<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

【STAFF INTERVIEW】入社5年目を目前にして-2016年入社インタビュー

2016年新卒入社メンバー

こんにちは!もうじき入社3年目を迎えるコンテンツクリエイターの吉澤(未)とコンサルタントの岡田です!

今回は、4月に入社5年目を迎える2016年度入社のメンバーにインタビューをしました。
現在チームの最前線で活躍する彼らは、入社当時からどう変化したのでしょうか。

〜目次〜

1.2016年度入社メンバー
2.業務のキャパシティって増えた?
3.入社時に思い描いていたことは何でしたか?
4.入社して特に成長した部分はどこですか?
5.入社して一番嬉しかったエピソードを教えてください。
6.ライバルはいますか?
7.中途入社でも同年代の方が多く入社されていますが、中途入社と同期と接し方や意識など変わる部分はありますか?
8.今後の目標やコムニコをどうしていきたいか教えてください。
9.終わりに

2016年度入社メンバー

セールスチーム マネージャー 髙橋 風人    セールスチーム マネージャー 髙橋 風人

新規営業を行うセールスチームのマネージャー

お客様の課題解決のためのサービスを提案し、実施までサポート。
チーム内では、メンバーのサポートやケアを行うマネジメントも担当している。

コンサルティングチーム マネージャー 北村 類希コンサルティングチーム マネージャー 北村 類希

お客様と向き合い、SNSマーケティングの支援を行うコンサルティングチームのマネージャー

案件でサポートに入りながら育成に携わる他、運用案件の改善や採用などチーム全体のマネジメントを行う。

コンサルティングチーム リーダー 中野 太夢コンサルティングチーム リーダー 中野 太夢

お客様と向き合い、SNSマーケティングの支援を行うコンサルティングチームのリーダー

チーム内ではマネージャーのサポートをしながら、アサイン管理や採用・新卒のメンターなど教育を積極的に行う。

コンサルティングチーム リーダー 吉澤 理奈コンサルティングチーム リーダー 吉澤 理奈

お客様と向き合い、SNSマーケティングの支援を行うコンサルティングチームのリーダー

お客様に寄り添いながら案件を運用する側、メンバーのサポートも行う。
その他にも、採用やWe Love Socialの記事を執筆するなど幅広く業務を担当している。

SMMC高知 マネージャー 神部 公佑SMMC高知 マネージャー 神部 公佑

ソーシャルメディアマネジメントセンター高知(SMMC高知)の責任者/マネージャー

2017年12月から高知での事業拡大・展開に伴い高知オフィスを立ち上げる。
リーダー陣とチームのマネジメントを行う側、組織拡大に向けて、採用活動や学校での講義などを行っている。

関西オフィス マネージャー 守屋 玲央関西オフィス マネージャー 守屋 玲央

関西オフィスの責任者/マネージャー

2017年2月から新規事業として新しい市場拡大を目的とした関西オフィスを立ち上げる。
市場ニーズの観察や新規営業をする側、関西オフィスという新しい組織を作り上げることに尽力している。

Q.業務のキャパシティって増えた?

吉澤増えたと思います。自分が担当する案件数も増えましたし、サブ担当としてサポートする案件が増えました。

中野4年目前半は特にキャパシティが増えたように感じます。案件の数はもちろん、様々な業種業界に携わらせていただいた経験が活きているなと思います。アポイントが一日3つある日も少なくなかったので、リーダーとしての仕事もある中でどうやってマルチタスクをこなすのかは、日々考えて仕事に取り組んでいます。

メンター・リーダー・案件運用と、仕事が盛り沢山なイメージがありますが、普段どのように調整していますか?

中野できない時はできないとヘルプを求めることですね。

北村3年目まではメインで案件運用をやらせていただいたり、メンターとして後輩を育成したりなどしていましたが、マネージャーになってガラッと仕事が変わったのでキャパが広がった実感は無いですね。ただ3年目4年目となるにつれて、メインだけでなく、サポートをするサブ案件でも定例会やミーティングが増えていったので全体的にキャパが広がったのかもしれませんね。

コンサルティングチーム マネージャー 北村 類希(コンサルティングチーム マネージャー 北村 類希)

Q.入社時に思い描いていたことは何でしたか?

