<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

at comnico

テレワーク社内アンケートの結果を大公開!

テレワーク社内アンケート結果発表!
みなさん、こんにちは!
 
コンサルタント2年目の高重です。
コムニコに入社して早1年が経過しましたが、2年目も引き続き成長していけるように精進したいと思います!
 
さて、今回のブログはテレワークについてです。
原則的なテレワークを導入して3カ月が経過しましたが、実際のところ業務効率化に繋がったのでしょうか?
 
※コムニコでは、新型コロナウイルス感染症からの安全確保、ならびに感染拡大防止のため3月から原則テレワークを実施してきました。
 
過去のテレワークブログはこちらからご覧ください!
 
コムニコメンバーへテレワークについて全9つのアンケートを実施してきましたので、その結果をご紹介します!

アンケート結果を大公開!!

Q1
 
有効回答数:52
テレワークと社内勤務どちらが働きやすい?
(図:1-1)
 
テレワークの方が働きやすいと感じているメンバーが多い一方で、社内勤務の方が良いと感じているメンバーも一定数いるようです。
 
なぜ、そのように回答したのか、それぞれの理由を見ていきましょう。
 
テレワークが働やすい理由
(図:1-2)
 
テレワークの方が働きやすいと答えたメンバーのうち、多数が『通勤時間がない』ことで働きやすいと感じているようです。わたしも往復約2時間の移動時間が削減され、その時間を自分の業務や趣味に充てられるので、働きやすさは格段に上がったと感じます。
 
その他では、『子供の面倒を見ることができる』との回答もあり、子どもがいるメンバーはより働きやすくなったのではないでしょうか。
 
社内勤務が働やすい理由
(図:1-3)
 
社内勤務が働きやすいと感じているメンバーは、主に『環境設備』の充実さを挙げていました。わたしも自宅にコピー機がなく、書類をプリントアウトする際は不便に感じることもあるので、その点では社内勤務が便利だなと考えています。
 
Q2
 
有効回答数:52
テレワークで業務は効率化した?
(図:2-1)
 
約8割のメンバーはテレワークによって業務が効率化したと感じているようですね。
 
業務効率化につながった理由
(図:2-2)
 
(図:1-2)とほぼ同様の結果となり、『通勤・往訪の移動時間がない』という点で効率化に繋がったと感じているメンバーが多いです。続いて、『業務に集中して取り組める時間が増えた』や『自分のペースで業務に取り組める』といったことが業務効率化に繋がったと評価されていました。
 
その他では『会議の時間が減った』との回答もありました。
 
Q3
 
有効回答数:52
 
もちろん、テレワークにはメリットだけではなくデメリットも存在すると思いますが、デメリットを感じているメンバーはどれくらいいるのでしょうか。
 
テレワークにデメリットはありますか?
(図:3-1)
 
このように、テレワークは業務の効率化に繋がったと感じると同時に、約80%と多くのメンバーがデメリットもあると感じているようです。
 
では、どのような点にデメリットを感じているのでしょうか。
 
テレワークのデメリット
(図:3-2)
 
メンバーが感じているデメリットとして、最も多く挙げられたのはコミュニケーションの減少』でした。
わたし自身テレワークだと一人で黙々と業務できる一方、時折寂しさを感じる時もあります。(笑)
 
全社的な取り組みとして、全メンバーは常にDiscordをつないで、いつでも会話できるような体制も整えているのですが、対面に勝るコミュニケーションはないですよね。
 
Q4
 
有効回答数:50
 
(図:3-2)のように、コミュニケーションにおいてテレワークをデメリットだと感じているメンバーは多く、一概にメリットしかないというわけではないようです。
 
このデメリットを解消するため、何か取り組んでいることはあるのでしょうか。
 
コミュニケーションで気を付けていること
(図:4)
 
この結果から各メンバーがコミュニケーションの改善を図るために、様々な取り組みを行っていることが分かります。
 
その他の回答では、『質問がないか都度確認する』や『資料を用意する』など、ミーティングが円滑に進むよう工夫しているメンバーや、『箇条書きや改行を使用することで読みやすくする』、『GIFを使う』など、テキストコミュニケーションにおいても相手を思いやる行動をとっているメンバーが多かったです。
 
