<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

【第99回M.R.P.】SMMC高知からW受賞!ふたりの共通点は「速さ」と「気配り」!?

第99回M.R.P.受賞者の2人

みなさん、はじめまして!ソーシャルメディアマネジメントセンター高知(以下、SMMC高知)の大塚です。今年の3月にSMMC高知に入社しました。
入社前から閲覧していたこのブログに、今回初めて執筆者として参加することになりました。
「コムニコをもっと知りたくなる記事づくり」を目指して頑張ります!
 
さて、今回は「5月のM.R.P.(Most Remarkable Person)」を紹介します。
※コムニコでは、「今月最も頑張った!」と思う社員を全社員からの投票により毎月表彰しており、選考基準は、コムニコのカルチャー「comni;code(コムニコード)」に基づいています。

栄えある【第99回M.R.P.】の受賞者は…

2020年5月のM.R.P.!

M.R.P.受賞者の川﨑・岡村<左から川﨑・岡村>

SMMC高知 SNSアナリスト 川﨑 蓮
SMMC高知 アドディレクター 岡村 萌未
 
なんと、SMMC高知からW受賞となりました!おめでとうございます✨
 
投票者のコメント(一部抜粋)
 
▼SMMC高知 アドディレクター 岡村 萌未へのコメント
関西オフィス 守屋 玲央:広告マスター!素晴らしい存在感だと思います。頼りにしすぎてしまっている部分が多くてすみません…いつもありがとう!引き続きよろしくお願いしますー!
 
コンサルティングチーム 岡田 菜央:広告周り、ほんとーーーーーーーーにお世話になっておりますm(__)m
私からの質問も的確に、そして素早く答えてくれるので、もえみー(岡村)と一緒だと安心します笑
 
▼SMMC高知 SNSアナリスト 川﨑 蓮へのコメント
コンサルティングチーム 魏 郁文:レポート作成はボリュームも多く細かいところで修正が急に入ってきたりしますが、いつも素早く対応してくれています。
 
SMMC高知 高石 郷:常に新しいことに挑戦されていて凄いです!「感動を与えられるレポートを作る」その姿勢を見習っていきます!
 
SMMC高知のみならず、東京オフィスや関西オフィスからも仕事ぶりを評価するコメントが寄せられました。
ボーダレスに活躍する2名に、受賞インタビューを行いました!
 

受賞者へインタビュー

 
① 今回、岡村は「Be committed」、川﨑は「Be Creative」を多く得票しました。
お互いのコミットしている点、クリエイティブな点はどんなところですか?
 
岡村:課題が見つかると、持ち前の頭の回転の速さですぐ解決策を提示してくれるところ。知識が幅広いし、迷ってる姿を見たことがないので、全知全能の神だと思っています。

川﨑:関わっている案件すべてに対して細やかに突き詰める「コミットの母」。どこまでも貫く姿からは、お客様への愛だけではなく仲間への愛も感じますね。
 
 
② お互いのリスペクトしている点はなんですか?
 
岡村:とにかく頭の回転が速い。仕事・レスポンスも速い。一緒に案件をやっていると安心できる。裏表のない人柄なので、みんなの人気者だと思っています。「コミュニケーション」を擬人化したら川﨑蓮になるんじゃないかな。私が持ち合わせていない部分なので、尊敬しています。
 
川﨑:細やかな気配りと気付き。あとレスポンスが光速です。チャットを送ったと思ったらもう返事がきています。多分こっちが送信ボタンを押す前に、もう返事を書き始めてる。
 
 
③ お互いの共通点はどんなところですか?
 
岡村:よくネットスラングを使うところでしょうか。だいたい一文字で会話が成り立ちます(マ?とかり!とか)【※マ?:マジ?、り!:りょうかい!の略】
IQ3の会話が繰り広げられるときもあるので、安心します。
あとはお互いラーメン好き。ジャンキーな食べ物が好きという点では味覚が同じなので、美味しかったお店や商品の紹介をよくしてもらっています。
 
川﨑:気がついたらラーメンを食べています。SMMC高知にはあと数人ほど「気がついたらラーメンを食べている人」がいるのですが、特に僕たちはニンニクマシマシとか攻撃力高めなラーメンを好んで食べますね。あと、困ってる人がいたらほっとけないタイプというところも似ていると思います。救難信号に敏感です。
 
お互いについて語る川﨑・岡村<お互いについて、そしてラーメンについて語る川﨑・岡村>
 
 
 
④ 今後の目標はなんですか?
 
岡村:アドディレクターチームをコムニコになくてはならないチームにしたいです。メンバーが圧倒的パフォーマンスを出せる環境を作ることが目標です。
あとは、会社に「岡村を採用して良かった」と思ってもらえるような人材になりたい。
 
川﨑:どんどん新しい能力を身につけて、チーム内だけではなく、会社全体に好循環を生みたいと考えています。今はプログラミングの勉強をしていて、業務の自動化に活用しています。最終的には10足くらいわらじを履きたいですね!1つの能力を極めることも大切ですが、苦手な分野や足りていない知識を攻略することも大好きです。

 

⑤ 高知からW受賞…ということで、最後にSMMC高知についてこれからの展望を教えてください!
 
岡村:SMMC高知は、コムニコ社長・林が常に目標として掲げている日本No.1のM.O.S.(Marketing Operating Service)を実現できるオフィス且つ、メンバーが揃っていると信じています。良いことがあれば褒め合って、苦しいときは助け合いながらこれからも頑張っていきましょう!
 
川﨑:今まで以上にアクティブでチャレンジャーな集団になりたいです。良い意味で目立つ存在になりたいですね!
新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、東京・大阪・高知と、全員が同じ「テレワーク」という環境になりました。こうした中で、今回のM.R.P.の高知W受賞はとても嬉しかったです。
今までSMMC高知が感じていた「東京・大阪との距離の壁」なんて無かったんです。これはポジティブに考えると大チャンス。「東京じゃないからな…」なんて尻込みしている場合ではありません。物理的な距離は離れていますが、心はいつもひとつ!どんどんチャレンジしていきましょう!(東京と大阪のみんなとも心はひとつですよ😉)
 
 

おわりに…

 
「レスポンスの速さ」「社員への気配り」など、ふたりにはたくさんの共通点が見つかりました。
(お互い「ラーメン好き」という点も見逃せませんね)
 
新型コロナウイルスの感染拡大による環境の変化にも柔軟に対応し、会社をより良くしようと奮闘するふたりの姿勢から、これからの働き方のヒントを得られたように感じます。
私も岡村・川﨑のように「距離を感じさせない仕事」を目標にしていきたいです!
 
さて次回のM.R.P.賞は、記念すべき第100回目となります!
一体誰が受賞を勝ち取るのでしょうか…?お楽しみに!