<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Facebookページのスポットや地図情報を編集・修正する方法

eyecatch

企業や店舗のFacebookページを運営している人の中には、地図や住所などのスポット情報を公開している方もいらっしゃるかと思います。

しかし、まれに実際の場所とは違う地図情報が表示されているページを見かけることがあります。この状態でファンやユーザーがチェックインしてくれても、正しい位置情報や店舗情報がシェアされないことになってしまいます。

そこで今回は、Facebookページのスポットや地図情報を編集・修正する方法を紹介します。

地図を表示できるページカテゴリに設定する

公式のヘルプセンターにある通り、Facebookページに情報を追加するためには、ページのカテゴリが企業・団体またはローカルビジネスである必要があります。変更に回数制限はないので、地図情報を表示したい方は試してみましょう。

ご参考:Facebookページに住所を追加するにはどうすればよいですか。

地図の位置を修正する

住所を登録した後は、スポットアイコンが正しい位置にあるかチェックしましょう。

都道府県が違うなど、アイコンが意図しない場所にある、といったことがまれにあります。もしアイコンが違う位置にある場合は、以下の手順で修正できます。

  1. Facebookページの「基本データ」→「ページ情報」→「住所」の欄にカーソルを合わせ「編集」をクリック
  2. ピンク色のスポットアイコンをドラッグ&ドロップで調整し「変更を保存」で完了

通常は上記の手順で完了できますが、スポットアイコンと実際の位置が離れすぎている場合は、以下の画面が表示されて、修正が出来ないというトラップがあります。

.JPG

その場合は、チェックイン情報を削除して、再度住所を入力するという方法で解決できます。削除しても、正しい情報を入力しなおせば、過去のチェックイン数などのデータは引き継がれますので、チェックイン数が0になる...ということはありません。フローは下記のとおりです。

  1. 住所の項目をすべて空欄にして、「変更を保存」
  2. もう一度住所の「編集」をクリック
  3. 以下の画面が表示されるので、黄色枠内の「このスポットを削除」をクリック

2

再び住所を入力しましょう。ポイントは「市区町村」の欄に入力する際に、以下のようにプルダウンで表示される候補を活用することです。これを使うと地図が大きくずれることが少ない傾向にあるようです。

comnico.inc

多少ずれていても最初のステップ(ドラッグ&ドロップで調整)で調整可能です。以下のように無事調整ができました。

.JPG-1

もし地図の位置が修正できずにお悩みの方は、こちらの方法で試してみてください!

New Call-to-action

Koichiro Motokado

Posts by Koichiro Motokado

「We Love Social」の編集長。コムニコの戦略策定から各施策の企画・実施までコムニコのマーケティング活動全般を担当しています。

著書
基礎からわかるソーシャルメディアマーケティング
ファンを獲得!Facebook投稿ノウハウ」(翔泳社)