北村インターンの時にしていただいたインタビューでも話したのですが、「言われたことを120%で返す」ように心がけていました。当時は求められたことをよりよくして返すことを意識していましたが、今は100で返すのは当たり前で、求められていないけど、これがあると良いなという20%をプラスして返すようにしています。

吉澤担当させていただいているお仕事を精一杯やろうと思っていました。入社時にお世話になったトレーナーの先輩が、クライアント対応も丁寧で、情報のキャッチアップも早かったので、先輩のようになりたいと思っていました。

中野一社会人として成長したいと思って入社しました。オフィスのエントランスに飾っている段ボールには「恩送り」と書いたので、その言葉通り先輩たちに教わったことやもらったこと以上のものを次入ってきた後輩たちに教えていきたいと思っていました。
個人としてのキャパはまだまだ広げていきたいと思っているので、終わりが無いですね。

髙橋入社して業務に取り組んでから、メンターだった先輩みたいになりたいと思うようになりました。業務を通して悩んだり考えるようになって目標ができてきましたね。

今そのメンターだった先輩は転職されて、当時の先輩以上の社歴を迎えていますがどうですか?

髙橋超えていると思います(嘘)

北村まぁその先輩は僕らが2年目のとき、先輩が3年目のときに転職されたので、僕たちは5年目を迎えるわけだからね(笑)

髙橋ただ、当時の先輩と2年目の自分を重ねると超えた気はしないです。その先輩がコムニコで4年目を迎えていたらどうなっていたんだろうとよく考えます。

神部僕は、日本一の副社長になることを目標としていました!これは今も継続中です。入社してから近づいているという実感はあります。副社長になるために、社長の気持ちをわかっていたいし、部長やマネジメント層の悩みや気持ちを理解してアドバイスをしたいと思っています。現在、高知へ行って責任者を務めさせていただき、高知のトップとして、またマネージャーとして仕事を経験しているので、まさにやりたいことに近づいていると感じます。
高知をどうするのか、これから展望を描いて達成していくことにチャレンジしたいと思っています。

守屋人よりも多くの経験をしたいと思っていました。そういった意味では、今裁量を持って楽しんで出来ているなと思います。

終始楽しそうに質問に答える吉澤・中野・髙橋(終始楽しそうに質問に答える吉澤・中野・髙橋)

Q.入社して特に成長した部分はどこですか?

髙橋精神的に自立してタフさが備わってきたと感じます。入社時は「なよなよしている」と言われることが多かったですが、それも無くなりました。そういうところって自分じゃ実感しないですが、言われていたことが言われなくなったことで実感してきましたね。

中野感覚重視に物事を考えることが多かったのですが、ロジカルな思考が身についてきたと感じます。

吉澤入社当初は自分の仕事で精一杯でしたが、後輩ができたり、チームで案件を運用することが増えてから、視野を広く持てるようになったと感じます。

北村人のことを考えられるようになりました。3年目までは、自分のやりたいように仕事をさせてもらっていましたが、マネージャーになってチームのメンバーだけでなく周り全体を考えて行動できるようになりました。後輩がどんどん入ってきて見本にならなきゃという意識を持っています。

神部入社してすぐは、クライアントと話すことに緊張していました。自分の伝え方が下手すぎて何を言っているのか分からないことが多かったと思います。半年経ってからは、クライアントと気持ちよくコミュニケーションをとることができるようになりました。2年目に高知に転勤して、自分でやらないといけない場面が増え、当事者意識をいろんなところで持てるようになったと思います。3年目は登壇回数が増えて、人前で話すことが増えました。頭が真っ白になって何を喋ったか覚えてないほどでしたが、今は話したいことをしっかり話せています。4年目は、人の反応をみたり、人をマネジメントしたりするのに、より関心を持てるようになりました。自分だけじゃなくて、みんなが働きやすい職場にしたいと考えています。

