羽田新路線就航記念企画

JALさんの羽田新路線就航記念企画。

Read More

就職サミット ~ドーして人は働くの?~

リクナビの「就職サミット」というスペシャルコンテンツの紹介。

Read More

上空4000mからダイブしてもキレてないか?

Youtubeにあがっている、シックのCM。久しぶりにうちがお手伝いしているキャンペーン紹介。

Read More

ニード・フォー・スピード シフト(NFSS)のニコ動プロモーションが面白い

また弊社もお手伝いした案件の紹介。



EAさんのXboxとPS3・PSP向けレーシングゲーム「ニード・フォー・スピード・シフト」がニコニコ動画上で展開してます。












ネタばれになってしまうので、詳しく説明しません。ただ、普通のレーシングゲームと比べて、(いい意味で)暴力的なスピード感が体感できる内容になっています。



ぜひお試しを!

Read More

会議中でもtwitterでユーザーの意見を聞くゲーム会社

最近よく言うのだけど、もの作りの会社は開発段階から現場の人がtwitterで情報発信したり、ユーザーの声を聞いたりすれば、リリースへの期待感も高まるし、製品に対する思い入れも出来るので、素敵だろうなと思っている。







これはInfinity Wardというゲーム会社がまさにそんな取り組みをしているという話。デザイン会議中に何かについて議論が生まれると、twitterで同じ内容をユーザーに投げかけたりしてたらしい。



How a game developer uses Twitter for customer feedback


"Do we think will player like this?" Well, why don't we ask 60,000 of them

「プレーヤーは本当にこれを気にいるか?よし60,000人のユーザーに聞いてみよう」





"The average gamer is so much closer to the people who make the games than they ever were before"

「一般的なゲーム好きな人は、昔よりずっと、ゲームの制作者と近い」









素敵だなと思う。

Read More

電波少年的懸賞生活2009

第2日本テレビさんの「電波少年的懸賞生活2009」ついに完結。毎度ながらお手伝いさせてもらっています。

Read More

1本満足便の記者会見に行ってきた

アサヒフードアンドヘルスケアさん(すいません会社名間違えいたので修正しました)に招待いただいて、1本満足急便(配)の記者会見に行ってきた。







1本満足便(配)は、ネプチューンの堀内健さんが社長を務める架空の会社。TIMのゴルゴさん、レッドさんも重役を務めているそう。



↓イベントの様子








ホリケンの暴走を生で見れて、イベントも楽しかったのだけど、サイトを見るともっと興味深い。








このサイト上で申し込みをすると、なんと本当にお笑い芸人が1本満足を会社まで

届けてくれるらしい。







知り合いの社長のブログを見ていたら、実際に申し込んだ様子が載ってた。



1本満足便|虎ノ門で働く社長のblog

Read More

寝るな。目を覚ませ。凍死するぞ。

さとなおさんのブログ記事は、いろんな意味でとても大事な指摘だと思った。



一部(といっても結構長めにw)抜粋させていただきます。


講義の中で「ブログやってる人、手を挙げて下さい」とか聞いたりすると、たった5%くらいだったりする。「じゃ、Twitterやってる人は?」と聞くとまぁだいたい0.1%くらい。Facebookはゼロ。ミクシイでなんとか10%程度。

まぁそういう現状に毎回毎回ボクは絶句するわけなんだけど、そういう人たちと、当たり前のように使ってる人たちとでは、日々、毎秒ごとに差が開いていることを知るべきだ。ソーシャル・メディアを使いこなせずにこれからのコミュニケーションが出来ると思っているのなら転職した方がよい。ブログや TwitterやSNSで日々発信してつながっている生活者(数千万人)の空気感や肌感がわからなくて、どうやって彼らとコミュニケーションするおつもり?




Read More

広告系総会2009夏

もうだいぶ時間があいてしまったけど、広告系総会に参加してきました。







何ともう4回目!(ちなみに第1回目から、皆勤賞ですw)







第1回目は、かなりのアウェーを覚悟して、どきどきしながら参加したのだけど、4回目ともなるとかなりリラックス。







特にインタラクティブ領域の第一線で活躍されている人々がひとつ所に集まるこういう機会は本当に貴重。ボクらのような小さなベンチャーにとっては、沢山の出会いと勉強の機会が与えられるこういう会は本当に貴重。







皆モチベーションが高いし、本当に刺激的。しかも雰囲気がオープンで決して限られた身内の集まり的な感じじゃないのがすごい。







タカヒロさん、広告会議さん、いつもありがとうございます!

Read More

ブログパーツ

最近、広告関連のブログパーツってめっきり減ってきた感じがする。







このブログパーツ話題になったよね!っていう話をほとんど聞かない。







まだブログパーツの話が多かった頃から、違和感があったのだが、ブログパーツに対する期待値の設定が違うんじゃないかと思うことが多かった。







その最たるものが、ブログパーツを配るとサイトのアクセスが増えるという期待を持つケース。







もちろん、ブログパーツ経由でのアクセス増はないことはないし、設計によっては、バナーなどよりも効率の高いCPAが出るかもしれないのだけど、基本的にアクセス増をメインの目的でブログパーツを作っちゃうと、残念な結果になることが多いと思う。







やたら安くブログパーツを作る製作会社がたくさんがいて、彼らのセールストークが「アクセス増えますよ」であるケースもあるようだ。仮にアクセス増が目的だとしても、ブログパーツがアクセスを増やすのではなく、ブログパーツに載せるアイデアがアクセスを増やすはずなのに。納品したら勝ちと思っている業者がいるのではないか?と勘ぐってしまう。







そうして、間違った期待値を持って、おかねを遣って、「思ったほど効果なかったね」となってしまっているのが現状な気がする。







ブログパーツというのは、外部のドメインで何かしらのコミュニケーションを発生させることができるツールであることが本質で、そこには必ずしもランディングサイトが無くても良い場合だってあるとさえ思う。







ブログパーツに限らず、ソーシャルメディアの発達とそれぞれのソーシャルメディアの連携により、自社のドメインにユーザーがいなくても、ユーザーとコミュニケーションのとれる手段は今後も増えてくる。







そんな時代に、KPIを自社サイトへのアクセスに限定してしまうのはいかにも勿体ないと思うのだけど。







話がタイトルからそれてきたが、そんな視点で見た場合、ブログパーツってまだまだアリだと思っている。

Read More
コムニコ 2017年度 新卒採用サイトはこちら