Q5
 
有効回答数:50
 
コミュニケーションの円滑化を図るため工夫を凝らして業務に取り組んでいるメンバーに、テレワークをうまく進めるコツを聞いてみました!
 テレワークのコツ
(図:5)
 
1つのプロジェクトを遂行するために、様々な部署と連携して業務を進めることがあるため、『こまめなコミュニケーション』がテレワークをうまく進めるポイントだと挙げたメンバーが多いですね。
 
また、業務とプライベートのメリハリをつけることを重視しているメンバーもいました。
 
Q6
 
有効回答数:51
 
ラバブルマーケティンググループに所属しているコムニコでは、新型コロナウイルス感染拡大の防止対策として、全メンバーを対象にテレワーク手当(3万円)と生活支援金(10万円)が支給されました。このような状況でも、メンバーを第1に考えてくれる会社に感謝です!
そこで、各メンバーに支援金を何に使用するのか聞いてみました。
 
支援金の使い道
(図:6)
 
『椅子やデスクなどの作業環境整備』、『モニター・Wi-FiなどのPC周辺環境整備』と回答したメンバーが多いですね。業務に取り組むうえで、業務環境の整備はとても大事だと感じます。この機会にテレワーク環境が充実したメンバーも多いのではないでしょうか。
 
ちなみにわたしも新しく椅子を購入し、業務も捗るようになりました。(笑)
その他では『車検』や『ふるさと納税』などユニークな回答もありました。
 
Q7
 
有効回答数:51
 
実際、自宅で業務に集中できるの?と思っている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、業務とプライベートを切り替えるコツも聞いてきました!
 
ONとOFFの切り替え方
(図:7)
 
『外出できる服に着替える』というメンバーが多いですね。わたしも寝間着だとオンとオフの切り替えができないので、外出できるような服に着替えて業務に励んでいます。
 
また、こちらは主に女性メンバーからの回答かと思いますが、『メイクをする』と回答したメンバーも一定数いますね。
その他にも、『モーニングルーティンの実施』や『机の向きを変える』など、各メンバー様々な切り替えの方法を試しているようです。
 
Q8
 
有効回答数:51
 
テレワークでは自宅で業務に取り組める一方、巣ごもり状態になってしまい多少ストレスを抱えてしまうこともありますよね。
 
リフレッシュ方法
(図:8)
 
メンバーの多くは、『散歩』をすることでリフレッシュしているようです。
厚生労働省のホームページにも、日々の健康を維持するために運動することが推奨されているので、適度に運動するように心がけたいですね。
 
その他では、『ゲーム』や『料理』などでリフレッシュしているメンバーもいました。コムニコでも「あつまれ どうぶつの森」が流行っており、終業後や土日にメンバーで遊んでいるようです。
 
その他にも、最近流行りの『オンライン飲み会』や『筋トレ』など各メンバー様々なリフレッシュ方法がありました。
 
Q9
 
有効回答数: 50
 
新型コロナウイルスの影響により、テレワークとなった方々も多いのではないでしょうか。そこで、コムニコメンバーが選ぶテレワーク必需品をご紹介します!
 
テレワークの必需品
(図:9)
 
テレワークを実施するにあたり、まずは『テーブルや椅子』などの業務環境を整えるモノが必要だと考えているメンバーが多数いました。続いて、『マイク付きイヤホン(ヘッドフォン)』とオンラインミーティングを実施する際に使用するアイテムが重宝されるという結果になりました。
 
その他では、『アロマミスト』や『お花』などリラックスできるようなアイテムを挙げているメンバーもいました。
 
総じて、テレワークという働き方は業務の効率化につながっていると考えているメンバーが多数いますが、その大きな要因は、移動時間の削減と言えるのではないでしょうか。
また、各メンバーがそれぞれ働きやすい環境の整備や、相手のことを考えたコミュニケーションもテレワークにおいて重要であると感じます。

おわりに

コムニコメンバーの社内アンケートをお届けしましたが、今日、新型コロナウイルスの影響によりわたしたちの働き方が大きく変わろうとしています。勤務場所にとらわれない「テレワーク」という働き方が今後の主流になってくるのではないでしょうか。
 
今回のアンケートではテレワークで得られるメリット・デメリットなどを紹介しましたが、自身に適した働き方は人それぞれだと思います。
 
本ブログがテレワークと社内勤務どちらが自分に適しているのかを考える際の一助になれば嬉しいです。
 
それでは、また次回のブログで!