守屋関西オフィスの立ち上げや、マネージャー業務で必要不可欠となった「判断」する力が身についたと思いますし、責任を持てるようになったと思います。これから上のポジションを目指している人は、判断する力は必要だし、チームを動かす肝になると思います。僕ももっと高めていきたいと思います。

関西オフィス マネージャー 守屋 玲央(関西オフィス マネージャー 守屋 玲央)

Q.入社して一番嬉しかったエピソードを教えてください。

髙橋入社してから同期が一人も欠ける事なく、こうしてインタビューを受けられていることが一番嬉しいです。

一同爆笑&賛同

これは皆さんのベストワンだと思うので、ベスト2を教えてください!

中野担当させていただいているクライアントからコムニコの仕事内容を評価していただき、「SNSで何かやるならコムニコ!と社内でも共有しています」と言われたときが最もうれしかったです!

吉澤コンサルのリーダーの一人として、さまざまな仕事を任せていただけることがとても嬉しいです。

北村2019年上期のベストプレイヤー賞を取れたことがとても嬉しかったです。それまでは、自分のやりたいことをやって、いろんなことに首を突っ込んで、自分の首を締めてしまっていた時期もありましたがそれを評価していただけたのかなと思ってとても嬉しかったですね。
あとは、知り合いから運用の相談をいただけるようになったのも嬉しかったです。

髙橋コンペで勝った時はいつも本当に嬉しいですね。

神部あまり考えたことがないから、難しい質問ですね。1年目で自分のポジションに対してモヤモヤしていた時に、高知オフィスの話がきたのはとても嬉しかったです。関西オフィス立ち上げの際に、自分が候補に上がらなかったことに対して悔しかったので、次のチャンスの時に声がかかったのは本当に嬉しかったです。
それから、今高知オフィスにたくさんのメンバーが入ってくれて、定着してくれているのも嬉しいです。その中から関西や東京へ行く者がいたりと、コムニコ全体で見ても貢献できているのではと感じます。

守屋いや、これは本当にすごい。僕がもし高知オフィス行ってたら、全然違うメンバーになっていたと思うし、僕が今高知オフィスのメンバーが大好きなのは、神部の力だと思います。

僕の嬉しいエピソードは、COOの長谷川が関西オフィス立ち上げの際に、「失敗したら俺の責任だから。」と言ってくれたことです。そのおかげでここまでやってこれていると実感していますし、今は後輩に失敗しても俺の責任だと言えるようにもなりました。

SMMC高知 マネージャー 神部 公佑(SMMC高知 マネージャー 神部 公佑)

Q.ライバルはいますか?

中野同期全員ですね。みんな良いところがあって互いに切磋琢磨できていると思います。

北村僕もほぼ同意見です。敵対心の意味ではなく、仲間としてのライバルです。同期それぞれに良いところがあるので。

吉澤誰か一人をライバル視しているわけではなく、それぞれ個性があるので尊敬しています。

髙橋昨日の自分です。

神部いっぱいいます。

守屋いろんな場所でライバルがいますね。

神部みんなって言ったらみんなだと思いますし。
同期の中で一人選ぶなら守屋ですね。環境も似ているのはあると思いますが。

守屋そういう観点で言うとやはり僕も神部ですね。高知での組織づくりは羨ましいなと思うことがあります。て言うとライバルというより、尊敬ですかね。もちろんみんな尊敬していますが。

あとは、COOの長谷川が僕と同い年の頃は意識しますね。長谷川は僕の年齢でこんなことやっていたのかなと想像して行動してます。

互いについて語る神部と守屋(互いについて語る神部と守屋)

Q.中途入社と同期と接し方や意識など変わる部分はありますか?

