.R.P.は全社員からの投票数で選ばれるので、同じチームのメンバーはもちろん、高知オフィスや他部署からも投票してもらえるよう、チームの垣根を超えて、周りを巻き込んでいけるような存在になっていきたいです。

:なるほど。じゃあ、最後に。タムにとって「リーダーシップ」とは?(笑)

中野:なんかそれ「プロフェッショナル」とは?みたいじゃないですか(笑)
僕が考える「リーダーシップ」の要素は「その人に頼りたいと思えるか」ですね。辛そうに仕事しているよりも、楽しそうに仕事をしている人にみんなついていきたいと思います。だから、どれだけ忙しくても楽しむこと、些細なことでもみんなとコミュニケーションをとることは心掛けています!
とは言っても、まだまだ出来ていないことが多く、今回の受賞で改めて自分を振り返るきっかけになりました。これからも精進して行きたいと思います。改めて、ありがとうございました!

nakano_egao

【中野への投票メッセージ *一部抜粋】

CS局ゼネラルマネージャー 広瀬:管理側に回るなら自分が忙しいのは当たり前。でも、自身の処理能力を上げてその倍以上の時間を周囲のために使う努力は簡単なことじゃない。忙しさを周囲に見せず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢を続けることは難しいし、実際それができている人は少ない。「仲間と支え合い、チームの成長にコミットする。」このコンセプトを自ら体現した月だったと思う。
コンサルタント 北村:僕の手が回らないタイミングが多々ありましたが、手厚くサポートしてくれたおかげでチームがうまく回った気がします。ありがとう!
コンサルタント 曺:様々な場面で率先して動き、チームをまとめてくれているなと感じました。
コンサルタント 関:チームメンバーのフォローがいつも丁寧&声かけをしててまさにリーダー! これからもよろしくどうぞ★
コンテンツクリエイター 渡邉:周りへの優しい声かけが増えていると思う。簡単そうで難しいこと。

最後に

今回はそれぞれが今考える「リーダーシップ」について話を聞きましたが、100人いたら100通りの考えがきっとあると思います。

しかし、常に笑顔を忘れず(Be happy)、速い対応力をもちながら(Be agile)、チームプレー(Be a team player)に徹する。結果にこだわり(Be committed)全力で邁進し、そのための創意工夫(Be creative)を怠らない。そういう人がリーダーシップ(one comnico, all leaders)を自ずと発揮するんだろうなと改めて感じました。

書いてる事はすごくすごく当たり前の事ですが、でもそれを体現し、かつ持続させることは本当に難しいことです。

今回は第86回『M.R.P.』の記事を書かせていただきましたが、この表彰制度は、第100回、第200回、としっかり継承していきたい文化だと心から思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた!

 

いや~~~みんなのインタビューも終わり、個人的には撮れ高OK牧場!
よかったよかった(●´∞`●)♪




って何? アキちゃん、何かまだあるの?

エンジニア 秋山:歴史ある『M.R.P.』ですが、今まで使用していたシステムをこの度フルリニューアルしたんですよ!

:そっかそっか!ありがとう!でももう撮れ高OK牧場なので!

秋山:・・・・・・・・・

M.R.P.システム開発に貢献したエンジニア秋山

林:アキちゃん! じょうだん! じょうだん!(笑) 

今回、『M.R.P.』の投票テーマに合わせて、投票システムもリニューアルしました。
エンジニアチームにシステム開発の秘話も聞いてきたので、それはまた次回のブログで!

『みんなの笑顔が見たくて!』エンジニアチーム『NEW・M.R.P.』への思い!

お楽しみに!