<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

YouTubeチャンネルの開設・作成方法のまとめ

youtube_re.png

国内、海外において影響力のあるYouTubeクリエイター=YouTuberが注目されていたり、企業によるYouTuberのプロモーション活用が徐々に盛んになってきています。こうした事例を見て、これから始めようとしている方も多いのではないでしょうか?しかし、いざ始めようとすると「何から始めたらよいかわからない。」というお悩みを抱えている方も多いと思います。そこで今回はこれからYouTubeを活用したコミュニケーションをはじめようとしている方向けに、YouTubeチャンネルを開設・作成するために必要なことを紹介します。

YouTubeに動画をアップロードするには、まずはチャンネルの設定が必要です。チャンネルとは、自分の動画をアップロード出来る場所で、他のユーザーは「チャンネル登録」することで、最新動画のアップデートなどの通知を受け取れるようになります。

今回はYouTubeチャンネルの開設方法について紹介します。

YouTubeチャンネルを作成する

YouTubeチャンネルは、YouTubeにログインして「マイチャンネル」をクリックすると作成できます。チャンネルは個人の名前またはビジネスとして作成できます。

YouTubeのチャンネルは、Googleのアカウントと密接に結びついています。すでにGoogleアカウントがある場合は、Googleアカウントにログインしている状態でYouTubeにアクセスします。そうすると右上にログインボタンがでるので、クリックし、Googleと連携させます。

スクリーンショット 2017-10-22 15.32.11.png

ビジネスとしてYouTube動画をアップロードする場合は、ビジネスとして新規にチャンネルを作成するか、個人名で作成し、ブランドアカウント設定ページでチャンネル名を会社名などに変更しビジネス専用として使用することができます。

スクリーンショット 2017-10-22 15.33.10.png

すでに個人のチャンネルを作っている場合、Googleページのチャンネルを作成しようとすると、個人のチャンネルをGoogleページに合わせて変更するか、新規にチャンネルを作成するか選択できます。個人のチャンネルを変更して利用する場合は、これまでにアップロードした動画やチャンネル登録者は引き継がれます。

スクリーンショット 2017-10-23 17.55.13.png

Googleアカウントと連携した場合、GoogleアカウントとYouTubeのチャンネルには同じアイコン、同じ名前が使われます。また、Google+も連携している場合には、YouTubeに公開した動画はGoogle+ページでも投稿されます。

01.jpg

チャンネルを設計する

作成したチャンネルの基本的な設定をしていきましょう。

アイコンを確認する

チャンネルのアイコンを確認しましょう。既存のGoogleアカウントやGoogle+と連携した場合はアイコンはすでに設定されています。このアイコンを変更するときは、画像の右上にでる鉛筆マークを押すとGoogleページのアイコン編集にとべるので、そこで変更することができます。

20171023_2_2.jpg

チャンネルアートとは、チャンネルのトップに表示される画像です。そのチャンネルを印象付けるような画像を設定しましょう。

チャンネルアートは、PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどYouTubeを閲覧できるデバイスすべてで表示されます。デバイスごとに表示される領域が異なるので、設定がやっかいです。以下は、YouTubeが公開しているチャンネルアートのサイズです。

Channel Art Template (Fireworks)

(YouTubeのチャンネルアートガイドラインよりダウンロード可能)

推奨サイズは、2560×1440ピクセルですが、PC版の表示幅が横長の2560×423ピクセルというサイズになっているのでデザインに注意しましょう。チャンネルアートは、チャンネル上部の 「チャンネル アートを追加」をクリックして、画像をアップロードします。

20171023_3.jpg

チャンネルの情報を登録する

次にチャンネルアートの右上をクリックして「リンクを編集」から、チャンネルの概要を設定します。

20171023_4.jpg

「チャンネルの説明」では、そのチャンネルの運営者、投稿画像の種類やタイプ、動画のストーリーなどを掲載しましょう。

スクリーンショット 2017-10-23 14.54.27.png

下にスクロールすると、Webサイトのリンクを設定できます。「追加」をクリックして、追加していきましょう。

スクリーンショット 2017-10-22 16.09.23.png

追加したリンクはチャンネルアートからリンクできるようになります

動画をアップロードする

右上の「アップロード」ボタンをクリックして動画をアップロードしてみましょう。

動画をアップロードすると、チャンネルの「動画」に追加されます。YouTubeの編集ツールを使って音楽をつけたり、動画を切り取ったりすることができます。

20171023_5_2 (3).jpg

2017-10-26_11h02_07.png

ここでタイトル、説明や公開範囲なども決めることができます。

アカウントのステータス確認と収益受け取り

チャンネルが登録できたら、アカウントの確認をします。アカウントの確認は、人間によるチャンネルの作成であることを証明するために、電話やSMSで認証コードを送信し、確認するものです。

プロフィールアイコンをクリックして表示されるメニューから「クリエイターツール」をクリックして、クリエイターツールの「ステータスと機能」をクリックします。「確認」をクリックして、画面にしたがい認証コードを受け取り、認証を行います。

20171023_6_1 (1).jpg

認証が完了すると、「収益受け取り」が有効化します。収益とは、自分がアップロードした動画の再生前や再生中に広告が表示されることで、表示回数に応じた広告収入を得ることです。収益を受け取るためには、Google AdsenseのアカウントとYouTubeアカウントを結びつける必要があります。

20171023_7_2.jpg

まとめ:チャンネルの設定の後は

チャンネルの基本設定ができたら、以降は動画の制作とアップロードをして動画の配信スタートです。動画の再生回数、チャンネル登録者数などは、YouTubeのアナリティクスから確認できます。数値を見ながら、動画制作を行いチャンネルを最適化していきましょう。さらにYouTubeチャンネルの管理についてはこちらでもまとめております。ご参考ください。

今回は概要と押さえておきたいポイントを中心に解説しましたので、より細かい情報は公式の「ヘルプ」ページなどを確認してみましょう。

最後に、Youtubeのユーザ数や他の動画共有サイトとの比較など基礎知識をまとめたビギナーズガイドがございます。Youtubeの活用事例などもありますので、ご興味のある方はぜひダウンロードください。

YouTubeビギナーズガイドのダウンロードページはこちら 

企業YouTubeチャンネルのエンゲージメントランキングも公開しております!ぜひ、ご参考にしてください。

最新のエンゲージメントランキングはこちら

深谷 歩

Posts by 深谷 歩

株式会社深谷歩事務所代表取締役。ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、講演活動、動画制作も行う。またフェレット用品を扱うオンラインショップ「Ferretoys」も運営。

著書
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さなお店のLINE@集客・販促ガイド』(翔泳社)
SNS活用→集客のオキテ』(ソシム)
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド』(翔泳社)