神部同期とは、旅行に何回も行っていたり、過ごす時間が多かったりする分、少し違いがあるかもしれませんが、特段接し方が変わることはないですね。
違いがあるとすれば、中途入社の方は、他の会社を知っているので、コムニコとの違いは何か、コムニコでいかせることはないかなどを教えてもらっています。良いやり方は真似させてもらって、オフィスをさらに良い場所にできればと思っています。

北村同年代に限らない話ですが、コムニコの人たちは本当に「みんなちがって、みんないい」みたいな感じで、個性にあふれてるんですよね。同時期に入社した僕ら6人でもこれだけの違いがあるのに、中途入社の方も、もちろん17,18,19卒のみんなも全然ちがっていて、絶対何かしら僕にはない強みや魅力を持っているんです。見習うべきところは見習いつつ、一緒に成長できたらいいな、と思います。

守屋中途入社の方も尊敬できる人ばかりなので、接し方に変わりはありません。ただ、同期の存在はやはり特別で、私が困難な状況に陥った時は、きっと同期が一番最初に助けてくれるんだろうなぁと勝手に思っています。まぁお互い様にね(^^)

中野同年代のみならず、年上の方も入社されてくるなかで、いかにその方の前職の経験を活かせる環境で、働きやすいと思ってもらえるかを意識しているので、積極的に話しかけに行くことを意識しています。

吉澤接し方で大きく変えているところは特にありません!中途入社の方は、みなさんそれぞれ異なる業界から来ていて、かつ私よりも社会人経験が長いので、社会人として参考になることを吸収させてもらっています!

髙橋基本的に変わらないです。中途でも同期でも新卒でも個人的に年齢は仕事に関係ないと思ってます。

みんなの発言にニコニコの吉澤と中野(みんなの発言にニコニコの吉澤と中野)

 

Q.今後の目標やコムニコをどうしていきたいか教えてください。

神部高知のメンバーを増やして、コムニコを拡大していくことができればと思っています。
あと、高知から「コムニコをこんな風にしたい!」とか「私、僕はこんなことをしてみたい、こんな風になりたい!」とかが出てきた時に、実際にチャレンジしてもらいたいし、その環境が準備できる状態にしたいですね。働く人にとって魅力的な会社・オフィスが作れるようになって、「日本一の副社長」という目標に近づいていきたいと思います。

北村コンサルのマネージャーを任せていただいたからには、まずはコンサルをもっと強いチームにしていきたいですね。メンバーも増えてきているし、4月にはさらに5名もの新入社員を迎え入れることができるので、中途入社と同期と接し方での質問で話した通り、みんなで一緒に成長できたらと思います。
今はチームの採用を任せていただいていますし、教育体制ももっと整えていきたいと考えているので、今年のテーマ通りコンサルを「化け(させ)る」よう精一杯コミットしたいです。

守屋私のミッションは、関西オフィスの拡大!
関西オフィスの勢いがコムニコ全体に刺激を与えられるよう、私のできることに全力を尽くします。

中野新卒でコムニコに入社して、社会人として多くのことを学ばせてもらいました。今後規模を拡大していく中で、コムニコの良さ(風通しのよさ、働きやすい雰囲気)を残せるよう、同期と切磋琢磨していきたいです!

吉澤新しいメンバーの育成で会社に協力し、コムニコの名前を広げていきたいです。

髙橋〜入社10年目を控えて〜というインタビューをまたこのメンバーで答えられたらなと思ってはいます・・・(笑)

集合写真オフショット東京組(集合写真オフショット東京組)

集合写真オフショット高知・関西組(集合写真オフショット高知・関西組)

コムニコ入社から現在の写真(コムニコ入社から現在の写真)

 

終わりに

メンバーやクライアントを1番に考え、コムニコの最前線で活躍している16卒に話を聞いて、互いに思いやり・評価し・尊敬し合っている関係性を紐解くことができました。他の人が話している時も大きく頷き、楽しそうにインタビュー受けている様子は彼らの仲の良さを物語っていました。それぞれが、コムニコのために何ができるのか・クライアントのために何ができるのかを深く考える背景には、1〜3年目までの経験や学びが色濃く反映されているようでした。私たち18卒も今年の4月で入社3年目をを迎えるので、今までに学んだことや感謝を後輩に送る形で返していけたらと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

それでは次回のブログをお楽しみに!