<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
  • 【2019年2月更新】人気SNSの国内&世界のユーザー数まとめ(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)

【2019年2月更新】人気SNSの国内&世界のユーザー数まとめ(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)

SNSユーザー数まとめ

日々進化しているSNS。ユーザー数も増加し続けています。そこで、2019年2月時点で公開されている数値データをもとにまとめてみました。

■目次

Facebook:世界で14.9億人以上が毎日使うSNS

Facebookは公式サイトや公式イベントなどで様々な数値を公開しています。

  • 月間アクティブユーザー数:22億7,000万人(2018年9月30日時点)
  • デイリーアクティブユーザー14億9,000万人
  • 国内月間アクティブユーザー:2,800万人

全世界での利用者数を見るとSNSの中ではダントツの月間アクティブ利用者数を誇ります。

ユーザーのほとんどがモバイルからアクセスしており、2018年7月に公表された第2四半期の決算レポートでは、広告収益の91%がモバイル広告での収益であることを発表しています。

直近では、動画コンテンツ関連の新機能追加が多くありました。

2018年11月に米国向けに配信開始したアプリ「Lasso」は、作った動画をワンタップでFacebookのストーリーに投稿することが可能です。また翌12月には、短いループ動画(基本的にはGIFアニメ)をMessengerで作成できるようにもなりました。

新たにFacebookページの運用担当になったという方は、Facebookページスタートアップガイドで基本から紹介していますので、ぜひご活用ください。

Twitter:拡散の速さは随一!ゆるいつながりがウリのSNS

Twitterは以下のような数値を公式サイトTwitter JapanアカウントTwitter Q3 2018 Shareholder Letterで発表しています。

  • 月間アクティブアカウント3億2,600万
  • デイリーアクティブユーザー:9%増加(前年比)
  • 国内月間アクティブアカウント:4,500万

一般のユーザーに加え、企業、芸能人、キャラクター、政治家など、様々な立場の人がTwitterで情報発信をしています。

ユーザー数が減少している背景には、2018年5〜6月にボットやスパムアカウントなどの偽アカウント約7,000万件のアカウントを削除したことが影響していると考えられます。これはプラットフォームの健全化を測り、安全、安心して使える環境を整えるための施策で、Twitterが今後も継続的に利用されるSNSであり続けるための措置です。

企業の活用事例を知りたいという方は、Twitterの企業活用方法も参考にしてみてください。

Instagram:ついにFacebookの国内ユーザー数を超えた!拡大し続けるSNS

Instagramでは以下の数値を公式サイト日本経済新聞で発表しています。

  • 月間アクティブアカウント:10億人以上
  • デイリーアクティブユーザー:5億人以上
  • 1日に投稿されるストーリーズ:4億以上
  • 国内月間アクティブアカウント:2,900万人

ショッピング機能など、外部サイトと連携する機能が増えているInstagram。企業にとっても重要なプラットフォームです。

国内の月間アクティブアカウント数が2,900万人を突破し、Facebookの月間アクティブユーザー数を超えたことでも話題になりました。

さらに、日本の利用者が1日に投稿するストーリーズの数は700万件にも及び、2年間で20倍(2016年9月と2018年9月の比較)にも増加したと、「Instagram Day Tokyo 2018」で発表されました。

2018年6月には、投稿画像に商品名や値段をタグ付けでき、クリックするだけでECサイトに誘導できる「ショッピング機能」が日本でも利用できるようになりました。Instagramから商品をそのまま購入できるようになるため、EC事業者にとっては大きなチャンスになりそうです。

また、11月には、気になった商品をブックマークしておける「ショッピングコレクション」や動画投稿でも「ショッピング機能」が使えるようになるなど、3つの新しい機能が追加されました。

企業としてInstagramを活用したい方はInstagramビギナーズガイドも合わせてご覧ください。

LINE:国内7,800万人突破!今や生活において必要不可欠なツールに

LINEは、LINEアドセンター公開資料の「LINE アカウント 2018年12-2019年3月期 媒体資料」、IR資料の「平成30年12月期 第3四半期決算説明会 プレゼンテーション資料で各種数値を公開しています。

  • 月間アクティブユーザー数:2億1,700万人以上(LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料)
  • 主要4カ国(日本・台湾・タイ・インドネシア)の月間アクティブユーザー数:1億6,500万人
  • 国内月間アクティブユーザー:7,800万人以上
  • 国内デイリーアクティブユーザー:85%

「LINE アカウント 2018年12-2019年3月期 媒体資料」によれば日本国内のユーザー属性について、以下のように発表しています。男女比はやや女性が多く、年齢はほぼ全年代に活用されており、もっとも利用の多い職業は会社員、ついで主婦、学生となっています。

スクリーンショット 2018-09-22 15.27.25

日本国内で展開しているニュースの配信サービス「LINE NEWS」やライブ配信を主とした「LINE LIVE」などのサービスも定着しており、さらにそれらのサービスも利用者数が順調に伸びている状態にあります。

2018年11月には、2019年春以降から「LINE@」は「LINE公式アカウント」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」とサービス統合し、名称を「LINE公式アカウント」に変更することを明らかにしました。機能のアップデートや料金プランの改定などにより、ビジネススタイルに合わせた活用に期待ができます。
活用事例も増えており、益々企業にとって重要なツールになるでしょう。

