想像力はスキル

想像力って大切だな。







いろんな意味で。でも特に思うのは、相手の気持ちを想像する力の重要性。







思いやりと同義かもしれないけど、思いやりだと、優しい人みたいな感傷的なニュアンスに捉えられる。いや、優しいというのもとっても大事なことだけど、ここはあえて想像力と呼びたい。







「力」と付いた方がスキルっぽいというか、仕事に必要なものっぽくなるから。







反論を恐れずに言うと、これは責任感とも実は同義で「相手がどう思おうと知らん」みたいな態度は、たくさんの場面で無責任だと思ってる。相手の気持ちばかり気にして実行力がないのも困るけど、自分の行動が相手にどういう風に捉えられるのか想像することは、特に働く場面において重要だと思う。







人の気持ちを慮ることは、自分に余裕がないと結構根性というか精神的にスタミナがないとしんどい。でもしんどいからやらないでは、それは怠惰というものでしょう。もし想像した上で、敢えて相手の気持ちを無視する行動をとるのであれば、相当の覚悟が必要だ。







などと、140文字以上でつぶやいてみた。

Read More

1本満足便の記者会見に行ってきた

アサヒフードアンドヘルスケアさん(すいません会社名間違えいたので修正しました)に招待いただいて、1本満足急便(配)の記者会見に行ってきた。







1本満足便(配)は、ネプチューンの堀内健さんが社長を務める架空の会社。TIMのゴルゴさん、レッドさんも重役を務めているそう。



↓イベントの様子








ホリケンの暴走を生で見れて、イベントも楽しかったのだけど、サイトを見るともっと興味深い。








このサイト上で申し込みをすると、なんと本当にお笑い芸人が1本満足を会社まで

届けてくれるらしい。







知り合いの社長のブログを見ていたら、実際に申し込んだ様子が載ってた。



1本満足便|虎ノ門で働く社長のblog

Read More

ブロードバンド接続は国民の権利

フィンランドが国の法律でブロードバンド接続を「国民の権利」として制定, 拍手!拍手!|Tech Crunch





フィンランドで、ブロードバンドへのアクセスが法律上の国民の権利として、認められたというニュース。







格差問題と言われる処々の問題の中で、最も大きな問題は、「情報格差」だと思う。情報へのアクセス環境を国民の権利として認めるというのは、理屈上正しい。でも、それを法制化してしまうフットワークの軽さは、550万人の小国ならではか。







シンガポールなんかもそうだけど、人口の少ない国は、個性的な経営というか政治を行っているケースが多くある。







そういう国々を見ると、少子化「問題」とは一体誰にとってのどんな問題なのだろうと考えてしまう。




Read More

ツイッター 140文字が世界を変える

早速読んだ。(ちなみに間違えて、2冊買ってしまった。。)





twitterについては、普段説明に四苦八苦しているのだけど、さすが端的に分かりやすくまとまっていて、素晴らしいな。この本でまたtwitterはすそ野が広がるかも知れない。




ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
クチコミを見る

Read More

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール

多分誰かのブログで知って買ったのだけど、誰のブログか忘れてしまった。。

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール (アスカビジネス)
著者:小倉 広
販売元:明日香出版社
発売日:2009-06-08
おすすめ度:
クチコミを見る






あとがきより。


20代は仕事人生の予選である。ここを勝ち抜かねば本線はない。20代のときに「こいつは骨のある奴だ」と思われなくては本戦を戦うチャンスはこない。しかし、予選でどれだけ大勝しても本戦には関係ない。あくまでも本戦である「30代をどう過ごすか」で、本当の意味での人生が決まるのだ、と思う。





もう33歳をとっくに超えて、でも30代を振り返るほどの年齢には達していないボクは本書のターゲットとしては微妙だし、「そうそう」とひざを打つのにはまだ早い気もする。でも、タイトルはちょっと軽い感じ(失礼!)で、読みやすい割に、内容はとても良かった。普段意識したい・意識している事が端的に書かれている。

Read More
コムニコ 2017年度 新卒採用サイトはこちら