<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Instagramの企業アカウント16業界1,335件を分析!フォロワー数の多い業界・エンゲージメントの高い業界は?

Instagramの企業アカウント16業界1,335件を分析!フォロワー数の多い業界・エンゲージメントの高い業界は?

SNSマーケティングにおいて、もはや欠かせないコミュニケーション接点であるInstagram。この記事では、業界ごとのInstagram動向を独自に分析しました。「エンゲージメント率の平均は?」「投稿頻度はどのくらい?」など、Instagram運用に悩むSNS運用担当者へ、KPI設計・ベンチマークに役立つデータ、人気アカウントの投稿事例を紹介します。

調査概要

分析にあたり、コムニコが開発したツール「POST365(ポストサンロクゴ)」を使用しました。

  • 対象Instagramアカウント数:1,335件(※POST365に登録されているアカウント。調査時点で未登録のアカウントは含まない)
  • 調査期間:2020年3月1日~5月31日
  • 調査対象:業界別アカウント数、業界別平均フォロワー数、エンゲージメント率、投稿数
  • 除外対象:英語のみの投稿を行っている企業アカウント、対象期間中に投稿がないアカウント
  • エンゲージメント数・率の定義:
    本調査におけるエンゲージメント数・率は調査期間中の「1投稿あたり」の値を算出しています。

    エンゲージメント数=(いいね!合計 + コメント合計)÷ 投稿数
    エンゲージメント率=(いいね!合計 + コメント合計)÷ 投稿数 ÷ フォロワー数

1,335アカウントを16の業界・業種に分類

  • 食品・飲料
  • ファッション
  • 日用品
  • 住宅・建設・不動産
  • スポーツ・アウトドア
  • 美容・コスメ
  • 家具・インテリア
  • 家電・ハードウエア
  • 自動車・バイク
  • 小売
  • 官公庁・公社・自治体・団体
  • インフラ
  • エンターテイメント
  • サービス
  • マスコミ・メディア
  • 金融・保険

成長が続くInstagram。若年層だけのものではない

Instagramの成長が著しく、多くの人が利用する定番のSNSプラットフォームとして進化しました。2019年3月には、国内の月間アクティブユーザーは3,300万人に到達。2015年には約810万人でしたので、4年間で約4倍に増加したことがわかります。

総務省の情報通信白書によれば、1年前に比べて全ての年代において利用率が増加しました。Instagramはもはや、若年層が中心のSNSというよりも、40代以上も利用しているSNSとなっています。企業アカウントの数も増えており、新しい顧客接点として様々な業界、業種がInstagramマーケティングに取り組んでいます。

平成 30 年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

参考:
平成 30 年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

この記事では、企業/ブランドのInstagramアカウントを対象に、業界ごとの平均フォロワー数やエンゲージメント率の相関や、1ヵ月あたりの投稿本数の傾向を独自に分析しました。自社のInstagramアカウントのパフォーマンスの振り返りや今後のKPI設定などに活用していただければ幸いです。

ベンチマークに役立つ業界別平均フォロワー数・エンゲージメント率

はじめに、業界ごとの平均フォロワー数と平均エンゲージメント率の相関を見てみましょう。

ベンチマークに役立つ業界別平均フォロワー数・エンゲージメント率

この図では、縦軸に業界の平均フォロワー数、横軸に業界の平均エンゲージメント率をとり、業界のアカウント数を円の大きさで示しました。たとえば、ファッション業界の平均フォロワー数は約13万人、エンゲージメント率は2%強、アカウント数は184件ということが読み取れます。

一般的にSNSアカウントでは、フォロワー数が増えるほどエンゲージメント率は下がる傾向にあります。今回の調査では、右上(フォロワー数高、エンゲージメント高)に含まれる業界がなく、この傾向を顕著に表す結果となりました。

みなさんの運用するアカウントは、業界動向と比較していかがでしょうか? これからInstagramを始めようと思っている企業の方も目標設定や業界分析のベンチマークにしてみてください。

平均値と中央値から分析する各業界のInstagram動向

次の表は、フォロワー数とエンゲージメント率の平均値、中央値です。業界によっては、一部の上位アカウントが平均値を引き上げている場合もあるため、中央値も算出しています。業界内での自社アカウントの立ち位置を知る際の参考にしてください。
※( )内の数字はアカウント数

