<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
  • Instagramが新機能を発表!アプリ内でお買い物が完結する「チェックアウト」とは

Instagramが新機能を発表!アプリ内でお買い物が完結する「チェックアウト」とは

instagram_checkoutInstagramは3月19日(米国時間)に、ブランドの投稿内の商品をInstagramを離れずに購入できる新機能「チェックアウト」を発表しました。今回新しく追加された機能について、概要と活用方法をご紹介します。

新機能「チェックアウト」とは

チェックアウトとは、Instagramのアプリ内で購入や決済までが完了する新機能です。これまでのショッピング機能では、Instagram上で見つけた商品を購入する際に商品ページから各ブランドのwebサイトへの移動が必要でした。今回のアップデートによって、商品の認知から購入までがシームレスに繋がるようになります。


Instagramは公式ブログ内で、すでにアメリカでベータ版の実施がスタートしていることを明かしました。現在ベータ版のテストには、ユニクロ、H&M、ZARA、Dior、NARSなどのブランドアカウントが参加しており、今後さらに多くのブランドが登場するとのことです。

チェックアウト機能を使った買い物の方法

instagram_checkout_purchase1.チェックアウト機能に対応しているアカウントの投稿をタップして商品を表示します。

2.商品ページの画面下部に表示される「Instagramでチェックアウト」のマークをタップします。
3.希望するサイズや色、オプション等を選択し、Instagram内の決済ページに進みます。
4.決済ページで、名前とメールアドレス、精算方法、配送先の住所を入力します。

チェックアウト機能を1度利用すると、入力した個人情報はアプリ内に保存されます。次回からは入力が不要となり、さらにスムーズなお買い物が可能になります。また、Instagram内で出荷や配達に関する通知が受け取れるので、購入した商品の配送状況も追跡できます。

企業アカウントでの活用ポイント

日本でも近い将来、チェックアウト機能の導入開始が予想されます。現在ベータ版を利用しているアカウントはアパレルやコスメブランドがメインですが、レジャーやグルメなど今後ますます活用の幅が広がるでしょう。

まずは導入に備えて、どれくらいのユーザーが買い物をしているかや反応数を分析し、効果的な商品ページの投稿を研究しておきしましょう

また、ストーリーズで新機能の使い方をステップごとに説明すれば、ユーザーの購買への負担軽減に繋がります。事前に研究しておくことで、実際にチェックアウト機能の導入された際も、より有利に運用を進められるのではないでしょうか。

まとめ

Instagramの発表によると、毎月1億3,000万人ものアカウントがショッピング機能のついた投稿をタップしているとのことです。チェックアウト機能は、商品を今すぐ買いたいと思ったとき、その場で行動に移せるよう開発されました。

買い物の度に各ブランドのwebサイトで登録する手間がなくなるので、今まで投稿を見るだけだったユーザーが購入者になる可能性はさらに上がっていくでしょう。今後もInstagramの機能のバージョンアップからは目が離せません。

WLS_Services

渡邉文香

Posts by 渡邉文香

株式会社はたらクリエイトでライターをしている渡邉です。
SNS運用、女性向けのライフスタイル、イベント記事の執筆などを手がけています。
好きな食べ物はお寿司。好きな乗り物は新幹線(かがやき)です。

関連記事

コムニコはSNSマーケティングに関する全てのお悩み・ご相談に対応いたします
メルマガ会員募集中です!

    人気記事

    最新情報

    思わず参加したくなる!Twitter&Instagramキャンペーン事例まとめ
    思わず参加したくなる!Twitter&Instagramキャンペーン事例まとめ
    【7月のSNSニュースまとめ】Facebookの国内MAUが2,600万人に!
    【7月のSNSニュースまとめ】Facebookの国内MAUが2,600万人に!
    第5回 プロが教えるSNSライティングのコツ(総集編!ネタ探しから炎上予防まで)
    第5回 プロが教えるSNSライティングのコツ(総集編!ネタ探しから炎上予防まで)
    これは便利!無料で使えるSNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube)のエンゲージメントランキングを活用しよう
    エンゲージメントランキング