<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査
 
SNS担当者の方々は、「ブランドのイメージを良くしたい」「商品の購買につなげたい」といった目的達成のために日々SNSを運用していることでしょう。ただ、その目的のために実施している施策がどれほど実際の顧客育成に貢献しているかは、SNS上の「いいね!」数やファン数だけでは測りきれません。そこで行いたいのが、ファンサーベイ(ブランド調査)です。

今回は、紹興酒など中国酒の製造・販売を行う株式会社永昌源の運用するFacebookページ「紹興酒ファンクラブ」の投稿を閲覧しているユーザーを対象にアンケートを行いました。

「紹興酒ファンクラブ」は、永昌源ブランドに限らず広く紹興酒の魅力を伝えることを目的として開設され、紹興酒に合う料理や紹興酒を提供するお店、飲み方を紹介しています。

Facebookページの運用がどれほど顧客育成に寄与しているのか、その取り組みと結果をレポートします。

 

目次

 

「紹興酒ファンクラブ」の投稿事例

まずは、「紹興酒ファンクラブ」が日頃どのような投稿をしているかを簡単に紹介します。

紹興酒とともに楽しめる料理の紹介

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査1

 

料理の美味しさを想起させる内容に加え、紹興酒の中でもその料理に特に合う紹興酒の銘柄を紹介しています。料理は写真で紹介することが多いですが、作っている過程から完成までを動画で投稿することもあります。

紹興酒を提供するお店の紹介

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査2

数あるお店のメニューの中でも特におすすめの料理をいくつか写真付きで紹介しながら、それらの料理に合わせた紹興酒の飲み方も提案しています。

紹興酒に関する豆知識の紹介

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査3

「中国の本場では紹興酒にザラメは入れない」「紹興酒1本にはオルニチンがしじみ200個分も含まれる」など、紹興酒に関する豆知識を紹介しています。

そのほか、紹興酒を使ったハイボール「ドラゴンハイボール」のつくり方など、紹興酒を飲用する際のアレンジ方法などを紹介する投稿も行っています。

Facebookの投稿によって、約半数が「向上した」と回答したのは?

アンケートの実施期間は、2018年5月9日(水)〜5月23日(水)の2週間。回答者数は314名でした。

「紹興酒ファンクラブ」の投稿の閲覧によってブランド好意度や来店意向、購買意欲がどのように変化したかについて、以下の質問と回答の選択肢を設定し調査を行いました。

Q:Facebookの投稿を見た感想(複数選択可)

  • 紹興酒に対するイメージが向上した
  • 投稿が楽しみになった
  • 中華街など掲載している店舗に行きたくなった、あるいは実際に店舗に行った
  • 紹興酒を購入する機会が増えた
  • 中華料理店で紹興酒をオーダーする機会が増えた
  • あまり興味が持てない
  • ブランドイメージが下がった

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査4

参考:株式会社コムニコの調査から作成

結果、最も回答数が多かったのは「紹興酒に対するイメージが向上した」の159人で、全回答者の50.6%。約半数以上の回答者のブランド好意度向上に寄与していることが明らかになりました。

次に回答数が多かったのは「中華街など掲載している店舗に行きたくなった、あるいは実際に店舗に行った」の139人。全回答者の44.3%の来店行動に影響を及ぼしていることも分かりました。

さらに、実際の購買行動につながっているのは「紹興酒を購入する機会が増えた」の50人で、全回答者の15.9%。また、「中華料理店で紹興酒をオーダーする機会が増えた」と回答した人も85人にのぼり、全回答者の27.1%を占めました。

一方、「あまり興味が持てない」は7人、「ブランドイメージが下がった」は1人にとどまり、この設問の延べ回答数536人のうち、98.5%がポジティブな内容の回答となりました。

ユーザーに求められているコンテンツとは?

アンケートでは、今後のコンテンツ作成に役立てるために以下の二つの調査も行いました。

Q:紹興酒ファンクラブ Facebookページで受け取りたい情報を教えてください。(複数選択可)

  • 商品の成分や製法
  • 新商品
  • レシピ、美味しい飲み方
  • 美味しい紹興酒が飲めるお店
  • イベント
  • キャンペーン

SNSが未来の顧客を育てる!?Facebook運用と顧客育成の関係を調査5

この結果から、「紹興酒ファンクラブ」に望むコンテンツは「レシピ・美味しい飲み方」が227人と最も多く、全回答者の72.3%を占めました。次いで「美味しい紹興酒が飲めるお店」が185人で58.9%と、現在の投稿内容に沿う結果でした。

また、「キャンペーン」との回答は46.5%、「イベント」は44.6%と、どちらも回答者の半数近くにのぼり、Facebookのファン限定のイベントやキャンペーンに対する需要の高さを伺わせました。

Q:紹興酒を飲みたくなるのはどんなシーンですか(複数選択可)

  • 中華料理店に行った時
  • 家で中華料理を食べる時
  • 中華料理に限らず料理を楽しむ時
  • グループで楽しむ時(宴会など)

「中華料理店に行った時」が最も多い結果となりました。次に「家で中華料理を食べている時」となっており、中華料理+紹興酒というイメージが強いことが分かりました。一方、「中華料理に限らず料理を楽しむとき」と答えた人も58人と回答者全体の18.5%にのぼったことから、中華料理との組み合わせ以外での飲用方法を紹介したコンテンツも需要がありそうだと推測できます。

まとめ

ファンサーベイ(ブランド調査)の結果、紹興酒に対するブランド好意度や購買意欲、紹興酒を提供するお店への来店意向のすべてでポジティブな変化が見られたユーザーは回答者のほぼ全員で、Facebook運用が顧客育成に寄与しているという結果となりました。

また、今後のコンテンツ作成に役立てるために実施したアンケートから、今後のコンテンツ作成の方針が見えてきました。

  • 定期的なファン限定のオフ会やプレゼントキャンペーンは引き続き実施
  • 中華料理だけでなく、様々な料理との組み合わせによる飲用方法も紹介
  • 調味料としての用途も訴求(日常で紹興酒に接する機会を増やしてもらうため)

「いいね!」数やファン数だけでなく、SNS運用による実際の顧客育成への貢献度合いや、自社のFacebookページで求められているコンテンツなどを数値として知りたい場合は、ファンサーベイ(ブランド調査)を検討してみてはいかがでしょうか。

SNS運用相談会

三ツ井 香菜

Posts by 三ツ井 香菜

フリーライター。マーケティングやビジネス分野を中心に、演劇、製薬、グルメなど幅広いジャンルの取材・執筆・ときどき撮影を手がける。以前勤務していた会社では、SNSキャンペーン事務局の運営経験もあり。

関連記事

メルマガ会員募集中です!
LINE@でSNS運用に関する疑問・質問にお答えします!

    人気記事

    最新情報

    エイプリルフールのSNS人気投稿事例を紹介!
    エイプリルフールのSNS人気投稿事例を紹介!
    第2回 プロが教えるSNSライティングのコツ(Facebook編)
    第2回 プロが教えるSNSライティングのコツ(Facebook編)
    Facebook・Twitter・Instagram。SNSでプレゼントキャンペーンを実施する方法
    Facebook・Twitter・Instagram。SNSでプレゼントキャンペーンを実施する方法
    これは便利!無料で使えるSNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube)のエンゲージメントランキングを活用しよう
    エンゲージメントランキング
    コムニコはSNSマーケティングに関する全てのお悩み・ご相談に対応いたします