<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Twitterキャンペーンのプレゼント選びのコツ

Twitterキャンペーンのプレゼント選びのコツ

Twitterキャンペーンでは、当選者に贈るプレゼントも応募数を増やす重要な要素のひとつです。とはいえ、「プレゼントってどう選べばいいの?」と迷う方もいるでしょう。
今回は、Twitterキャンペーンでのプレゼント選びのポイントについて、事例も交えてご紹介します。

1.Twitterキャンペーンとは?

Twitterキャンペーンは、商品・サービスの認知やフォロワー増加などの目的で活用される、Twitter上でのマーケティング施策です。Twitterは、各SNSの中でもっとも情報拡散されやすい媒体であるという特徴があります。

Twitterキャンペーンは、ユーザーにTwitterでの指定のアクションを行ってもらうことが応募条件となっており、ユーザーのアクションにはさまざまな種類があります。中でも、特定アカウントをフォローし、そのアカウントの特定ツイートをリツイートしてもらうものが主流となっています。キャンペーン期間終了後、当選者のみにダイレクトメッセージで当選通知が届き、当選がわかるという仕組みです。

最近では「インスタントウィン(即時抽選)」という、キャンペーンに参加したらその場で当選結果がわかるタイプのキャンペーンも増えています。当たり・外れがすぐにわかるという手軽さからユーザー人気が高く、多くのキャンペーンで取り入れられています。

こうしたTwitterキャンペーンは、ユーザー・企業双方にメリットがあります。ユーザー側はフォロー&リツイートなど簡単なアクションで参加するだけでインセンティブを獲得できるチャンスが得られ、企業側は新規フォロワーの獲得やサービス・商品の認知度アップが期待できるのです。
(多くの場合、企業はキャンペーン実施と同時に広告も展開しています。キャンペーンをより効果的なものにするために、広告の活用も検討されるとよいでしょう)

なお、Twitterキャンペーンには、実施にあたってのガイドラインが定められています。事前に「キャンペーンの実施についてのガイドライン」をしっかりとチェックしておきましょう。

そのほか、Twitterキャンペーン実施前には事前準備が必要な場合もあります。たとえば、インスタントウィンを行う際はTwitter社への申請や、インスタントウィンのツール導入などが必要です。Twitterキャンペーン実施前には、ガイドラインのチェックとあわせ、どのような事前準備をしなければならないのか、確認するようにしましょう。

2.プレゼント選びと当選数の重要性

Twitterキャンペーンで応募者を増やすため、重要な要素のひとつがキャンペーン参加によって得られる「景品」です。Twitterキャンペーンのプレゼントは、賞品の質と量がポイントとなります。

ここでいう「質」とは、「プレゼントの内容」「プレゼントの豪華さ」です。「質」の重要性を示す、コムニコの調査結果を見ていきましょう。

コムニコの調査では、ある複数のキャンペーンのうち「もっとも魅力的だったキャンペーンはどれか」と尋ねたところ、単価の高い豪華なプレゼントがもらえるキャンペーンに人気が集まりました。「どんなプレゼントがもらえるか」は参加の意思決定に大きく影響しており、キャンペーンにおけるプレゼントの「質」が重要だと言えます。

Q:キャンペーン参加企業のうち、最も魅力的だったキャンペーンを教えてください。(アルファベット順)
Twitterプレゼントキャンペーン_調査結果1(参照元:株式会社コムニコ|5,000人に聞いた!Twitterキャンペーンに関する意識調査)

また、プレゼントは質だけでなく、「量」=「当選数」も大切です。
別の調査結果では、この「量」の重要性もあらわれており、キャンペーンに参加しなかった理由として「当選確率が低そうだったから」と答えた人が38.1%となりました。

Q:キャンペーンに参加したことがない方にお伺いします。キャンペーンに参加しなかった理由を教えてください。(複数回答可)
Twitterプレゼントキャンペーン_調査結果2(参照元:株式会社コムニコ|現役大学生に聞いた Instagram利用実態調査|2019年)

当選確率の低いキャンペーンは、参加前に「応募しても当たらない」と諦められてしまっている可能性があり、当選数もまたキャンペーンへの参加数を左右する重要な要素と言えます。

なお、当選数はデジタルギフトを賞品とするケースでやや重視される傾向にあるようです。
コムニコで実施したデジタルギフトに関するアンケートでは、「A賞(Amazonギフト券100,000円分×5名様)とB賞(Amazonギフト券5,000円分×100名様)のどちらに応募するか(A賞とB賞の総額は同額)」と質問したところ、高額で当選数の少ないA賞に比べ、少額で当選数の多いB賞のほうが、「応募したい」割合が約10%上回る結果となりました。

Q:A賞とB賞どちらに応募されるかお選びください(1つのみ回答可)
Twitterプレゼントキャンペーン_調査結果3(参照元:2020年4月1日~8日に実施したコムニコ企画のインスタントウィンキャンペーン「#新生活エイプリルエール」参加ユーザーアンケート)

このことから、デジタルギフトにおいては、当選金額よりも当選確率が重視される傾向にあるといえます。
しかしながら、A賞とB賞の差が約10%と、極端に大きな差はついていないところを見ると、キャンペーンの参加数には大きなインパクトはないとも考えられます。また、B賞の金額が500円程度だと、また違う結果になるかもしれません。

上記3つの調査結果から、Twitterキャンペーンのプレゼント選びにおいては、質と量のバランスが重要であるといえるでしょう。

3.プレゼント選定の上手なTwitterキャンペーン事例

プレゼントを選ぶには、「質」だけでも「量」だけでもNGで、そのバランスが大事。とはいえ、「じゃあどうやって決めたらいいの?」と悩む運用担当者の方も少なくないでしょう。そこで意識したいのが、Twitterキャンペーンの目的です。

実際のTwitterキャンペーンでは、キャンペーンの目的に合わせたプレゼントが採用されています。各企業がどんな目的のために、どんなプレゼントを用意したのか、キャンペーンの事例をご紹介します。

■目的:新商品発売の認知
【pino(ピノ)/ 森永乳業】