<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
深谷 歩

Posts by 深谷 歩

投稿事例から探る!人気アカウントのSNS使い分け術

複数のSNSアカウントを運営している方にとって、SNSごとに投稿を作成するべきか、それとも同一の原稿でよいのか、悩むことはありませんか?

Read More...

東急ハンズの中の人が教える、Twitter運営の10か条とは?−SNSマーケティングセミナーレポート

「東急ハンズに学ぶ、SNS活用のポイント」と題したセミナーが2016年10月25日にコムニコ本社にて開催されました。登壇したのは、2009年から東急ハンズのTwitter公式アカウントの「中の人」として運用を担当する株式会社東急ハンズ 営業企画部 営業企画課 本田浩一氏。今回はセミナーの内容をお伝えします。

東急ハンズさんのソーシャルメディアアカウントの一覧は公式サイトにも網羅されているので、ぜひ記事を読む前にフォローしてみてくださいね!

Read More...

Instagramのビジネスプロフィールの使い方とインサイトの徹底解説!

Instagramは、ビジネスツール「ビジネスプロフィール」、「Instagramインサイト」、「Instagram広告」(アプリから広告を配信できる)を順次展開しています。

Read More...

ポケモンGOをビジネスに活かす!?アイデアを考えてみた

2016年7月22日に日本でリリースされて以来、街の風景をガラリと変えたポケモンGO。この週末はどっぷりはまっていたという方も多いのでは?日本ではマクドナルドが公式に開発元のNiantic社と提携して、店舗をポケストップ/ジムにしています。

さらに神戸市は、「ポケモンGO」とスマートフォンの進化に対する対応として、プロジェクトチームを発足しました。

マクドナルドのような公式の提携や神戸市のような取り組みは難しいとしても、他の企業、店舗がこのポケモンGOブームをマーケティングに活かすことはできるのではないでしょうか?いくつかのアイデアを考えてみました。

Read More...

企業のマーケティングに活用できるLINEサービスまとめ

世界の月間アクティブユーザが2億1,500万人となるLINE。2016年7月15日に日米同時株式上場を予定しています。上場時の想定時価総額は約6,000億円とも言われており、大型上場に注目が集まっています。

Read More...

FacebookやLINEのチャットボットが注目される理由と可能性とは?

Facebook、LINEを始め、チャットボットを採用するプラットフォームが相次いでいます。チャットボットがビジネスに与える影響を考えてみましょう。

Read More...

Tastemadeに学ぶ、ソーシャルメディアでみられる動画の作り方

FacebookやInstagramで気になるコンテンツに出会ったとき、そのスクロールを止めて画面をじっくり観る。そんな行動を促すコンテンツを「親指を止める(“thumb-stoppers”)」というそうです。そんなthumb-stoppersとして海外で今注目されているのが、料理動画サービスの「Tastemade」です。

Read More...

C CHANNELって何がすごいの?今知っておきたい基本とこれからの可能性

2015年3月にLINEの代表取締役社長を退任後、森川亮氏が新たに始めた動画配信プラットフォーム「C CHANNEL(シーチャンネル)」。わずか1年で様々な動画コンテンツを配信しています。

Read More...

Facebook F8の発表から見るこれからのFacebook

2016年4月12日、Facebookの発表会であるF8が開催されました。今回の発表は盛りだくさんでした。Facebookメッセンジャーベースのチャットボット、360度カメラによるバーチャル・リアリティ(VR)動画、開発者用キット(アカウントキット、アプリ版アナリティクス、新しいグラフAPIなど)、ライブ動画など、様々な分野での発表がありました。

この記事では、F8の発表でも注目を集めたFacebookメッセンジャーの可能性と、全ユーザに公開されたインスタント記事についてまとめます。

Read More...

ソーシャルメディアの投稿管理やチェックに最適!コンテンツカレンダーの作り方



こんにちは!コンテンツディレクターの山本でございます!

ソーシャルメディアを運営していく上で、覚えておきたいキーワードが「コンテンツマーケティング」です。すでにご存知の方もいるかと思いますが、改めて整理してみましょう。

Read More...