<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

【STAFF INTERVIEW】コムニコ内定承諾の決め手は採用にあった!?-インターン生

インターン生にスタッフインタビュー
みなさんこんにちは!

まだまだ新卒でいられると思っていたら、すでにインターン生に仕事を教える立場になってました!19卒の小森です。と、いうことで今回は定期的にインターンをしに来てくれている内定者にインタビューしてきました。

20新卒内定者インタビュー

内定者5名のうち、インタビューしたのは、中村さんと黒岩さん!
オフィスのエントランスにてパシャリ
〈左から中村さん黒岩さん、小森〉

小森:あらためて内定おめでとうございます!そしていつも会社のお手伝いをしてくれてありがとう!今回はインターン生としてブログにご協力してもらえるとのこと、よろしくお願いいたします。

Q1.インターンにどのくらい来ているの?
中村さん:8月の終わりから週2.3回の頻度です。
黒岩さん:内定式が終わった10月から週1で来ています。

小森:凄い頻度!ほぼ19新卒ですね(笑)

インタビューのために集まってくれたインターン生
〈ほぼ19新卒の(左)中村さん、(右)黒岩さん

Q2.なぜインターンを始めようと思ったの?
中村さん:大学を留年しているので、同級生と比べて出遅れ感がすごくて...早く追いつきたいという気持ちでした。業務に慣れたいっていうのと、バイトとして稼ぎたくて...

質問に答えるインターン生小森:でもバイトよりは拘束時間が長いよね!?

中村さん:そうなんですけど、毎回新しい刺激に触れることができるから、はやく時間が経つんですよ。そのなかで社会人としての働きかたも学べますし!

黒岩さん:たしかに!バイトとして社会人の働き方を学べるのは良い機会だと思います。私は、異なる業種で実りのある時間を過ごしたいと考えてインターンを始めました。メンバーの顔を覚えたり、PCのセットアップを完了したりして、入社してからスムーズに業務を進められるよう準備をしている感覚です。

4月に上京・入社と全てを一気に始めた小森、思わずこの顔である。

インターン生の真面目な姿を見るインタビュアー

Q3.インターン前との社員や会社のギャップはある?
中村さん:年の離れている方、役職のある方でも、その差を感じさせない、近い存在であることに良いギャップを感じました。よくある面接の場だけ「そう見せている」距離感ではなく、内定者に対しても、コムニコメンバーに対しても近い距離感だったので驚きました。会社ってそんなに会話の多い場所じゃないと思っていたので...想像以上にメンバー同士のコミュニケーションが活発でした。

小森:役職ある人とも会話しやすいのは、ワンフロアっていうことも関係あるかもね!

黒岩さん:私は逆に面接の場でも、実際インターンをしに来てみても「ギャップがない」ということに「安心」しました。人が多すぎず、密にコミュニケーションがとれる、そんな環境の方が自分にあっていると就活中に気づいたので、面接の雰囲気の通りでよかったと思っています。

小森:私も入社して半年以上経つけれども、新人なのに「発言・相談するタイミングをたくさん用意してくれる」「1人1人の働き方や考え方を尊重してくれる」というところにギャップを感じました!私が入社前に思い描いていた社会人&新人の働き方とは全然違う気がします。

入社後のギャップを語る新卒インタビュアー

Q4.なぜコムニコへの内定を決めたの?
中村さん:人事担当者が決め手となりました。就活をしていて本気でフィードバックをくれた会社は初めてだったため、人をないがしろにしないという印象を受けました。面接中は自分が何を話したのか思い出せないほど自然な会話で、それは自分の思ったことを素のまま話せる状況だったからだと思います。

黒岩さん:チームの雰囲気とスピード感ですね。知り合いがコムニコ社内にいるので、よく会社の話を聞いていて、仲間思いの会社だと感じていました。面接では、とんとん拍子で話が進んだことに、風通しの良さを感じ、就活で焦らされる、待たされる「もどかしさ」がなかったからというのが大きいです。

中村さん:僕も最終面接の帰り道に内々定の電話がきました(笑)

内定承諾依頼が早すぎるエピソードを笑いながら語るインターン生

小森:面接が大きな決め手だったんですね!私が責任をもってHRに伝えておきます( ´∀` )

撮影担当 吉澤:18卒の面接は現在の担当者ではなかったので、もしかしたら私は受かってなかったかもしれないと思うと、各年代に色がでていて面白い!

Q5.自己アピールをどうぞ!(笑)
小森:ファッションブランドを立ち上げたり、外国人むけのイベントを主催したり、某スポーツリーグのアカウントを運営していたり、父親のInstagramアカウントで1000人以上のフォロワーを獲得したり...20新卒はすでに実績がある方ばかりだと思っているのだけれど、私のメンターが過去のブログで聞かれていたので、強みがあれば教えてください!

中村さん:何でも素直にこなせることが強みです!どんな仕事も教えてください。

小森:素直さ!成長に一番大事なことですよね!

黒岩さん:事例探しが得意です。無意識にトレンドはチェックしているので、若年層向けの事例探しは楽しいと感じます!

(事例探しが苦手な)小森:尊敬!!すごい!!!

自己アピールに照れるインターン生

Q6.目指す社会人像は?
中村さん:コムニコの社員として必要不可欠になりたい、お客様にも信用してもらいたいと思います。

黒岩さん:色んな分野に間口が広がっている業種なので、SNSを通して自分の好きなスポーツやエンタメなどの魅力を伝えたいです。バリキャリ志向派です!

小森:共にバリキャリを目指そう。

理想の社会人を語るインターン生
〈未来のバリキャリ:黒岩さん

最後に

お二方には貴重なお時間をいただきありがとうございました!内定を承諾した経緯や得意分野を知ることで、HRの動きやインターン生に任せるタスクの種類など、通常業務にも活かせる情報をたくさん得ることができました。

インターン生の話を聞くことで、私も入社時の気持ちを思い出し、追い越されないようにしっかりせねば!と帯を締めなおすよい機会になりました。ありがとうございました!

来春から一緒に働けることをとっても楽しみにしています。(今もすごいペースで働きに来てくれてるけどね!)
それではまた!