<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

SGDsオンラインワークショップ開催!入社2カ月目の新入社員がワークショップに参加して感じた「コムニコの雰囲気」とは?

SDGsオンラインワークショップ開催

みなさん、こんにちは!ラーメン大好き、20新卒の杉浦です☻

現在、世界規模で注目されているSDGs(持続可能な開発目標)はご存じですか?今年度より、ラバブルマーケティンググループの一員として、コムニコも社会課題解決に取り組むこととなりました。

そこで!今回のブログでは、その取り組みの第1弾として開催されたSDGsオンラインワークショップの様子をご紹介いたします☻

(▼noteでも詳しくLMGの「LMG's SDGs Project」について紹介しておりますので、ぜひご覧ください。)

SDGsとは

5月11日(月)に全メンバー参加型のSDGsオンラインワークショップが開催されました。

SDGsとは…‟Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)”の略称で、国連で定められた持続可能な社会・環境・経済実現のための目標です。

SDGs持続可能な開発目標(出典:国連広報センター「持続可能な開発目標」)
社会的課題には、地球温暖化などの気象変動をはじめとした、貧困や飢餓、ジェンダー問題などが含まれます。

そして、ビジネスの力を使ってSDGsを実現していくことが地方自治体や企業に求められています。未来の地球を守るためにSDGsを実現することはもちろん、最近では、企業のSDGsへの取り組みが、投資価値の判断材料になっており、企業の発展のためにも重要な要素になっています。

オンラインワークショップスタート!

オンラインワークショップは、ワールド・カフェ方式で実施。全メンバーが4人~5人のグループに分かれて、1ラウンド15分ごとにメンバーを入れ替えながら全4ラウンドのディスカッションを行いました。

ディスカッションのお題は

1ラウンド・2ラウンド:SDGsに対して企業として何ができるか

3ラウンド・4ラウンド:SDGsに対して個人として何ができるか

で、一人ひとりのメンバーが自分ごと化して熱心に考える姿が見られ、さまざまな意見が飛び交いました。

わたし自身、はじめは普段の業務で関わりが少ない役員や先輩メンバーに囲まれ少し緊張しましたが、自分の意見に対して「それいいね!」と共感してくれるメンバーが多く、楽しくリラックスして話し合いに参加することができました!

何ができるか宣言。

全4ラウンドのディスカッションを経て、最後にSDGsに対してこれから「どんな企業になりたいか」「そのなかで自分は何ができるか?」を各自記入しシェアすることに(≧▽≦)

 

何ができるか宣言(何ができるか宣言。情報発信系の意見を集めてみました。)

SNSマーケティングの企業であることもあり、SDGsの取り組みをSNSを通して、ユーザーに意識してもらえるようなコンテンツを発信していきたいという意見が多くみられました。

また、テレワークの推進による無駄をなくした新しい働き方や、女性が活躍できる風土をコムニコで実現していきたいという声も多く見受けられました。

 

nanigadekirukasenngenn(代表取締役社長の林の何ができるか宣言。社長も共にワークショップに参加!)

そのほか、環境にもラバブルな企業を目指す、ペーパーレス化などの意見がありました!(※コムニコでは新型コロナウイルス収束後もテレワーク推奨の働き方になります。)

まとめ

今回のオンラインワークショップを通して、あらためてコムニコの風通しの良い社風を実感しました✨

それは普段の業務でも感じており、個人の意見が尊重される環境があるため、入社して2カ月目でも自分の意見を臆せず発言することができています。また、よいことは積極的に取り入れてくれます!

ディスカッションでは、SDGsに対して熱心に議論する姿が見られ、正義感・使命感が強く、何事にも楽しんで取り組むメンバーが集まっている印象を受けました!

また、一人ひとりが様々な視点から色々な考え方をしていて、個性豊かなメンバーが多いです(≧▽≦)

SDGsオンラインワークショップは、普段生活をしている中でなかなか意識できない社会問題に対し、自分ごと化して考えるよい機会となりました。また、企業としてSDGsに関わっていけることは光栄だと思います。

今後、SDGsの取り組みがますます活発になっていくことにわくわくしています!