<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ブログパーツ

Posted by Masayuki Hayashi

最近、広告関連のブログパーツってめっきり減ってきた感じがする。







このブログパーツ話題になったよね!っていう話をほとんど聞かない。







まだブログパーツの話が多かった頃から、違和感があったのだが、ブログパーツに対する期待値の設定が違うんじゃないかと思うことが多かった。







その最たるものが、ブログパーツを配るとサイトのアクセスが増えるという期待を持つケース。







もちろん、ブログパーツ経由でのアクセス増はないことはないし、設計によっては、バナーなどよりも効率の高いCPAが出るかもしれないのだけど、基本的にアクセス増をメインの目的でブログパーツを作っちゃうと、残念な結果になることが多いと思う。







やたら安くブログパーツを作る製作会社がたくさんがいて、彼らのセールストークが「アクセス増えますよ」であるケースもあるようだ。仮にアクセス増が目的だとしても、ブログパーツがアクセスを増やすのではなく、ブログパーツに載せるアイデアがアクセスを増やすはずなのに。納品したら勝ちと思っている業者がいるのではないか?と勘ぐってしまう。







そうして、間違った期待値を持って、おかねを遣って、「思ったほど効果なかったね」となってしまっているのが現状な気がする。







ブログパーツというのは、外部のドメインで何かしらのコミュニケーションを発生させることができるツールであることが本質で、そこには必ずしもランディングサイトが無くても良い場合だってあるとさえ思う。







ブログパーツに限らず、ソーシャルメディアの発達とそれぞれのソーシャルメディアの連携により、自社のドメインにユーザーがいなくても、ユーザーとコミュニケーションのとれる手段は今後も増えてくる。







そんな時代に、KPIを自社サイトへのアクセスに限定してしまうのはいかにも勿体ないと思うのだけど。







話がタイトルからそれてきたが、そんな視点で見た場合、ブログパーツってまだまだアリだと思っている。

新規CTA