インフォグラフィック公開:人気ソーシャルメディアの画像サイズまとめ

eyecatch

ソーシャルメディアで写真や画像を投稿する際に画像の「サイズ」を意識していますか?

せっかく良い原稿やクリエイティブの素材を持っていても、同時に投稿する画像やOGPのサイズが適切でなければ、アイキャッチとしての効果を発揮することができません。そこで今回はTwitter、Facebook、Instagram、Google+の投稿時の画像サイズを調査しました。

またアカウントや公式のページの開設時に必要なプロフィールやカバーのサイズもインフォグラフィックにまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

SNS_Guide

インフォグラフィックの補足情報

Twitterのプロフィールと投稿画像のサイズについて

Twitterのヘルプセンター公式の情報によるとは以下の通りです。

  • ヘッダー画像の推奨サイズは1500×500ピクセル
  • プロフィール画像 の推奨サイズは400×400ピクセル
  • 投稿画像は2:1(コムニコのお勧めは506×253ピクセル)

Facebookページのプロフィールと投稿画像サイズについて

Facebookページのヘルプセンターおよび、Developers Blogの情報によると、以下の通りです。

  • プロフィール画像の推奨サイズは180×180ピクセル以上
  • カバー写真の推奨サイズは851×315ピクセル、スマートフォンは640x360ピクセル
  • OGPのサイズは、1200×630ピクセル(600×315ピクセルでも可能)

URLを投稿する必要が無く、写真や画像を投稿する場合は正方形(720×720ピクセル)にするとアイキャッチとして使いやすくオススメです。

※かならず正方形である必要はなく、縦長でも横長でも問題ありません。

Instagramのプロフィールと投稿画像サイズについて

ヘルプセンターに推奨サイズが記載されておりませんので、コムニコで調査いたしました。

  • プロフィール画像は150×150ピクセル
  • 投稿画像は305×305ピクセルで表示
  • クリック時にポップアップ表示される画像は640×640ピクセル

今後公式の情報が入り次第、アップデートします。

Google+のプロフィールのサイズについて

ヘルプセンターによると以下の通りです。

  • プロフィール画像は250x250ピクセル以上
  • カバー写真の推奨サイズは1080x608ピクセル
  • 投稿画像のサイズについては指定なし

まとめ:画像サイズを意識してアイキャッチ効果を最大化

画像サイズを意識することで、ユーザーの反応が変わってくるので、ぜひ参考にしてください。公式の情報がアップデートされましたら引き続き、こちらのブログ紹介する予定です。

なお、コムニコではインフォグラフィックなどの無料のeBookとして公開しています。今回紹介したインフォグラフィックのダウンロード版の資料は、以下よりダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

新規CTA

Koichiro Motokado

Posts by Koichiro Motokado

「We Love Social」の編集長。コムニコの戦略策定から各施策の企画・実施までコムニコのマーケティング活動全般を担当しています。

著書
基礎からわかるソーシャルメディアマーケティング
ファンを獲得!Facebook投稿ノウハウ」(翔泳社)