LINEでできることや事例についてはLINEビギナーズガイドをご覧ください。

TikTok:中高生を中心に人気の15秒動画の共有サービス

中国のバイトダンス社が2016年に提供開始した(リップシンク)動画共有サービスです。公式サイトでは正確な数字は公開されていませんが、2019年2月6日に日本のMAU数を初めて公表しました。

  • 国内月間アクティブユーザー数:950万人

楽曲に合わせて歌う姿や踊る姿を自撮りし、編集・加工して投稿します。動画の加工技術は必要なく、口や全身の動きを音に合わせるだけで、完成度の高い動画が簡単に撮れるのも魅力のひとつです。
さらに、15秒という動画の短さから気軽に動画を閲覧しやすく、始めたばかりのユーザーでも簡単にクリエイターのような動画をつくることが出来るのが特徴です。反響が得られやすいことも若年層の心を掴んでいる要因のようです。

また、TikTokで発信している人のことをTikToker(ティックトッカー)と呼び、今ではYouTuber(ユーチューバー)のような位置付けにもなっています。

すでに取り入れている企業事例もいくつか見られますが、今後の成長が楽しみなSNSのひとつです。

SnapChat:復活なるか!?止まらないユーザー数の減少

SnapChatでは、以下の数値を公式サイトで公開しています。

  • 世界におけるデイリーアクティブユーザー数 :1億8,600万人以上

10代や学生などの若い世代を中心に人気のSNSがスナチャことSnapChatです。動画を再生しても記録が残らない「一瞬」のコミュニケーションが特徴的です。

2018年9月に、Snapchatカメラを使ってAmazonの商品検索ができる新機能を試験的に開始しました。Snapchatのカメラを実際の商品またはバーコードに向けて、カメラ画面を長押しするだけで、実際の商品や類似商品のページリンクが記載されたAmazonカードが表示される機能です。

次世代のメディア企業をつくるクリエーターや起業家向けのローンチパッド「Yellow」、ハンズフリーカメラレンズの「Spectacles」など、SnapChat以外のサービスも展開しています。

その他のソーシャルメディア:Pinterest、LinkedIn

簡単にその他のソーシャルメディアの概況を見てみましょう。

画像共有サイトのPinterestは公式サイトでユーザー数を公開しています。2018年9月時点では以下のようになっています。(国内月間アクティブユーザーはこちらを参考)

  • 月間アクティブユーザー数:2億5千万人
  • うち80%がモバイルユーザー、半数がアメリカ以外からのアクセス
  • 国内月間アクティブユーザー数:400万人

2018年10月には、製造価格や在庫状況をリアルタイムで把握できるショッピング機能「プロダクトピン」と、ショッピングのおすすめセクションを米国で導入し、今後世界で展開予定です。

他にも、ビジネスアカウントでも活用できそうな、YouTubeやInstagramなど他媒体のアカウントからのコンテンツ連携や、ピンの予約投稿ツールが利用できるようになりました。

これからPinterestを始めるなら、ぜひPinterestビギナーズガイドも参考にしてください。

プロフェッショナルネットワークのLinkedInは、以下の数値を公式に発表しています。日本でのユーザ数には大幅な人数の増加はありませんが、米国単体、世界全体では着実に人数を伸ばしています。

  • 登録ユーザー数:5億9,000万人以上
  • 国内登録ユーザー数:200万人

 

まとめ:引き続き、動画コンテンツが大人気!

全世界の利用者数で見るとFacebookが相変わらず桁違いのユーザー数をかかえていますが、日本国内だけで見るとInstagramがついに逆転しました。また、15秒の動画を投稿できるTikTokも引き続き話題となっています。

どのSNSにおいてもスマホでの利用が中心になる中で、気軽に見られる、ひと目で分かるようなビジュアルコンテンツや動画コンテンツをマーケティングに取り入れることの重要性がますます高まっているといえるでしょう。

コムニコマーケティングスイートの 詳細ページはこちら

深谷 歩

Posts by 深谷 歩

株式会社深谷歩事務所代表取締役。ソーシャルメディアやブロクを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。Webメディア、雑誌の執筆に加え、講演活動、動画制作も行う。またフェレット用品を扱うオンラインショップ「Ferretoys」も運営。

著書
自社のブランド力を上げる! オウンドメディア制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さなお店のLINE@集客・販促ガイド』(翔泳社)
SNS活用→集客のオキテ』(ソシム)
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド』(翔泳社)
小さな会社のFacebookページ集客・販促ガイド』(翔泳社)

関連記事

コムニコはSNSマーケティングに関する全てのお悩み・ご相談に対応いたします
メルマガ会員募集中です!

    人気記事

    最新情報

    LINEに新機能登場!「ストーリー」で今をシェアしよう
    LINEに新機能登場!「ストーリー」で今をシェアしよう
    「Twitterの光と闇」をまとめてみた
    「Twitterの光と闇」をまとめてみた
    母の日のSNS人気投稿事例を紹介!
    母の日のSNS人気投稿事例を紹介!
    これは便利!無料で使えるSNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube)のエンゲージメントランキングを活用しよう
    エンゲージメントランキング