業界 フォロワー数 エンゲージメント率(1投稿あたり)
平均値 中央値 平均値 中央値
メーカー・ブランド 食品・飲料(126) 21,218 10,827 9.82% 4.78%
ファッション(184) 127,109 35,944 2.14% 1.16%
日用品(68) 28,160 13,382 3.85% 2.89%
住宅・建設・不動産(33) 40,757 12,515 3.99% 3.01%
スポーツ・アウトドア(26) 39,525 18,039 4.02% 3.47%
美容・コスメ(121) 68,768 23,679 3.08% 1.88%
家具・インテリア(18) 393,603 208,132 2.50% 1.18%
家電・ハードウエア(34) 40,486 25,763 3.62% 2.68%
自動車・バイク(19) 74,459 61,764 3.65% 3.03%
小売(153) 78,159 8,927 3.39% 2.41%
官公庁・公社・自治体・団体(81) 20,704 4,647 8.72% 8.66%
インフラ(11) 12,055 11,908 7.77% 6.83%
エンターテイメント(98) 101,368 26,011 5.80% 5.27%
サービス(254) 23,156 3,152 5.49% 4.27%
マスコミ・メディア(104) 313,151 112,521 2.62% 1.48%
金融・保険(7) 10,853 10,231 3.84% 2.16%

今回の調査で最もフォロワー数の平均が多い業界は「家具・インテリア」の393,603で、D2Cを展開する企業が多く含まれていました。次いで、「マスコミ・メディア」が313,151となりました。

エンゲージメント率の平均で見てみると、最も高いのは「食品・飲料」で9.82%となりました。馴染み深い飲料メーカー、お菓子メーカーなどが多く、アイデアあふれる写真などが高いエンゲージメントを獲得しています。

「Pocky Japan」は投稿の頻度は高くはありませんが、投稿にフォロワー数以上のいいねがつくことがあり、一つの投稿のエンゲージメントが148% になることもありました。「セブンティーンアイス」も同様に、フォロワー以上の反応があります。広告の配信をしたと考えられます。

また、キャンペーンの開催でエンゲージメント率を高めている例もありました。「ゼスプリキウイ公式」は、期間中に「フォロー&いいね」キャンペーンを実施したこともあり、平均のエンゲージメント率が9.91%となっています。

なお、特にエンゲージメント率の平均値と中央値に差が大きいのは、「食品・飲料」です。前述したように、広告やキャンペーンを定期的に開催し、エンゲージメント率を高める企業が多く、関係を強化していることがうかがえます。

