<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【検証!】2016年4月、企業のソーシャルメディアにおける投稿数と頻度の変遷

【検証!】2016年4月、企業のソーシャルメディアにおける投稿数と頻度の変遷

こんにちは!コムニコの北村です。5月もあっという間に終わりが近づき、ゴールデンウィークは遥か昔のことのように思えます。今年はシルバーウィークが無く、しかも次回はなんと2026年だということをつい最近知りました。なんということでしょう。

さて。10年後の話をする前に、今年の4月の話をしようと思います。4月といえば、多くの方が新しい生活を迎えられたことと思います。もちろん僕もその一人です。待ち望んでいたコムニコへの入社、入社してすぐ与えられたWelcomeプレゼンの課題、今年度のキックオフでやらせていただいた出し物など、4月という月は光のように過ぎ去っていきました。

4月といえば、エイプリルフール!

企業がソーシャルメディアで情報を発信するにあたり、4月には“エイプリルフール”という、うってつけのイベントがありますよね。今年も様々な企業がユニークな投稿をしていたのが思い出されます。たとえば…

コカ・コーラ

コカ・コーラは、「単三」と「炭酸」をかけて、新しい電池の発売を発表しました。「炭酸で発電」できるなんて、めっちゃエコですよね。これが実現したら世の中のエネルギー問題が全部解決しそう。

アサヒビール ASAHIBEER

ドリームキャストをご存知でしょうか。NINTENDO64、PlayStation2などと同時期に発売された、セガの家庭用ゲーム機です。ドリームキャストを懐かしむ人や、セガ公式アカウント(@SEGA_OFFICIAL)からリプライが来たりと、非常に盛り上がったようです。

ここで私は、ある“疑問”にぶつかりました

4月の大きなイベントといえばエイプリルフールですが、それ以外で盛り上がりそうなネタって何なんだろう…
そもそも、1日のうち企業が最も投稿している時間帯っていつなんだろう…、曜日別の投稿の頻度はどうなっているんだろう…

ということで今回は、企業のFacebookページにおける2016年4月の投稿数とエンゲージメント率の変遷をお届け致します!!!

さあ、ここからが本題です

この疑問を解決すべく、まずソーシャルメディアを利用している割合が比較的多い「食品・飲料」業界で、ファン数が10万~50万人規模のFacebookページの2016年4月における総投稿本数と、各投稿の平均エンゲージメント率を算出しました。

4月の投稿数と平均エンゲージメント率(時間帯ごと)

総投稿本数

  • 第1位:17時
  • 第2位:11時
  • 第3位:6時

深夜1時~早朝5時、夜21時~23時の間はどの企業もほとんど投稿していません。また、深夜0時の投稿は、4月1日のエイプリルフールネタが多くを占めました。もしかすると、他の月では0時の投稿も少ないかもしれません。

平均エンゲージメント率

  • 第1位:6時
  • 第2位:19時
  • 第3位:18時

このエンゲージメント率は調査を行ったタイミングでのいいね、コメントなどの反応総数から割り出しているため、ユーザーがどの時間帯に反応しているのかまでは算出できませんが、朝6時のエンゲージメント率が少し高くなっているのは興味深い結果になりました。

また、企業の投稿が最も多いのが17時に対し、エンゲージメント率が高かったのが18時から19時にかけてというのは、学校や仕事が終わる時間ということが考えられるため、ある程度納得がいく結果かなと思います。

4月の投稿数と平均エンゲージメント率

総投稿本数

  • 第1位:金曜日
  • 第2位:火曜日
  • 第3位:水曜日、木曜日

今年のエイプリルフールは金曜日だったわりに、投稿数はそこまで伸びていませんでした。微々たる差はあるものの、多くの企業が平日はほぼ毎日平均的に投稿を行っているようです。月曜日の投稿数が少ないのは、何か理由があるのでしょうか…

平均エンゲージメント率

  • 第1位:火曜日
  • 第2位:月曜日
  • 第3位:木曜日

一見盛り上がっていそうなイメージのあるエイプリルフールですが、統計で比較してみると、意エンゲージメント率はそれほど高いわけではなさそうです。他の月と比較検証する必要がありますが、今回は平日の中で金曜日のエンゲージメント率が0.2ポイントほどとなりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。こうして改めて数字から傾向を追ってみると、新たな方向性が見えてくるような気がしますよね。今後も引き続き様々な調査を行って参りますので、お楽しみに!

もし「○○について調べてほしい!」というご意見・ご要望などございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせくださいませ!

投稿のネタはあらゆるところに眠っています

弊社が提供している『コムニコ マーケティングスイート』では、「この日何の日カレンダー」というコンテンツをExcel形式でダウンロードすることができます。

コムニコマーケティングスイートこの日何の日カレンダー

ソーシャルメディアを運営していく上で大変なのは、コンテンツを考えること以外にも、競合他社の投稿や自社アカウントの立ち位置など、分析しなければいけないことはたくさんあるかと思います。しかし、各企業の各ブランドのページを行ったり来たり、数字をExcelで地道に計算…そんな手間はかけていられない!

そんな悩みを解決するのが、弊社ツール『POST365』(ポストサンロクゴ)。

『POST365』とは、国内主要1,000ブランドのソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Instagram)の投稿・アカウントを分析するためのクラウドツールです。業界別、アカウント別、ハッシュタグ別、投稿タグ別など、投稿の目的に応じた情報を取得できますので、日々のコンテンツ作成や戦略の立案にご活用いただけます。

実は、上記したデータは全てPOST365を使って算出しています

今回取り上げた「2016年4月における総投稿本数と、各投稿の平均エンゲージメント率も、この『POST365』から出力した数字をもとにグラフを作成しています。もちろんエイプリルフールのコカ・コーラやアサヒビールの投稿も、『POST365』で調べた中から反応が高い投稿ピックアップしました。

株式会社コムニコではSNS運用の初期構築から、運用支援、SNSの広告運用やセミナーまで、約1,000アカウントの運用実績で培ったコンサルティング力でSNSマーケティングをサポートしています。SNSアカウントの運用でお困りの際はお気軽にお問合せください。

WLS_Services