確率的発想法

タイトルや表紙の与える印象以上に刺激的な本。




確率的発想法~数学を日常に活かす
クチコミを見る






タイトルは堅いし、文章中には数式が出てきたり、純文系人間には若干とっつきにくいところもあるけど、ちょっと辛抱して読むと意外と分かりやすい。







経営でも、マーケティングでもロジックは不可欠で、ロジックがデータ(根拠)とクレーム(主張)で構成されている以上、この変化の激しい時代に特に確率的な発想は必要だと思う。

Read More

池袋ウエストゲートパーク(7)

池袋ウエストゲートパークの7巻目。








文章のスピード感、徹底的な第1人称、ダークな世相を背景としながら、希望のあるエンディング。相変わらず面白い。






Read More

寝るな。目を覚ませ。凍死するぞ。

さとなおさんのブログ記事は、いろんな意味でとても大事な指摘だと思った。



一部(といっても結構長めにw)抜粋させていただきます。


講義の中で「ブログやってる人、手を挙げて下さい」とか聞いたりすると、たった5%くらいだったりする。「じゃ、Twitterやってる人は?」と聞くとまぁだいたい0.1%くらい。Facebookはゼロ。ミクシイでなんとか10%程度。

まぁそういう現状に毎回毎回ボクは絶句するわけなんだけど、そういう人たちと、当たり前のように使ってる人たちとでは、日々、毎秒ごとに差が開いていることを知るべきだ。ソーシャル・メディアを使いこなせずにこれからのコミュニケーションが出来ると思っているのなら転職した方がよい。ブログや TwitterやSNSで日々発信してつながっている生活者(数千万人)の空気感や肌感がわからなくて、どうやって彼らとコミュニケーションするおつもり?




Read More

こころを動かすマーケティング






コカコーラという大企業のマーケティング部門の空気感、ものの考え方を知るのは、末端のベンチャー企業の人間にとっても大切。この本は、その一助となる。







マーケティングに携わる人が、直接的に目の前の課題を解決するためのノウハウ本ではないが、必読の書なんじゃないかなと思う。







あと、これを読んだあと、今のジョージアのCMなんかを見るとまたちょっと違う視点で楽しめる。





これを読んで、コカコーラで働きたいという学生とか絶対いると思う。そう考えると、この本もまたブランディングの一環なんだろうな。

Read More

餃子とTシャツと机どれが一番儲かる?

最近、読みたい雑誌目白押し。








プレジデントって、毎回読むわけではないけど、第1特集と柳井さんの記事は勉強になった。







日々知恵をつけていかなきゃなーと思う。

Read More
コムニコ 2017年度 新卒採用サイトはこちら