<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

企業×YouTuberでプロモーションする4つのパターン!

知っておきたい!企業×YouTuberでプロモーションする4つのパターン!

国内、海外において影響力のあるYouTubeクリエイター=YouTuberが注目されていることを紹介しました。インターネット上で固定ファンを獲得し、自分たちでコンテンツを配信し続けるのがYouTuberと呼ばれる人たちです。

彼らが主にYouTubeの収益プログラムによる広告再生回数に応じて収益を得ていることを紹介しましたが、YouTuberの収益はそれだけでなくなってきています。それが今回紹介する、企業によるYouTuberのプロモーション活用です。

YouTuberを企業プロモーションに使うメリット

なぜ、YouTuberを企業のプロモーションに活用するのでしょうか。理由は、それぞれのYouTuberが持つ膨大な数のファンです。ファンとは、YouTuberのチャンネルを購読し、頻繁にアップロードされる彼らの動画を楽しみに見る人達です。

特に若い世代でのテレビ視聴率が下がる中、YouTuberと企業がコラボすることで従来の方法ではリーチしにくくなった層に、企業はメッセージを届けることができる、さらに話題にしてもらうきかっけを作れると期待されています。

積極的にYouTuberを活用している企業としてパナソニックがあります。パナソニックでは、すでに複数の商品をYouTuberに「いじってもらう」というテーマで、コンテンツを用意しています。

YouTuberコラボの動画のパターン

過去にYouTuberとコラボした例をパターンごとに紹介します。

1. 王道:使ってみた・いじってみた

定番ともいえるのが、YouTuberに製品やサービスを実際に使ってもらい、その様子やレビューを動画でレポートするタイプです。

レオパレスではYouTuberがレオパレスの部屋を紹介するようなコンテンツをシリーズで作成しています。

またゲームの実況動画はYouTubeの定番コンテンツですが、Battlefield Hardline というゲームでは著名なYouTuberたちに新作のデモ版のプレイ動画をアップしてもらっています。現在、Battlefield Hardlineで検索すると、人気YouTuberによるこれから発売されるゲームのプレイ動画が表示されるようになっています。

2. YouTuberがプロモーション動画を作る

YouTuberにプロモーション動画を作成してもらうタイプです。YouTuber独特の表現や感性がこれまでの企業広告にはない味を出しています。

アニメやビジュアルエフェクトによる作品を投稿しているABTVnetworkさんは、たくさんの企業のプロモーション動画を制作しています。

3. YouTuberをイベントに招待する

YouTuberをオフラインのイベントに招待して、その様子を動画やTwitterなどで実況してもらうというタイプのプロモーションもあります。

2013年MTVのビデオミュージックアワードでは、YouTuberを始め、その他のソーシャルメディアで人気の若者を招待してパーティの様子の撮影やセレブへのインタビューをしてもらいました。

これはそのうちの1本で10代に人気の Anthony Quintal 君がイベントの様子やその時の感想を話す動画は、50万回以上再生されています。

4. コンテストを開催する

YouTuberだけでなく、そのファンも取り込んでコンテストを開催した事例もあります。メイクアップ動画で人気のYouTuber、Blair Fowlerさんは、L’Orealのマスカラの大ファンでした。そこで、L’Orealは彼女を通して、コンテストの開催を呼びかけました。内容は、マスカラに関する思い出などを動画で投稿するというもので、勝者はL’OrealのYouTube広告などに出演できるというものでした。

YouTuberを起用することで、より身近に感じられ動画を投稿しやすくしました。さらに優秀者に贈られるYouTube広告出演権は、彼女にあこがれる女の子たちが自分も未来のYouTuberになれる可能性があると感じさせるものでした。

YouTuberとのコラボの難しさ

さて4つのパターンを紹介しましたが、実際に企業がYouTuberとコラボした動画を作成するときには、戦略的に実践しないと失敗する可能性が高くなります。

1. 自社のターゲットとする層に人気のYouTuberは誰か

一口にYouTuberといっても芸風もファン層も様々。自社のターゲットとする層に響くコンテンツを配信できるYouTuberが誰なのかを見極めなければなりません。

2. 制作してもらいたいコンテンツとYouTuberが作りたいコンテンツのすり合わせ

企業が「こういう動画を作りたい」という思いが強すぎるままYouTuberに動画を制作してもらうと、単に自社のプロモーション動画の制作をYouTuberに依頼しただけになってしまいます。

自社の思いとYouTuberの個性のバランスを調整しながら動画を制作しないと、企業もYouTuberも不満の残る作品になってしまうことがあります。

3. 公開した動画をどうやって広めていくか

YouTuberのファンに見てもらうことはできるかもしれませんが、さらに多くの人に見てもらいたい場合、話題にしてもらうための戦略が必要です。せっかく費用をかけて制作したのにほとんど見てもらえないということになってしまいます。

またYouTuberのチャンネルではなく、自社のチャンネルで公開した場合、YouTuberのファンに気づいてもらえず、想定よりも試聴回数が伸びなかったということもあります。少しでも多くの人に視聴してもらうためには、メディアに取り上げてもらうなどの施策が必要です。

コムニコでは、企業とYouTuberを結ぶ新しい動画広告サービス「YouTuberコラボパック」の提供を開始しました!こうした企業の課題を踏まえたうえで、最適なYouTuberとコラボレーションして動画の制作をいたしますので、ぜひご相談ください!

New Call-to-action

深谷 歩

Posts by 深谷 歩

株式会社深谷歩事務所代表取締役。ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、講演活動、動画制作も行う。またフェレット用品を扱うオンラインショップ「Ferretoys」も運営。

著書
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さなお店のLINE@集客・販促ガイド』(翔泳社)
SNS活用→集客のオキテ』(ソシム)
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド』(翔泳社)