<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【2016年版】Instagramの企業アカウント開設方法まとめ

2016年版:Instagramのアカウント開設方法

Instagramのユーザー数が増え、現在では日本でも1万社を超える企業が運用を行うようになりました。企業のInstagram運用の参考事例や運用方法は別の記事で度々紹介していますが、今回は基本となるInstagramアカウントの開設方法をご紹介いたします!

アカウントを登録する

Instagramはスマートフォン専用のアプリなので、まず端末にアプリをダウンロードしておきます。Instagramでは、Twitterと同様に、個人のアカウントと企業のアカウントで違いはないため、アカウント登録手順は個人の場合と同様です。

1.Instagramを開いてアカウントを登録する

すでに個人でアカウントを登録している場合は、新たにアカウントを作成する必要があります。ログアウトすると、アカウント登録画面が表示されます。アカウント登録は、メールアドレスまたはFacebook個人アカウントと連動させて作成できます。ひとつのアカウントにひとつのメールアドレスの登録が必要になります。ビジネスでアカウントを作る場合は、個人のFacebookとは切り離して運用するほうがよいので、メールアドレスから登録しましょう。

S__18382850.jpg

メールアドレスで登録すると、次にユーザーネームとパスワードの登録を行うことができます。ユーザーネームはビジネスの名前を想起しやすく、シンプルなものが良いでしょう。 次に氏名と電話番号を任意で登録します。社名、ブランド名、代表電話などを登録します。

フォローする友達を追加する画面が表示されますがここはスキップしてかまいません。

Instagramフォローするユーザー

これでアカウントの登録は完了です。

2.プロフィールを設定する

右下のプロフィールボタンをタップして、「プロフィールを編集する」からプロフィール写真、自己紹介、自社サイトのリンクなどを登録します。公式であることがわかるように、きちんと情報を入力しましょう。

S__18382852.jpg

Instagramでは投稿の際、キャプションにURLを記載してもリンクは機能せず、URLが有効となるのはこのプロフィール欄のみとなります。こちらには企業サイトのURLなどを載せるようにしましょう。プロフィールが長すぎてしまうとアカウントが雑多に見えてしまいます。さらにスマートフォンで見たときにファーストビューで見える写真一覧が少なくなってしまうので、ユーザーの第一印象にも大きく影響します。URLは極力短くするほか、プロフィール欄は必要項目を簡潔に記載することが望ましいです。
プロフィール画像・投稿画像のサイズについてはこちら

3.Facebook、Twitterと連携させる

プロフィール設定画面の右上の歯車アイコンをタップして、オプションのシェア設定から、その他のソーシャルメディアと連携させます。 iOSの場合Facebookで、Facebookページの管理権限のあるアカウントで連携すると、Facebookページと連携することができます。Facebookを選択すると、シェア先をデフォルトのページから変えることもできます。自分の管理しているページ一覧が表示されるので、連携したいページを選択します。ここで他のページを選択しないよう注意が必要です。

S__18382853.jpg

アカウントを連携すると、Instagramで投稿したときに、Facebookでも投稿するかどうかを選択できるようになります。 また、連携したFacebookページに「いいね!」しているユーザーが、InstagramでFacebook連携をした場合、Facebookの友達として、Instagramのアカウントが表示されるのでフォローされやすくなります。

S__18382855.jpg

4.投稿を開始

すてきな写真や動画をアップしてみましょう。現在はPCからの投稿はできないので、投稿の際はスマートフォンアプリからのログインが必須となります。投稿するときに、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアをオンにすると、連動して投稿できます。 

S__18382854.jpg

タグ付け機能を使って、写真の被写体と関連のある自社のブランドアカウントなどをタグ付けしてもよいでしょう。位置情報は、写真を撮影した場所を強調したい際に使います。

Instagramの認証バッジについて

Instagramでは2014年の12月から、芸能人、著名人、人気ブランドなどのアカウントに、SPAM対策として本物であることを証明する認証バッジをつけるようになりました。認証バッジは、以下の画面にもあるように青のチェックマークです。

Instagramの認証バッジのついたアカウントの例

現在、認証バッジはInstagramが必要と判断し、本物と確認できたものに対してつけています。自分のアカウントに認証バッジをリクエストすることはできません。 認証バッジがなくても、本物であることをわかりやすくするためには、プロフィールに公式WebサイトのURLを登録し、Facebookページ、Twitterの公式アカウントと連携して、本物であることを示すようにしましょう。

Instagramのアカウントを消去する場合

社内で別の人がすでにアカウントを登録していた、というような場合、不要なアカウントを削除します。 Instagramのアカウントは、PC版のInstagramにログインする必要があります。ログイン後、こちらにアクセスすると、アカウント削除を選択することができます。またアカウントの利用を一時的に停止させることも可能です。

Screenshot_4.png

まとめ:Instagramを活用しよう

Instagramでは、FacebookやTwitter以上にビジュアルからの訴求が可能です。公式アカウントとして、Instagramを運用することで新たなファンを獲得してみましょう。また、以下のeBookでは海外のビジネス活用方法や、月間ユーザー数等の情報をまとめて公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。

海外事例に学ぶ Instagram ビジネス活用術

Reina Matsuda

Posts by Reina Matsuda

コムニコ2年目のアカウントマネージャーです! 動物占いはコアラでした。旅が好きです。楽しく記事を書きたいと思います!