Twitterアナリティクスの使い方を徹底解説!

Twitterアナリティクスの使い方を徹底解説!

Twitterの公式アナリティクスがリリースされてから、早や1年2ヶ月。最初にリリースされた時から、画面やデータの見方などが変更になったので、改めてTwitterアナリティクスについてまとめました。

Twitterアナリティクスのデータを見て、ツイートの効果分析をして反応のよいツイートの傾向をつかむことで、よりユーザーに届きエンゲージメントが獲得できるようになります。ツイートする時間帯、投稿の内容などによってどのような違いがあるか、検証しながら運用するといいでしょう。

Twitterアナリティクスへのアクセス

Twitterアナリティクスは、Twitterのアカウントを持っていれば、誰でも利用できます。Twitterアナリティクスで確認できるのは、自分のアカウントの運用状態で、他の人のアナリティクスを閲覧することはできません。

Twitterアナリティクスは、PCのTwitter画面からアイコンをクリックして表示されるメニューから「アナリティクス」をクリックします。



またはアカウントにログインした状態で以下のURLにアクセスします。

https://analytics.twitter.com

スマートフォンアプリからは、アナリティクスは利用できません。

ホーム

ホーム画面では、直近のTwitterでの活動、月ごとのTwitterでの活動を確認できます。

過去28日間でのパフォーマンスの変動

直近28日のツイート、ツイートインプレッション、プロフィールへのアクセス、@ツイート、フォロワー、関連するツイートが表示されます。関連するツイートというのは、推測ですが「Twitterカード」のツイートなのかと思われます。他の数字は表記の通りです。

月ごとのツイート

トップツイート(最もインプレッションを獲得したツイート)、トップの@ツイート(エンゲージメントが高かった他のユーザーからの@ツイート)、トップフォロワー(その月にフォローされたユーザーのうち最もフォロワーが多いユーザー)、トップのメディアツイート(画像/動画付きツイート)が確認できます。また「月の概要」として、ツイートインプレッション、新しいフォロワー数などが確認できます。

ツイートアクティビティ

「ツイート」をクリックすると、ツイートアクティビティが表示されます。トップに日別の獲得インプレッションとツイート数のグラフが表示されます。「オーガニックインプレッション」は、ツイートやRTなどによって自然にツイートを見た人の数、「プロモインプレッション」は、広告によって獲得したインプレッション、ツイートはその日のツイート数です。

その下には、ツイートごとのインプレッション、エンゲージメント、エンゲージメント率が一覧表示されます。全ツイート一覧、トップツイート、ツイートと返信、プロモーションで表示を切り替えられます。

ツイートごとに「View Tweet activity」をクリックすると、そのツイートの反応の詳細を確認できます。

右側には28日間の日毎のエンゲージメント数が表示されます。

なお「エンゲージメントの高いツイートをソートして、傾向を分析したい」「リンククリック率の高いツイートを知りたい」というときは、CSVファイルをダウンロードするとよいでしょう。右上の「データをエクスポート」をクリックすると、CSVファイルをダウンロードできます。CSVファイルには、ツイートごとのローデータが入っているので、ソートしたり、傾向を分析したり、比較したり簡単にできます。

オーディエンス

オーディエンスでは、フォロワー、すべてのTwitterユーザー、オーガニックなオーディエンスのユーザーの属性データを確認できます。比較対象を指定でき、自分でオーディエンスを指定して、表示することもできます。

ただし、現在「すべてのTwitterユーザー」で表示されるのは、アメリカのユーザーのみのようです。興味分野、職業、消費者購入スタイル、さらには世帯収入、純資産、結婚歴などの統計データも確認できます。どうやって割り出しているのかは不明ですが、ツイート内容やプロフィールから分析しているのかもしれませんので、真偽のほどは参考程度といったところでしょうか。



フォロワー分析では、興味関心、人口特性、ライフスタイル、携帯電話会社が表示されます。アメリカでは、上記の世帯収入なども表示されるのかもしれません。

Twitterカード

Twitterカードは、WebサイトにTwitterカードの記述をすることで、ツイートで画像や動画などをツイートに添付できる機能です。Twitterカードのタブをクリックすると、Twitterカードのツイートの効果測定を確認できます。



動画アクティビティ

動画の再生数や再生率が確認できます。

まとめ:Twitterの効果測定と効果最大化のために活用しよう

Twitterの解析ツールは、基本的な機能は1年前から大きくは変わっていませんが、ユーザーの統計データが少し精度があがったように感じます。アメリカのユーザーデータについては、予測値ではあることを差し引いても世帯収入などの情報も見えるようになったことは、Twitterのアカウント運用以外に、Twitter広告の活用を促進したい考えがあるようです。

なお、日本語版でも「Twitter広告に登録」のボタンがありますが、実際にはまだ日本国内でTwitterから直接広告を出稿することはできません。

広告アカウント設定で定住国を指定するところがありますが、ここに日本が含まれていないためです。この設定は1回設定すると変更できないので、他の国で一時的に登録するというようなことは避けたほうがよさそうです。日本ではこれまでどおり、代理店などを経由しての広告運用となりそうです。

さて、アナリティクス以外にもTwitterの基礎的な情報を知りたいという方は、無料eBookを公開していますので、ぜひ活用してください。

成功事例に学ぶTwitterの企業アカウント活用方法をダウンロードする

深谷 歩

Posts by 深谷 歩

株式会社深谷歩事務所代表取締役。ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、講演活動、動画制作も行う。またフェレット用品を扱うオンラインショップ「Ferretoys」も運営。

著書
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さなお店のLINE@集客・販促ガイド』(翔泳社)
SNS活用→集客のオキテ』(ソシム)
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド』(翔泳社)