業界別Instagramアカウントのフォロワー数トップ5

次の表は、業界別のフォロワー数上位5アカウントをピックアップしたものです。エンゲージメント数とエンゲージメント率もあわせて記載しています。

業界 ランキング アカウント名 フォロワー数 エンゲージメント数(1投稿あたり) エンゲージメント率(1投稿あたり)
メーカー・ブランド 食品・飲料 1 ハーゲンダッツ ジャパン @haagendazs_jp 233,748 4,928 2.15%
2 SUNTORY(サントリー) @suntory_jp 166,176 2,998 1.82%
3 コカ・コーラ @cocacola_japan 160,398 4,813 3.00%
4 GODIVA @godiva_japan 122,718 3,705 3.01%
5 ゼスプリキウイ公式 @zespri_jp 120,255 10,535 9.91%
ファッション 1 UNIQLO ユニクロ @uniqlo 2,329,226 10,576 0.46%
2 A BATHING APE® OFFICIAL @bape_japan 2,231,587 20,505 0.92%
3 GU(ジーユー) @gu_global 1,170,072 8,354 0.73%
4 MOUSSY @moussyofficial 685,077 2,217 0.33%
5 BEAMS @beams_official 584,179 2,531 0.45%
日用品 1 ほぼ日(公式)/ Hobonichi(official) @hobonichi1101 143,524 1,634 1.16%
2 アプレレクールオフィシャル @apres__official 125,580 1,167 0.97%
3 アカチャンホンポ @akachanhonpo 116,144 1,850 1.69%
4 ティファール公式アカウント @tfal_japan 84,212 3,069 3.67%
5 トンボ鉛筆 @tombowpencil 82,957 2,468 3.08%
住宅・建設・不動産 1 無印良品の家 mujihouse @mujihouse 470,689 4,145 0.89%
2 グッドルーム インテリアが楽しくなる、おしゃれなお部屋探し @akachanhonpo 146,699 995 0.69%
3 tomio @tomio_official 100,049 1,099 1.10%
4 BESSの家 @bess_slowlife 97,044 2,577 2.70%
5 積水ハウス株式会社 @sekisuihouse 66,333 2,056 3.42%
スポーツ・アウトドア 1 パタゴニア @patagoniajp 154,707 2,349 1.60%
2 コールマンジャパン公式 @coleman_japan 137,872 4,211 3.42%
3 adidas Tokyo (at 🏡) @adidastokyo 137,096 775 0.57%
4 リーボック クラシック @reebokclassicjp 117,906 1,536 1.30%
5 Under Armour アンダーアーマー @underarmourjp 87,981 1,238 1.44%
美容・コスメ 1 ジルスチュアートビューティ @jillstuartbeauty 583,822 10,962 1.87%
2 CANMAKE TOKYO(キャンメイク) @canmaketokyo 528,453 9,801 1.88%
3 shabon @shabon_official 512,387 6,483 1.28%
4 RMK official @rmkofficial 398,276 2,192 0.55%
5 THREE @threecosmetics 378,685 2,572 0.68%
家具・インテリア 1 MUJI無印良品 @muji_global 2,279,171 11,688 0.54%
2 「お、ねだん以上。」ニトリ公式アカウント @nitori_official 972,615 10,514 1.17%
3 IKEA JAPAN @ikeajapan 915,358 8,198 0.94%
4 unico(ウニコ)|家具・インテリア|ライフスタイル @unico_fan 406,915 3,224 0.82%
5 LOWYA(ロウヤ) | インテリア | 家具 @lowya_official 365,438 2,814 1.16%
家電・ハードウエア 1 Galaxy Mobile Japan @galaxymobilejp 155,760 5,009 3.21%
2 GoPro @goprojp 137,694 2,053 1.49%
3 LIFE with CAMERA @canon_eosm 121,054 1,593 1.30%
4 ニコンイメージングジャパン公式 @nikonjp 109,163 3,789 3.51%
5 Panasonic Cooking(パナソニッククッキング) @panasonic_cooking 92,075 2,138 2.30%
自動車・バイク 1 Toyota_jp @toyota_jp 286,114 4,313 1.54%
2 日産自動車株式会社 @nissanjapan 150,213 4,326 2.89%
3 Honda 本田技研工業(株) @hondajp 97,029 2,833 3.02%
4 BMW Japan @bmwjapan 86,958 2,058 2.50%
5 メルセデスベンツ/Mercedes-Benz Japan @mercedesbenzjapan 86,224 2,479 3.01%
小売 1 スターバックス公式 @starbucks_j 2,633,249 55,109 2.14%
2 ダイソー公式アカウント @daiso_official 1,448,533 10,728 0.78%
3 北欧、暮らしの道具店 @hokuoh_kurashi 960,426 4,503 0.49%
4 cando/キャンドゥ @cando_official 693,397 6,364 0.94%
5 ローソン Lawson Japan @akiko_lawson 594,655 13,241 2.42%
官公庁・公社・自治体・団体 1 そうだ京都行こう @soudakyoto_official 281,598 11,151 3.99%
2 首相官邸 @kantei 274,681 9,847 3.70%
3 伊勢神宮 / ISE-JINGU @isejingu.official 229,590 23,325 11.16%
4 音羽山 清水寺|Kiyomizu-dera temple @feel_kiyomizudera 166,555 5,028 3.03%
5 ハ ワ イ 州 観 光 局 @gohawaii_jp 128,052 5,216 4.38%
インフラ 1 関西電力株式会社 @kanden.jp 32,359 2,137 6.78%
2 ソフトバンク(SoftBank) @softbank_official 28,853 620 2.20%
3 九電グループ @kyuden_official 19,703 1,572 7.52%
4 東京都交通局 Toei Transportation @toeitransportation_official 18,054 324 1.80%
5 東京電力グループ(TEPCO) @tepco.official 12,842 869 6.85%
エンターテイメント 1 TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾート @tokyodisneyresort_official 2,622,574 151,863 5.87%
2 ウォルト・ディズニー・ジャパン @waltdisneyjp 394,567 17,315 4.52%
3 読売ジャイアンツ @yomiuri.giants 359,820 21,920 6.62%
4 日本サッカー協会(JFA) @japanfootballassociation 348,721 4,161 1.21%
5 ディズニー・スタジオ @disneystudiojp 333,070 11,517 3.53%
サービス 1 ANA✈️ @ana.japan 511,350 27,279 5.43%
2 ALBUM Official Instagram @album_hair 488,179 2,054 0.42%
3 Japan Airlines @japanairlines_jal 445,688 18,622 4.25%
4 痩せたい人必見!ダイエット情報発信中 @247dieter 429,866 3,797 0.92%
5 RETRIP<リトリップ>国内 @retrip_nippon 395,274 8,815 2.26%
マスコミ・メディア 1 Tasty Japan @tastyjapan 6,657,341 38,444 0.59%
2 kurashiru [クラシル] @kurashiru 2,988,366 22,057 0.81%
3 デリッシュキッチン 料理・献立・レシピ @delishkitchen.tv 2,954,048 16,065 0.61%
4 Tastemade Japan テイストメイドジャパン @tastemade_japan 2,104,375 10,348 0.49%
5 つくおき @tsukuoki 1,294,106 9,020 0.70%
金融・保険 1 三井住友銀行(SMBC) @smbc_official 23,532 232 0.98%
2 PayPay株式会社 @paypay_official_ 17,131 201 1.32%
3 日本生命 @nissay_official 12,251 274 2.17%
4 住友生命「Vitality」 @sumitomolife_vitality 10,231 493 4.88%
5 福井 グルメ スイーツ 観光 旅 魅力をお届け💛ふくジェンヌ @fukusienne 8,326 441 5.46%

1ヵ月当たりの平均投稿数は?

