<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは
 
「インフルエンサー」とは「効果、影響」を意味する「Influence」を語源とし、大きな影響力をもつユーザーや有名人を指します。

具体的には、ファッションモデルや好感度の高いタレントなどの芸能人、特定の分野に詳しい専門家などの文化人、ネット上で強い影響力を持つ個人ブロガーなどです。

インフルエンサーは、SNSをはじめとした消費者発信型のメディアで情報を発信することで、消費者の購買意欲に影響を与えます。

最近では、InstagramやFacebookといったSNSをはじめ、急速に人気を得ているTikTokやYouTubeなどの動画共有サービスが世の中に浸透したことにより、誰でも気軽に情報を発信できるようになっています。

そのため、一般人の中からインフルエンサーと呼ばれる人もでてきています。

ちなみに、InstagramはSNSのなかでも特に購買行動に影響を与えていると特に注目されており、Instagram上で活躍するインフルエンサーは「インスタグラマー」と呼ばれます。

 

インフルエンサーマーケティング

SNSの浸透により、企業が発信する広告の活用方法も変化しており、インフルエンサーの影響力をマーケティングに活用したインフルエンサーマーケティングにも注目が集まっています。

これは、文字通り企業がインフルエンサーの力を借りて、消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法のことです。

従来では、企業が直接、不特定多数の消費者に対して働きかけていました。対して、インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーが特定のコミュニティーへ向けてアプローチします。

この手法を活用することで、企業の商品やブランドに対する認知・購買意欲を、より効果的に向上させることが可能になります。

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーに企業の商品を利用してもらい、SNSやブログを通じて宣伝してもらうという方法が一般的です。

「10代の女子高生に大人気のモデル」「30代の働くママのカリスマ的存在」といった、特定の層から熱い支持を受けるインフルエンサーを起用することで、想定するターゲットにリーチしやすくなります。

Instagramでのインフルエンサーマーケティング

「インフルエンサーマーケティング」を活用する際に注目したいのが、先述の理由からInstagramによるものです。

Instagramは2010年からサービスを開始し、国内ではユーザー数が2,000万人を突破し、10~20代の女性を中心とした若者から絶大な支持を集めています。※2018年10月時点

このため、この層をメインターゲットにした企業や商品の場合にはより効果が得やすくなるといわれています。

Instagramでインフルエンサーマーケティングを行う際には、出来る限り広告色を排除した画像や動画投稿するように心がけましょう。

今日からSNSマーケティングを始める人のガイドブック

Miki Saito

Posts by Miki Saito

マーケティングプランナーとして、コムニコをもっと世に広めるべく奮闘中。「We Love Social」の編集やメルマガ配信をしています。猫がすき。

関連記事

コムニコはSNSマーケティングに関する全てのお悩み・ご相談に対応いたします
LINE@でSNS運用に関する疑問・質問にお答えします!

    最新情報

    すぐに結果がわかる!Twitterキャンペーンツール5つを比較をしてみた
    すぐに結果がわかる!Twitterキャンペーンツール5つを比較をしてみた
    Twitterキャンペーンを効率よく成功させるための方法とは?
    Twitterキャンペーンを効率よく成功させるための方法とは?
    炎上を防ごう!SNS担当者が学んでおきたいリスクマネジメント
    炎上を防ごう!SNS担当者が学んでおきたいリスクマネジメント

    人気記事

    メルマガ会員募集中です!