<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

自分はn=1

Posted by Masayuki Hayashi

「この人すごいなー」と思う人にはいろんな共通項がある。

その中で最近特に感じるのが、優秀なビジネスマンだなと思う人は、何か新しい製品やサービスや、テクノロジーを見たときに、「自分」が好きか否かとか「自分」に役に立つか否かではなく、これは「誰」に向けたものなのか、その「誰か」は喜ぶのか否か、その「誰か」はどのくらいの人数いるのかといった視点で真っ先に考える。

これは常に学びたいと思う姿勢。

ビジネス的には、自分が好きか否かとか実際関係ない。それを好きになる人がいて、出来ればそういう人がたくさんいることが重要なわけ。で、そういう人がたくさんいるなら、ビジネスとしてはアリなわけだ。もちろん実際にそれに着手するかどうかには、以前に述べたような実現可能性とか検討しないといけないわけだけど。

とにかく、まずビジネスとして成立しうるか否かを客観的に考えるのがプロのビジネスマンだと思うし、そうありたいと思う。

結局これってマーケティング視点を持つということなんだけど、普段マーケティング領域にいても、いざ自分のこととなると、意外に自分の興味のあるなしで判断してしまいがち。

自分は所詮「n1」。そんなものに振り回されちゃいけない。それに個人の興味なんて結構変わるものだしね。

でも、これを気をつけて客観的に発言したつもりが、ボク自身が興味があると誤解されて、不本意なこともしばしば。。。

新規CTA