<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

最近のお勧め本「デフレの正体-経済は人口の波で動く」

Posted by Masayuki Hayashi

角川さんより献本をいただき、拝読。ここ最近で一番のお勧め本!

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
クチコミを見る

すごく良かった。一見アカデミックな経済書っぽいので、敷居が高そうに見えるけど、働く人やこれから働く学生は読んどいた方が良い。

ポイントは、タイトルのデフレ云々というより、副題の経済は「人口の波」で動くという部分。

そういえば、ドラッカーの著書に、こんな記載がある。

人口、年齢、雇用、教育、所得など人口構造にかかわる変化ほど明白なものはない。見誤りようがない。予測が容易である。リードタイムまで明らかである(イノベーションと起業家精神)

人口構造の変化が実りあるイノベーションの機会となるのは、既存の企業や社会的機関の多くが、それを無視するからである。人口構造の変化は起こらないもの、あるいは急速には起こらないものとの仮定にしがみついているからである

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)
クチコミを見る

この「デフレの正体-経済は人口の波で動く」は、上にあるドラッカーの言葉を現在の日本の経済状況にあてはめて警句をまとめた本と言ってもいいのかも。(本書にはドラッカーについての記載は一切無いけど)

数年前にドラッカーの言葉を読んだ時には、正直あまりピンときていなかったけど、本書は現代日本に起こっている人口の波(現役世代の減少と高齢者の激増)について、具体的且つ公的な数字を用いて解説をされているので、とても分かりやすい。

例えば、消費意欲の高い現役層の絶対数が減っているから、モノが売れないという説明は、若者の消費意欲の低下よりもずっと説得力があるように思う。

本書のメッセージをボクなりにものすごく簡単にまとめると、

  1. 現在の日本経済の問題は、現在働いていて、消費意欲も高い現役層の人口の減少によって、個人消費が下ぶれしてしまい、その結果企業の業績が悪化。企業の業績が悪化すると、(ただでさえ人口が激減している)現在働いている人の所得がさらに減って、更に消費が悪化する負のスパイラルである
  2. それゆえに、現在働いている人の人口を少しでも減らさないようにすること、所得を増やすこと、消費を増やすことが現在の目標となるべき

というところ。

これは広告業界に身を置くものとしても、当然無関係でいられる話ではない。

コムニコのメンバーだけでなく、知人皆にお勧めしたい1冊。

>こちらもご覧ください
特集『人口の波』を見れば、日本の現状が見えてくる|Leaders Post

新規CTA