<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
  • スマホ対応!Facebookページのカバー写真(画像)のサイズと注意点

スマホ対応!Facebookページのカバー写真(画像)のサイズと注意点

Facebookページを運営している方であれば、気になるカバー画像のサイズ。公式のヘルプセンターにもあるように、PCとスマホ(以下SP)では表示されるサイズが異なることをご存知でしょうか?

カバー写真のお勧めサイズは、幅828 × 高さ315px

PCのサイズで画像いっぱいにクリエイティブを配置してしまうと、SPで表示した時に両サイドが切れて表示されます。逆に、SPに合わせると縦幅が切れて表示されることになります。

Facebookページのカバー写真のおすすめサイズと注意点

したがって、「PCとSPどちら見た時でも、画像が切れないようにクリエイティブを配置する」必要があります。そこでおすすめなのが、以下の方法です。

画像が切れないようにクリエイティブを配置するおすすめの方法

まとめると以下の通りです。

  • SPの比率で画像を作成。828×466pxで作成すると綺麗に表示されます。
  • ただし画像内のクリエイティブは、高さが315pxまで表示される。この範囲内におさめる。
  • 高さはドラッグで表示範囲を選択できる。

悩まれていた方は、ぜひ参考にしてくださいね!

Koichiro Motokado

Posts by Koichiro Motokado

2010年にコムニコに入社。大手企業を中心にSNSマーケティング支援。その後、同社のマーケティング部門を立ち上げWe Love Socialを創刊。専門誌への寄稿、書籍の編集協力、セミナー講師も務め、2016年、一般社団法人SNSエキスパート協会を設立。2018年3月、株式会社ハウズワーズを創業。

著書
基礎からわかるソーシャルメディアマーケティング
ファンを獲得!Facebook投稿ノウハウ」(翔泳社)

関連記事

コムニコはSNSマーケティングに関する全てのお悩み・ご相談に対応いたします
メルマガ会員募集中です!

    人気記事

    最新情報

    LINEに新機能登場!「ストーリー」で今をシェアしよう
    LINEに新機能登場!「ストーリー」で今をシェアしよう
    「Twitterの光と闇」をまとめてみた
    「Twitterの光と闇」をまとめてみた
    母の日のSNS人気投稿事例を紹介!
    母の日のSNS人気投稿事例を紹介!
    これは便利!無料で使えるSNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube)のエンゲージメントランキングを活用しよう
    エンゲージメントランキング