<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【8月のSNSニュースまとめ】Instagram 投稿にイベントタグ付機能追加

【8月のSNSニュースまとめ】Instagram 投稿にイベントタグ付機能追加

Instagram、Twitter、Facebook、LINE、TikTokから8月に発表されたニュースをまとめました。SNS各社の最新のニュースをチェックして、今後のSNS運用に活かしていきましょう。

1.主要SNSの国内ユーザー数

媒体 ユーザー数 発表時期
LINE 8,400万人 2020年5月時点
Twitter 4,500万人 2018年10月時点
Instagram 3,300万人 2019年3月時点
Facebook 2,600万人 2019年3月時点
TikTok 950万人 2018年12月時点

主要SNS 5媒体の国内ユーザー数の変更はありませんでした。
▶︎【2020年8月更新】人気ソーシャルメディアの国内&世界のユーザー数まとめ

2.Instagram

フィード投稿にイベントをタグ付けする新機能を導入

参考:https://about.fb.com/ja/news/2020/08/instagram_upcoming_events_on_feed_posts/


15秒の短尺動画を作成・発見できる新機能「リール(Reels)」を発表

インスタグラム_リール_reels

Instagramは米国時間8月5日、SNS「Instagram」上で、エンタメ性の高い最大15秒の短尺動画を作成して配信できる新機能「Reels(リール)」を公開しました。

リールでは、音楽やARカメラエフェクト、その他の新しいクリエイティブツールを使って動画を撮影・編集し、最大15秒の短尺動画を作成できます。投稿したリール動画は、自分のアカウントをフォローしている利用者のフィードに表示でき、公開アカウントで投稿した場合は、「発見タブ」内に新設されるリール動画の専用スペースにも表示され、より多くのユーザーに動画を届けられます。

豊富なクリエイティブツールで簡単に動画編集できることが特徴で、日本でも多くのユーザーを抱えるショートムービーサービス「TikTok」に対抗する機能となりそうです。

参考:https://about.fb.com/ja/news/2020/08/reels/
▶︎Instagram「リール」の新機能や投稿方法、効果的な活用法を紹介

3.Twitter

いいねボタンをカスタマイズ可能な広告商品「Branded Likes」のβ版提供

参考:https://markezine.jp/article/detail/33960

▼参考使用例


リプライ相手制限機能を正式リリース

Twitter_リプライ制限

Twitterは米国時間8月11日、5月にテストを開始したツイートにリプライ(返信)できる相手を3段階で調節する機能を正式機能として全ユーザーが利用できるようにしたと発表しました。ユーザー間の“会話”が不要なリプライによって邪魔されることが減るとしています。

この機能を使うには、ツイート作成ボックスの左下に表示される地球アイコンと「すべてのアカウントが返信できます」というテキストをタップし、返信できる相手を「全員」、「フォローしているアカウント」(フォローしているアカウントか、ツイート内でメンションしたアカウント)、「@ツイートしたアカウントのみ」(メンションしたアカウントのみ)の3つの選択肢から選んで投稿します。「@ツイートしたアカウントのみ」を選んだ場合は、ツイートでユーザーのアカウント(複数指定可能)を入力します。

投稿したツイートにはツイートへのリプライが制限されていることが表示されます。

参考:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/12/news048.html

4.Facebook

7千人分のFacebookアカウント盗難 友達装い動画確認求める

フェイスブック_乗っ取り_動画確認

日本人のFacebookアカウント約7600人分が、インターネット上で見つかったことが8月4日、情報セキュリティー会社への取材で分かりました。友達を装い動画確認を求めるのが特徴で数万人分がアカウントを乗っ取られたとみられています。アカウント盗難は7月から8月にかけて急増しました。

独立行政法人情報処理推進機構などによると、6月下旬ごろから国内Facebookユーザーに動画確認を求めるメッセージが届くようになり、クリックするとFBのログイン画面に似た日本語のサイトが開き、偽物と気づかずアカウントを入力するとアカウントを乗っ取られてしまいます。

この件に関してFacebookも「詐欺的行為からアカウントを守るために」とした声明を出しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62260360U0A800C2CE0000/
参考:https://about.fb.com/ja/news/2020/08/avoiding_phishing_and_scams/


Facebookがユーザーアカウントと有料ニュースの購読登録を連携させるテストを実施中

フェイスブック_有料ニュース購読

Facebookは、有料ニュース購読登録をしているユーザーの利便性と有用性を高める新機能のテストを行っていると発表しました。

Facebookはパートナーになっているニュース配信会社で有料購読登録をしているユーザーを特定すると、そのニュースアカウントをFacebookアカウントと連携することを促す招待をユーザーに送付。連携後は、ユーザーがFacebook上でその有料ニュース記事を発見した際にログインし直すなどの手間をかけずにニュースが読めるようになります。

また、ニュース配信会社の購読者が自身のFacebookアカウントを連携させると、通常よりも多く、その会社のニュース記事がフェイスブック上で表示されるようになるとのことです。

参考:https://jp.techcrunch.com/2020/08/29/2020-08-28-facebook-subscription-account-link/

 

公式ミュージックビデオを配信へ YouTubeと競合

フェイスブック_ミュージックビデオ配信

Facebookは米国時間7月31日、米国で8月初めから公式ミュージックビデオの配信を開始すると発表しました。

これによりFacebook上でミュージックビデオを検索、視聴、共有できるようになり、オンラインのミュージックビデオ視聴者数(およびオンラインの全動画の視聴者数)で世界首位の座にあるGoogle傘下のYouTubeの競合となります。

