<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ワールドカップは自分ゴトにして観戦した方が有意義じゃない?

Posted by Masayuki Hayashi

shutterstock_161967395

ワールドカップで日本代表の予選敗退が決まりました。本当に残念な事です。

日本代表が戦った予選リーグの3試合は、ボクたち見ている側にとってもフラストレーションがたまるものだったのは、間違いないところだと思います。

ただ、こういう批判をするのは、良くない事だと思います。

[Naverまとめ]日本代表、グループリーグ敗退が決まる→大炎上「日本の恥」「帰国してすぐ土下座しろ」「睡眠時間返せ」

http://matome.naver.jp/odai/2140365606085890801

スポーツの楽しみ方はもちろん人それぞれです。

ですが、こうした安全なところから、あたかも被害者のように理性に欠けた批判をするのは間違っていると思います。またここまで過激でないにしても、「あなた評論家でしたっけ?」と尋ねたくなるような発言も多々見かけますが、これもどうなんでしょうか?

なにより、せっかく自国の代表がワールドカップのような大きな舞台で戦うわけですから、もっと自分ゴトとして楽しむ方が有意義だと思います。

ワールドカップは4年に一度しか開催されず、そこに出場するには予選を勝ち抜かなくてはいけません。しかもそのチームに参加する資格を持つのは、日本人でたった23人です。

何かの分野で日本を代表したり、上位23人に選ばれたりするのは簡単な事ではありません。恐ろしく熾烈な競争を勝ち抜いて、彼らはピッチに立つわけです。

そういう人たちと自分を比べると、なんと自分はレベルが低いのだろうと思います。会社経営者として、ボクは日本を代表する存在では全くないし、上位23人に入るのはとてつもなく困難です。

仕事は異なっていても、そんなとんでもないレベルに到達した人たちからは、学ぶ点が沢山あるし、自分の至らなさに気づかされる良いきっかけにもなります。

例えば、敗戦が決まった後の代表選手のコメント。選手だけでなく、監督やコーチ、協会など、いろんな人が関わるこんな大きなプロジェクトで、選手だけの責任で敗戦するなどと言う事は基本的にあり得ません。それでも、皆が敗戦の責任を強く感じ、誰のせいにするわけでもなく、負けたのは自分が至らなかったからだというスタンスを貫いていると感じました。

仕事をしていれば、うまくいく時もあれば、うまく行かないときもあります。うまく行かない時、上司や部下や同僚、環境や会社、取引先のせいにして自分は悪くないというニュアンスの発言をする人は驚くほど多い。あるいは、誰かに注意されたり怒られたりして、簡単にへこんだり、いじけたりする人も多い。

それと比べて、彼らのプロ意識の高さや潔さには際立っています。健全な成長意欲のあるひとなら、自分もそうありたいと考えるはずだと思うのですが。。

長友選手は、ブログでこう書いています。

すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした。

 批判してくれる人は自分を成長させてくれます。

そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します。応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています。

様々な理不尽な批判にも感謝し、エネルギーに変えていくというスタンスは、さすが日本のトップ選手だと思いますし、少しでも見習いたいと思います。

 こういう代表選手を見習って、問題が起きた時に、たとえ直接的な原因が自分になくても、「もっと自分がこうすれば、こうはならなかった」という風に考えるとか、ひどく怒られた時に「これは自分の成長のチャンス」だと捉える事が出来れば、失敗も自らの成長に繋げる事が出来るはずです。

また、サッカー選手というのは、とてもリスキーな職業です。致命的な怪我をすれば、即失業するかも知れません。そうしたリスクを承知で厳しい世界で戦っているひとを見て、自分はどの位リスクを取っているのかを考えてみるのも良いと思います。

また、先日のコロンビア戦。決勝トーナメント進出の可能性が非常に低い中で、代表チームはモチベーションを落とす事なく、最後までチャレンジしたと思います。

こういう姿を見て、普段仕事で簡単に無理だとあきらめてはいないだろうかと我が身を振り返ることも出来ます。

もちろん、厳しい批判が日本のサッカーを強くするという面はあると思います。

でも、それはプロの評論家に任せればいいと思いますし、仮に「代表が強くなるために敢えて批判をしているのだ!」というのであれば、普段の生活で、自分が同じ位厳しい批判にさらされても、甘んじて受ける覚悟があるか考えてみて欲しいと思います。(職場で「土下座しろ!」なんて言ったら、パワハラとか言って問題になりそうですけどね。)

これはサッカーだけの話ではなく、せっかく自分ではなかなか出来ない(そこまでのステージにたどり着けない)チャレンジをしているひとを見たり、知ったりする機会があるのであれば、批評するよりも、自分と比べてみるという習慣を持つ方が有意義だと思うのです。そのひとの成長度合いはそれだけでも随分と変わってくるのではないでしょうか。

なお、たまたま見つけたんですが、こういうスタンスはいいんじゃないかと思いますw

https://twitter.com/_daigaku_news_/status/481569409278824448

それにしても、ほとんどダイジェストでしか見れてませんが、今回のワールドカップは点数も沢山入って、番狂わせもあり、楽しいですね。

これからの試合も楽しみです!

新規CTA