Google+ページの開設・作成方法のまとめ

Google+ページを開設・作成するための方法まとめ

Google+ページとは、ローカルビジネスやブランドなどが情報を発信できるページです。今回はGoogle+ページについて取り上げましょう。Google+ページとWebサイトを連携すると、Googleでの検索が表示されやすくなるといったメリットがあります。

Google+ページを理解する:フォローとサークル

Google+ページは、ユーザーに「フォロー」されると、そのユーザーのGoogle+のフィードに情報が配信されるようになります。フォローするとき、ユーザーは任意の「サークル」にフォローしているページやユーザーを追加できます。

ここで、Google+の「サークル」の概念を正しく理解しておきましょう。サークルとは、フォローしている人たちの投稿をカテゴライズするための概念です。このサークルの機能があることで、Google+からの情報が整理されて表示できるようになります。

サークルはユーザーが自由に作成でき、作成したサークルにユーザーやページを追加することができます。例えば、「レストラン」というサークルを作成して、複数のお気に入りのレストランを追加しておけば、そのサークルの情報を見ると、各店舗の最新情報を受け取ることができます。

Google+ではフォローしたユーザー/ページをサークルに分類できる

Google+ページを理解する:ハングアウト

Google+ページでは、動画「ハングアウト」を公開して、複数人で動画チャットを開催したり、イベントをオンラインで開催することもできます。特定のメンバーのみを招待したり、非公開で実施することもできます。オンラインでのイベントを検討している方は、積極的にGoogle+ページを活用して、ハングアウトを活用してみましょう。ハングアウトはライブでもできますし、録画したものを公開することもできます。

ライブハングアウトの例

Google+ページの作成を始める

では、Google+ページの始め方について解説しましょう。Google+ページを作成するには、Googleアカウントが必須ですので、あらかじめGoogle+アカウントを取得しておいてください。

Google+ページの管理は、Googleマイビジネスというダッシュボードを経由して管理できます。Googleマイビジネスは、Google マップやGoogle+ページなどに表示される情報を一元管理できる他、投稿の表示回数などを確認できるインサイト機能も用意されています。

Google+ページを作成するには、Googleにログインした状態で以下のページにアクセスします。

Google+ページの新規作成

Google+ページの種類

Google+ページには大きく分けると、2種類用意されています。

Google+ページの種類

ローカルビジネスのページ

ローカルビジネスは、実店舗型(レストラン、小売店、ホテルなど)と非店舗型(エリア限定のサービスで、店舗なしでサービスを提供するもの。配管工事、宅配ピザなど)の二種類があります。

ブランド、組織、アーティストのページ

ブランド、製品、組織などのページが作成できます。今回はこちらのタイプのGoogle+ページ作成ステップを紹介します。

Google+ページを作成する

「ページ名」「ウェブサイト」「ページの種類」を入力し、利用規約を確認し「ページを作成」をクリックします。これで、Google+ページの作成は完了です。簡単ですね。

Google+ページを作成する

Google+ページのプロフィールを整える

作成したページが表示されるのでガイドにしたがって、プロフィール写真、カバー写真、連絡先情報、ページの紹介、連絡先情報、キャッチフレーズを設定します。

作成直後のGoogle+ページ

プロフィール情報を登録すると、最後にWebサイトの確認が求められます。Google+ページを作成するときに入力したWebサイトにコードを貼り付けることで、WebサイトとGoogle+ページが関連付けられます。
※ただし、手順通り進めても、関連づけに時間がかかることもあります。

Webサイトの認証

ページが完成しました。他の人がアクセスした時の表示などを確認できます。

完成したGoogle+ページ

ページが完成したら、Webサイトなどに設置できるGoogle+ページのバッジのコードを取得できます。Google+ページの情報を多くの人に届けるためには、フォローしてもらい適切なサークルに追加してもらう必要があるので、Webサイトなどに設置してGoogle+ページの告知をしましょう。

Google+のバッジは、こちらより取得できます。

Google+ページのバッジを設置しよう

YouTubeと連携させる

すでにYouTubeチャンネルを持っている場合、Google+ページと連携することになります。YouTubeについては、以下の記事をご覧ください。

企業のYouTubeチャンネルの開設・作成方法のまとめ

投稿はページまたはマイビジネスから行う

Google+ページヘの投稿は、ページからも行えますし、マイビジネスからも行えます。メニューから切り替えられます。

メニューからマイビジネスにアクセスできる

投稿の種類は以下の通りです。

  • テキスト
  • フォト
  • リンク
  • 動画
  • イベント

投稿を作成する

ハングアウトのライブを行う時は、「イベント」で告知をするとよいでしょう。

インサイトを見る

Google+ページのインサイトをGoogleマイビジネスから確認できます。

インサイトを確認できる

ページの表示回数のほか、投稿への反応やユーザー層を確認できます。

まとめ:Google+ページにはチャンスがある!?

Facebook離れが一部でささやかれるなか、Google+は月間アクティブユーザーが3億人を超えるなど、利用者が安定しています。とはいっても、Googleのアカウントと連携しているため、それ以外のGoogleのサービスの利用者数も含まれているため、純粋なGoogle+のユーザー数はもっと少ないのではないかと考えられます。

しかし、UIが変わり使いやすくなっていることは確かです。ページを作成し、バッジなどで告知をして、ユーザーを集めてみて、反応を見ながら効果がありそうなら、ぜひ積極的な情報発信をすることで、Google上でのプレゼンスを強められる可能性があります。

この他にもマーケティング担当者であれば、知っておきたいGoogle+のユーザ数などの情報をeBookで公開しておりますので、あわせてご覧ください!

New Call-to-Action

深谷 歩

Posts by 深谷 歩

株式会社深谷歩事務所代表取締役。ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、講演活動、動画制作も行う。またフェレット用品を扱うオンラインショップ「Ferretoys」も運営。

著書
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さなお店のLINE@集客・販促ガイド』(翔泳社)
SNS活用→集客のオキテ』(ソシム)
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド』(翔泳社)