Facebookはまた、今後数週間のうちにJ.バルヴィン、カロル・G、セバスチャン・ヤトラ、アレハンドロ・フェルナンデス、Calibre 50などの新作ミュージックビデオを独占配信することも明らかにしています。

参考:https://japan.cnet.com/article/35157626/

5.LINE

指定URLからグループ通話に参加できる「LINEミーティング」

LINEMeeting_LINEミーティング

LINE株式会社は、8月6日に指定のURLへアクセスしてグループ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始しました。スマートフォン版「LINE」バージョン10.13.0、PC版「LINE」バージョン6.2.0以上で利用できます。

ミーティング作成者はトークルームから2ステップでURLを発行し、URLを通じてLINEの友だちを招待するか、友だちとのトークにURLをシェアして、ミーティング開催を伝えられます。参加者はミーティング開催時間に指定のURLへアクセスすればグループ通話に参加でき、ミーティング中に新たな参加者を招待することもできます。スマートフォンの画面シェア、YouTubeを一緒に見られる「みんなで見る」機能、エフェクト・フィルターの利用も可能です。18歳未満と年齢認証していないユーザーは利用に制限をかけ、ミーティングURLは32桁以上の複雑な設定としてURL以外の経路で参加ができない仕様としています。万が一、意図しないユーザーの参加や迷惑行為をするユーザーに対しては強制的にグループ通話から退出させる「Kick out」機能を利用できます。

参考:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3338

LINE、JASRACと包括契約 公式アカウントから楽曲配信可能に

line_jasrac_楽曲配信

LINE株式会社は8月7日、日本音楽著作権協会(JASRAC)と、LINEが提供するサービスでのJASRAC管理楽曲の音楽著作権に関する包括的な利用許諾契約を結んだと発表しました。LINE MUSICは既にJASRACと契約していたが、親会社のLINEも契約することで、LINEの企業公式アカウントやアーティスト公式アカウントから楽曲配信できるようになりました。

新たな契約は、(1)LINE MUSIC配信楽曲との連携(プロフィールBGMやトークBGMの設定、トーク・タイムラインでの音楽シェア、着信音・呼出音への使用)、(2)企業やアーティストなどによるLINE公式アカウントや、LINE NEWSでの楽曲配信、(3)LINE LIVEでの楽曲配信――が対象。

LINE MUSICとLINE LIVEは既にJASRACと契約していたが、新たな契約では、LINEの公式アカウントを持つ企業・アーティストや、LINE NEWSも対象になっている。

参考:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3343

6.TikTok

TikTokの米事業、90日以内に売却をトランプ大統領が命じる

tiktok_大統領令_売却

ドナルド・トランプ米大統領は米国時間8月14日、対米外国投資委員会(CFIUS)の提言を受け、人気の高いショート動画アプリ「TikTok」に関する新しい大統領令を発動しました。

新しい大統領令は、TikTokを運営する中国企業の字節跳動(バイトダンス)が90日以内に米国事業を売却するよう求めています。また、TikTokの米国ユーザーから取得したすべてのデータを削除することを命じています。

売却先に関しては、Microsoftが米国時間8月2日に中国ByteDanceの米国でのTikTok運営会社を買収計画を進めていると正式に発表しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000030435.html
参考:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/03/news058.html

 

TikTokがTwitterアカウント開設 「事実を明確にする」

tiktok_Twitterアカウント

TikTokは米国時間8月17日、「事実に光を当て、事実を明確にする」ために、新たに情報発信サイトを立ち上げたことを明らかにしました。TikTokをめぐる誤情報やうわさに対応するとしています。また、リアルタイムで情報を正し、TikTokのニュースを共有するためのTwitterアカウントを開設しました。

TikTokは、「事実を自分たちの言葉で、またサイバーセキュリティ、メディア、学術分野を代表する専門家たちの言葉を借りて発信することで、TikTokのコミュニティと今後も信頼関係を築いていくためにわれわれは新たな一歩を踏み出した。われわれのプラットフォームで、あるいはわれわれのプラットフォームに関して間違った情報を拡散することを、支持も賛成もしないためだ」としています。

参考:https://japan.cnet.com/article/35158271/
参考:https://twitter.com/tiktok_comms

 

TikTok、無断で情報収集 グーグル規約に違反

tiktok_情報収集_規約違反

ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は米国時間8月11日、中国企業が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok」が、googleの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したモバイル端末の識別番号を利用者に無断で収集していたと報じました。

グーグルの規約に違反しているとのことで、TikTokは、昨年11月に停止するまで、少なくとも15カ月間収集。他の端末データとともに運営会社の字節跳動(バイトダンス)に送信していました。

参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020081200847&g=int

まとめ

Instagram、Twitter、Facebook、LINE、TikTok各社から8月に発表されたニュースはいかがでしたでしょうか。8月は、Instagramが短尺動画「リール(Reels)」をリリースし、Facebook がMV公開の分野へと進出するなど、競合に対する動きがみられました。TikTokの今後の動向にも注目です。

株式会社コムニコではSNS運用の初期構築から、運用支援、SNSの広告運用やセミナーまで、約1,000アカウントの運用実績で培ったコンサルティング力でSNSマーケティングをサポートしています。
SNSに関する調査や運用ガイドといった各種資料も取りそろえておりますので、SNS運用について知りたい!役立つ情報が欲しい!という方は下記より合わせてご覧ください。

▶︎SNSアカウント運用のお役立ち資料【無料】

新規CTA