1ヵ月当たりの平均投稿数


最も多かったのはマスコミ・メディアの平均38.5回でした。マスコミ・メディアには、料理系メディアも含まれており、「デリッシュキッチン 料理・献立・レシピ」が平均212回、1日平均で6回以上の投稿していることがわかります。ライフスタイル情報アプリ「キナリノ/キナリノモール」も平均154回と、マスコミ・メディア業界では、多く投稿している企業が複数ありました。

次いで「ファッション」「家具・インテリア」が同位で平均29.0回となりました。ファッションでは「BEAMS JAPAN」が平均337回で、今回の調査で最も投稿数が多いアカウントとなり、特にポップアップショップなどのイベントがあった3月の投稿回数が1ヵ月で513回と多くなっていました。

家具・インテリアでは、「Francfranc(フランフラン)」、「MUJI無印良品」が平均75回と投稿回数が多くなっていました。他にも、ECの「北欧、暮らしの道具店」が平均229回投稿するなど、人気アカウントで投稿頻度が高くなっている傾向がありました。

全体的に1日1回以上投稿している企業が増えており、1日複数回投稿することも珍しくありません。Instagramを通したコミュニケーションが活発になっていることがわかる結果となりました。

一方、1ヵ月当たりの平均投稿数が最も少ないのは、金融・保険業界の平均3.0回でした。自粛期間中のため、業界によっては普段どおりの投稿がしにくい期間であったことがわかります。

自粛期間中の投稿は?

調査期間は新型コロナウイルスの感染拡大により政府が特別措置法に基づく緊急事態宣言を全都道府県に発令された4月16日から解除になった5月25日が含まれます。

自粛期間中、SNSでの投稿について悩んだ方も多いのではないでしょうか。今回の調査結果の中から、エンゲージメントが高い企業は、どのような投稿をしていたのか、ピックアップして紹介します。


コールマンジャパン公式:「#おうちキャンプ」で自粛期間中の楽しみ方を提案

自粛期間中は、家の中での過ごし方を提案する投稿が多くありました。キャンプグッズを取り扱うコールマンでは、「#おうちキャンプ」のハッシュタグを使って、家でのキャンプの楽しみ方を紹介しています。


スターバックス公式:ユーザー投稿にバリスタからのメッセージを加えて

自粛のため休業する店舗も多くありました。スターバックスも休業する中、ユーザーに「#スターバックスATHOME」のハッシュタグでコーヒーの写真を依頼。
ピックアップしたユーザーの投稿写真に、バリスタがメッセージを加えて紹介していました。スターバックス店舗でのカップのメッセージを思い出させるような投稿で、自粛明け後の来店意欲を向上させる企画です。


そうだ京都行こう:お花見を家から楽しもう

新型コロナウイルスのため旅行、お花見などのイベントも今年は自粛要請がありました。そんな中、「そうだ京都行こう」ではお家からお花見を楽しむというコンセプトで、京都の桜の写真を投稿。
投稿内には、「外出自粛の中、京都の景色で少しでもこころを癒していただければ、との思いを込め、本アカウントでは情報発信を続けていきます。」「新型コロナウイルス感染防止のため、撮影は細心の注意を払って行いました。」という注意書きも載せており、見た人に投稿の意図を誤解されないような配慮も行っていました。

まとめ

フォロワーが多くなるほど、エンゲージメント率は下がる傾向にありますが、定期的にキャンペーンを開催してユーザーのアクションをうながしたり、広告を配信してリーチを伸ばすことで、エンゲージメントを上げる施策を行っている企業もありました。

調査期間中は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言期間だったため、予定していた投稿内容を差し替えるなどの対応が必要だった企業も多いと思います。
しかし、投稿例で紹介したように、今この時求められるコンテンツを考え、メッセージを配信できている企業が多くありました。
どんなときでもInstagramで発信を続ける、柔軟な姿勢は今後も重要になるでしょう。

その他、SNS運用に役立つ調査データをまとめた資料を公開しています。
こちらからダウンロードできますので、ぜひご覧ください。新規CTA