<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

企業のFacebookページを開設するために知っておくべきこと

Facebookページの開設時に知っておくべきこと

Facebookがマーケティングに本格的に活用されるようになった現在も、これから本格的に始めていきたい、という声も多く伺います。

今回は、改めて開設・作成したい方向けに、おさえておきたいポイントを紹介します。すでに開設されている方もおさらいできる内容になっておりますので、ぜひ本記事をご活用ください。

開設そのものはヘルプセンターの手順で進めていただくと比較的短時間で開設できますが、本記事では、開設前に知っておくべきことを中心に解説いたします。

なお、今回の記事はeBook「担当者のためのFacebookスタートアップガイド」の内容を噛み砕いて紹介していますので、あわせて御覧ください。

Facebookページを開設する前に知っておくべきこと

偽アカウントの開設は禁止

Facebookページを開設するためには、個人のアカウントを持つ必要があります。ただしFacebookの利用規約にもある通り、1人のユーザーが偽アカウント(ダミーアカウント)を開設することはできません。違反するとアカウントが停止される可能性がありますので注意が必要です。

Facebookページへのいいね!を参加条件にしたキャンペーンは禁止

Facebook上では、いいね!を参加条件にしたプレゼントキャンペーンなどは禁止されています。ガイドラインに違反せずに実施する方法は、こちらで解説しています。

ほかにもチェックしておきたいガイドラインのリンクを紹介します。

おさえておきたいFacebookガイドライン一覧

Facebookの公式ブログ・ニュースリリース

ニュースフィードの仕組みを理解する

Facebookの大きな特徴は、ニュースフィードの仕組みにあります。ヘルプセンターの文章を抜粋すると、以下のように記載されています。


ニュースフィードに表示される記事は、Facebookでのつながりとアクティビティの影響を受けます。これにより、最も多く交流している友達からの興味のある記事がより多く表示されます。投稿へのコメントと「いいね!」の数と記事の種類(写真、動画、近況アップデート)に応じて、ニュースフィードに表示される可能性が高くなります。

つまり、「Facebookは、ファン(企業ページにいいね!を押したユーザー)になってもらうだけでは、すべての投稿がそのファンに届くわけではない」ということなります。

投稿がファンに届くかどうかはFacebookのアルゴリズムにより決定されます。

Facebookのニュースフィードのアルゴリズム

Facebookはユーザーにとってその情報が有益かどうかを判断し、ニュースフィードに表示するかどうかを決めています。

Facebookのニュースフィードのアルゴリズム

こちらの図は、ニュースフィードに関する公式の発表「What’s New With News Feed」を参考に作成しています。
2017年4月に開催された F8 Developer conferenceのセッションの1つである Adam Mosseri氏のセッションを参考にするとFacebookのニュースフィードの表示は、大きく分けると次の4つの要素による「計算方法(アルゴリズム)」によるようです。

  • インベントリー:友達やFacebookページがどんな投稿をしたか?など
  • シグナル:誰が投稿したか?など
  • 予測:その投稿に反応するか?など
  • スコア:投稿との関連性など

こうした背景からも、Facebookページとして多くの人に見てもらうためには、いかにユーザーからの支持を得られるか、言い換えれば投稿へのコメントやいいね!、シェアなどの反応を得られるかが、リーチを高めるために必要な要素の一つであると言えるでしょう。

また、スパムや誤った情報、ヌード、ヘイトスピーチ、暴力的なコンテンツなどは表示が制限されます。当たり前のことではありますが、正しい情報・公的良俗に基づく内容を投稿するよう心がけましょう。

なお、ニュースフィードの仕組みは常にFacebookがアップデートしているので、公式の情報を定期的にチェックしておきましょう。

参考情報:News Feed FYI

まとめ:開設に必要な情報を事前に知っておこう!

開設までの流れや必要な項目についての概要を紹介してきました。他にも開設時に決めておきたい、「KPI、KGI」や「ガイドライン策定」、「運用フロー」等があります。

これらの内容はスタートアップガイドブックとして公開しておりますので、ぜひご活用ください!

新規CTA

Koichiro Motokado

Posts by Koichiro Motokado

2010年にコムニコに入社。大手企業を中心にSNSマーケティング支援。その後、同社のマーケティング部門を立ち上げWe Love Socialを創刊。専門誌への寄稿、書籍の編集協力、セミナー講師も務め、2016年、一般社団法人SNSエキスパート協会を設立。2018年3月、株式会社ハウズワーズを創業。

著書
基礎からわかるソーシャルメディアマーケティング
ファンを獲得!Facebook投稿ノウハウ」(翔泳社)

関連記事